とまっちゃんで高崎晃

July 09 [Sat], 2016, 7:13
夜勤をこなす必要があって、介護士の仕事は勤務の形が少々不規則です。

休日や時間休も取れますが、なかなかハードではあります。



そして、結婚や出産といった機会に退職する介護士も大勢いる、というのが現実です。
結婚はともかく、出産を経て子育てスタート、となった時、いつでも託児を引き受けてくれる場所がないとほぼ、夜勤に出るのは無理でしょう。

けれども、ここ何年かのことですが、育児を終えて再び介護士として働きだすようになる人もいて、そんな例が徐々に増えつつあるようです。
介護士の場合は安定していると思われることが多く、もし、ローンを組もうとすることがあったとしても、どちらかと言うと審査にも通りやすいことが多いです。


けれども、勤務形態が非常勤であるなどで安定していない介護士については必ずしもそうであるとは言えません。ローンを組む際に、スムーズに行くことが多いのは派遣などではなく、正社員として勤めている安定している介護士に限って言えることであり、非正規雇用の介護士についてはローンを組むことが困難なことがあります。出戻り就職という言い方があり、一度辞めた仕事場で再び働くことですが、こうする介護士は結構多いようです。
ただ、それ程スムーズに、出戻ってこれるのかどうかは辞めた状況により変わってきます。

例として、結婚や引っ越しで辞職したり、あるいは出産、育児のために辞めた、というような事情なら、心理的にも、職場にとっても出戻りは簡単でしょう。
こうしたケースは、実際にとても多いようです。諸々の事情により正職員を避け、パートタイマーとして働くために出戻り就職をした、というケースもよくあります。
介護施設で働く介護士は、病気を抱えた患者と接する場合が多いので、印象の良いヘアスタイルにも気を付けた方が良いでしょう。介護士として、患者からどのように見られているかを意識しながら、何よりも清潔に見えるヘアスタイルを選ぶことが良いでしょう。勤務先によって、介護士の髪形に対するルールが違うことを知っておいた方が良いでしょう。

介護士の資格というものは日本の法律では医師の診療を補助する役割と定められています。介護士が介護行為を行うということは、今のところ認められていないのですが、処置が可能な場合もあり、医師から指示を受けた時がそれにあたります。とはいえ、患者の状態が悪くなり、緊急の場合や、一刻一秒を争うような事態になった時には、介護士の経験や知識にもよりますが、若干の介護的行為は行っていいのではないかと思っています。


職場にもよりますが、介護士の給料というのは、他と比べると、女性の仕事としては、相当高めの給料をもらうことできます。特殊な、介護現場という場所での労働ですし、多めの残業や夜勤への手当などがちゃんと出してもらえる、というのは高給の理由としては大きいでしょう。

どちらかというと夜勤が好きで、いつも希望している人であるとか急な残業を断らず行なうなど、そういったかなり勤勉な介護士の給料額は、仕事をした分だけ、他の人よりもずっと高いです。



不安や悩みを抱えている患者から見ると頼りになる介護士の存在は気持ちを前向きにしてくれるものですが、その労働は過酷なものであることが多いのです。具体的には、多くの覚える事や確認作業を何度も繰り返さなくてはいけないため常に緊張を強いられる状態なのです。こうした仕事のストレスから、介護士の中にはうつ病になっている方も今では珍しくありません。介護士に多いのですが、真面目で責任感が強いタイプや趣味がなくストレス発散が苦手というタイプは、注意が必要です。介護士は、ハードワークであると同時に、やりがいのある仕事でもあります。どんな時やりがいを感じるかですが、回復して退院した患者さんが、後に改めて介護施設まであいさつにきてくれた時です。


それと、患者さんの家族や関係者の人にとても喜んでもらえた時など、大変に感動したりします。
夜勤も休日出勤もあり、その上、激務でもある介護士の仕事は、かなり心身に負担がかかりますから、やりがいを覚えなくなったら、きっと辞職しようと考えてしまうはずです。介護士という職業は勤務する時間が不規則な上にキツい仕事だということも原因となり、他職種に転職する人も少なくないという話ですが、実をいうと、介護士の資格を持っているとその他の仕事でも有益であるケースが多いのです。



考えられるのは病人への対応や体の仕組みに関する知識があり、人の体を扱うことにも慣れているので、たとえ未経験でも、保育関係やリラクゼーションサロンなどへ転職する場合は採用されやすいのではないでしょうか。
数年前までは看護の仕事に就くのは女性、という考え方が普通でしたが、ここ数年の間に少しずつ介護士を志す男性も増えてきています。看護の際、患者を移動させたり入浴介助等、力仕事も少なからずあるので男性介護士がより力を発揮できるということもままあります。


年収については、女性の場合と一緒ですが、出産や育児のために休職するということがありませんから、より多くの経験を積むことが出来ます。



介護士の職業は、別名「白衣の天使」ということからも大体の場合には、職業的なイメージは悪くないという人が大半だと思います。


けれども、介護士の勤務の実情に着目してみれば、収入はそこそこあるとはいっても、その分、夜勤で働いたり、長時間の残業を強いられたりしている介護士も少なくないのです。肯定的側面を見るだけではなく、介護士の勤務の仕方の実情というものを理解することが必要です。



常に激務に晒されている印象のある介護士というお仕事ですが、その勤務時間は、世間一般よりも多少、やりくりしやすい部分があります。他のスタッフとの兼ね合い、つまりシフトの状態に左右されますが、時間休というものを取ることが簡単にできる傾向がありますので、子育てと両立させながらそれを負担に思わず働ける、と考えている人は多いようです。



