女性ホルモンと子宮筋腫の関係性って?

July 06 [Wed], 2016, 11:54
女性ホルモン(規則正しい生活と栄養バランスのとれた食事をすることで、分泌量が増えるでしょう)と子宮筋腫には、とても密接な関係性があるのです。まず、子宮筋腫と言うのは、女性ホルモン(女性らしさを保つためには必要不可欠です)の分泌が活発な時期が発症のピークです。初潮(日本人の平均年齢は、12.4歳だそうです)の前には発症しないのですし、閉経(あまりにも早いと悩んでしまう方も多いでしょう)後に発症することもないんですね。また、子宮筋腫は女性ホルモン(あえて注射などで補う人もいますよね)の分泌量が大量であるだけ、大きく育ってしまうのですから、妊娠して初めて子宮筋腫がある事に気づくというケースも多いみたいです。逆にいえば、女性ホルモン(閉経後には分泌量が減り、更年期障害が起こることも多いです)の分泌を抑制できれば、子宮筋腫を小さくする事が出来るので、子宮筋腫の治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)ではホルモン療法で人為的な閉経(あまりにも早いと悩んでしまう方も多いでしょう)状態にする事も少なくないのです。子宮筋腫の発症原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)には、女性ホルモン(分泌量が不足しているのであれね、サプリメントを利用したり、医学的な治療を行った方がいいかもしれません)が密接に関わっているらしいと言うことはわかりましたが、具体的にどんな感じで作用して子宮筋腫が出来るのかは明らかになっていありません。ただ、睡眠不足(太りやすくなってしまうそうです)や食事の習慣の乱れ、過?のストレスなどによって、免疫力が低下していくと、子宮筋腫を発症しやすいと考えられています。それに、冷え性(誤ったダイエットが原因で栄養失調になり、冷え性になってしまうこともあります)が子宮筋腫の要因の一つになっているといわれることがあります。そのために、子宮筋腫がみつかったことをきっかけに、冷え性(誤ったダイエットが原因で栄養失調になり、冷え性になってしまうこともあります)の改善に取り組む女性(消費の鍵を握っているともいわれていますね)も多い事でしょう。子宮筋腫が大きくなりすぎたり、取り除けないかにい数が多かったり、再発を繰り返すようなら、子宮の全摘出手術を行うしかない可能性があるでしょう。その際にも、卵巣を残す事ができてれば、女性ホルモン(分泌が減少すると、様々な不具合が生じることが多いでしょう)は分泌されるようになるのですから、更年期(日常生活を送ることすら難しくなるくらいの不定愁訴が起こることも多いでしょう)障害っぽい不快な症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)が起こることはないですよね
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:悠翔
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hnapu0a6npsdyi/index1_0.rdf