ダチョウが綿引

July 31 [Mon], 2017, 22:22
妊娠が分かった後にご自身の体や赤ちゃんのために、葉酸を摂るようになった妊婦さんも多いのではないでしょうか。では、赤ちゃんを無事に出産した場合には葉酸の摂取を止めても問題ないのでしょうか。葉酸は胎児の健康にも影響を与えますが、赤ちゃんの事だけを考えるのならば、葉酸摂取の期間を出産までと限っても大丈夫です。一方で、葉酸は身体のバランスを整えてくれるなどの効果が期待されていますから、出産後も、葉酸の摂取によって身体を健康的に保つことをおススメします。
近年、葉酸の効果への注目が集まっており、多くの産婦人科で妊娠が分かった方には、摂取するように指導されています。産婦人科や病院の方針によっては、葉酸サプリを配布しているケースもあるのです。ですが、妊娠中に葉酸を摂取しなかった方も多いと思います。もし、こうした方法で摂取をしていなかったとしても、問題はありません。葉酸はビタミンの一種ですから、食品の中でもほうれん草などの青菜類や、肉類にも入っている栄養素なのです。ですから、普段の食事でも多少は葉酸を摂れていたと思います。
妊婦さんにとって葉酸が大切だという話を耳にすることが増えてきました。葉酸は胎児の健やかな成長を促すために必要不可欠な栄養素であることは間違いありません。では、もし葉酸が不足してしまった場合、胎児の成長にどのようなリスクが生じるのでしょうか。葉酸の摂取によって正常な細胞分裂が促されると言われているため、これが胎児に欠乏した場合、正常な細胞分裂が行われず、先天性の障害を発症する要因になると報告されています。それだけでなく、葉酸の摂取はダウン症になるリスクを低減してくれるため、より積極的な摂取が求められます。
皆さんご存知のように、妊娠とビタミンの一種である「葉酸」は切り離して考えることは出来ません。それはつまり、妊娠初期に十分な葉酸を摂取することで、胎児の先天的な異常を発症するリスクを低減してくれると言われているからです。当たり前ですが、妊娠を希望する妊活中の方にも言えるでしょう。妊娠が分かってから、急いで葉酸を摂るよりも、十分に栄養のある母胎で育てることの出来るように、妊活中から、積極的な葉酸の摂取を注意してください。
妊娠しにくい体質を改善する食品というと、豆腐(豆乳)、納豆、魚といった身近な食品があります。レバーも良いのですが無理だという人は、卵やごまなどはどうでしょう。大事な栄養素が含まれていますから、毎日の食事でとっていきたいものです。しかしそればかり食べれば良いというわけではなく、さまざまな食材をとるのが妊娠にも産後にも有効です。その一方で、冷えやすい飲料や食料は妊娠を妨げるので避けたほうが、妊娠してからも楽になります。
妊娠後、赤ちゃんのために葉酸を摂取している方へのアドバイスなのですが、葉酸を食べ物から摂取しようと葉酸を多く含んでいるほうれん草などの葉物野菜あるいは貝類、レバーといった食品を、積極的に食べているという方も大勢居るのではないでしょうか。実は、葉酸というものは水溶性で熱に弱く、熱を加えてしまいますと葉酸が流れ出して無くなっていることもあるため、一日の葉酸の摂取量を、食材から計算したとしても、不足している、という場合もあります。
葉酸の摂取によって胎児の健やかな成長を促し、先天的な神経管障害が発症しにくくなることが科学的見地からも認められています。このような研究結果から、妊婦が葉酸を積極的に摂ることを厚生省が勧告しているのです。例えば葉酸サプリや補助食品の充実も、葉酸の効果を裏付けているものだと言えますね。また、こうした食品の中には特定保健用食品に指定されているものもあります。こうしたものは、安全性と有効性の高さから私の周りでも、実際に妊婦さんが利用しているというケースが少なくありません。
実は、妊娠を計画している女性に向けて、厚生労働省から、葉酸の摂取を推奨する勧告が出されています。葉酸は胎児の正常な細胞分裂に働きかける栄養素で、妊娠初期に葉酸が不足してしまうと、例えば、神経管閉鎖障害に代表される先天的障害が発症するリスクが増加するという報告があるのです。もちろん、葉酸を摂取したら確実に発症を回避できるのかと言うとそうではありません。ですが、可能な限りそのリスクを低減するために、妊活の段階から妊娠初期の、葉酸が不足しやすい時期には、食事で摂取する分の葉酸以外に、1日400μg(0.4mg)を目標に、葉酸の摂取を心がけてください。サプリや栄養補助食品による補給も、厚生労働省が推奨しています。
妊活中には、普段から飲む機会の多いお茶にも気を配りましょう。妊活中におススメなお茶では、タンポポ茶ですとか、ルイボスティーが良いようです。これらはカフェインが含有されていませんので、赤ちゃんを授かる可能性の高い妊活中の方にとっても、胎児の成長にも優しい、理想的な飲み物です。特にルイボスティーは鉄分を豊富に含んでいるため、貧血の予防になるという事ですので、妊活が終わった後も、飲み続けたいお茶だと言えます。
妊娠初期の女性に欠かせない葉酸は、細胞の分裂を促進し、造血に必須の栄養素です。さらには妊娠にも効果的な役割を果たし、子宮に受精卵が着床しやすくなり、妊娠のチャンスが直接的に増えるのです。タイミング療法と合わせれば更に効果も出やすいでしょう。造血作用で血液が増えることで、新しい血が体の隅々に栄養と酸素を届け、ホルモン、代謝、生殖機能といった広い範囲で向上が見られ、不妊対策に良い結果をもたらすのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ココミ
読者になる
2017年07月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hnghapeeepetin/index1_0.rdf