小さい子供がいると、何かと急な休みなどが多くなってしまいますが、なんとか対応していける主な理由は、ひとえに勤務時間の調整がしやすいからと言えるでしょう。



補足としてですが、勤務時間は基本的には8時間となっています。



介護施設での勤務というと、病棟勤務と外来勤務がありますが、子育て中なら外来勤務がおすすめです。日勤のみ、という大きな利点があるので、子供を預けて働きやすくなります。
また、病棟勤務と違い、夜勤はないですし、多くの場合は土日と祝日はお休みになります。
忙しさの度合いについては、介護施設によっても違いますが、例えば人気のある診療科だったりしますと大勢の人で待合室が飽和状態になるほどで、その対応にかなりの時間を取られることになるでしょう。


どんなスキルが必要になるか、ということも介護施設や、診療科によっても違います。医師、そして、介護士。
この二つの異なる点といえばなんでしょう。
分かりやすい違いは、医師とは、病気にかかった人の診察や治療、予防するためにはどうしたらいいか忠告したり適切な薬を出すことが主な業務とされます。
対する介護士の仕事は、お医者さんに従い、診療面で医師の補助をしたり、心身ともに患者のケアするのが主な業務です。
なぜ介護士をやるのかといわれたときに、とても現実的な理由として「給料が高い」ということがあります。働き始めて最初の給料を鑑みても、同じくらいの年の、企業に就職した人たちと比べて、収入が高めだといえるはずです。ただし、このようにして高収入を得ているのですから、それだけ自分の知識や技術を磨いて、少しずつでも患者さんに対して還元していく使命があります。

介護士の収入については、労働者全般と比べると、平均年収という一点ではなんなく介護士が上回りました。
それから、介護士という仕事は介護機関を中心に需要が途切れることなくあります。
そのため、社会情勢とは無関係に、安定した収入額が得られる見込みがあるなどの大きなメリットがあるといえます。

ところが、高給を得られる職業ではありますが、当たり前のように、長時間のサービス残業に従事させられることもよくあり、介護士の労働環境は、しっかり整っているとは言い難い状況です。



介護士は、他業種と比べても給金は良い方ですが、それでも、更なる収入を求めて、副業に精を出す人もいます。

介護士の資格を持っていれば、健診センター、健康診断、ツアーナース、イベントナースなどといった短期や単発の仕事が探すとたくさん出てきますから、休みの日を利用しての副業というのは、比較的行ないやすいのです。ただ、本業の介護機関においてWワークを禁じていることがあったり、そもそも介護士の仕事そのものがかなりきついものですから、体に無理をさせてまで副業をするのは、決しておすすめ致しません。どこの業界にもこういったものはあるようですが、介護士の世界で通用する業界用語のひとつにエッセンなる言葉があるのですが、ご存知でしょうか。食事をとってきます、と他の勤務中の介護士に伝えるための暗号としてどこでもよく通用します。


このエッセンという言葉自体には、英語だとイート、つまり食べるという動詞で、ドイツ語だということです。


昔は、介護現場でドイツ語がよく使われており、そんな時代の名残ですが、とにかく現在に至っても普通に使用されているようです。介護士として働く中で、もし妊婦となったのであれば、気をつけたいのは極力、放射線を浴びないようにすることです。X線撮影やCT検査など、介護士が放射線の被曝を受けてしまうかもしれない機会は多いため、油断は禁物です。
それから、薬についてですが身近に様々な薬品が、大量に存在する環境なのですから、注意するべきでしょう。立ち仕事や夜勤シフトなど、介護士の仕事はかなり身体に厳しい仕事で、流産してしまったり、早産になってしまうなどの確率が若干高めです。
仕事に励みつつも、妊婦である自分の身体を守るため、必要な休憩を取るようにしましょう。

多くの介護士に共通する悩みのタネと言えば、職場での人間関係のストレスや交代制による不規則な勤務形態があります。

介護士の中には女性が多く、人間関係のもめごとが多い職場も少なくありません。他にも、夜勤が必須なのも辛いものです。



辛い職場に身を置いて精神をすり減らすよりも、転職して環境の整った職場へ移るのもひとつの選択として、覚えておきましょう。



新卒で勤め始めた新人介護士や、違う介護施設から転職によって働き始めた介護士に、現在の職場での経験が足りないという名目で、介護施設によりますが、残業代が払ってもらえないことがあるようです。
ところで、雇用側が雇用者に残業代を払わないというのは、経験のない新人だから、という未支払い理由は通用せず法律に違反しており、罰金や懲役の対象となります。残業は賃金を支払う対象になる労働ですから、こなした分はしっかり、給金という形で手に入るのが当然なのです。24時間切れ目なく続く仕事に携わる場合、交代勤務、一般的に「シフト勤務」が必須の職業として介護士があります。
外来の介護士であれば日勤のみということもありますが、入院病棟に必要な人数を多く割り振りますから、介護士経験が浅い間はシフト勤務は避けて通れないと思います。

私の話になりますが、妻がまだ子供が小さかった時に介護士としてシフトに入っていたために、特に夜勤の夜は、子供がなかなか寝付かず苦労した覚えがあります。



土日祝日、関係なしに、交代勤務をこなしている介護士は多いですが、一応、土日祝日を休みにするようにもできます。

病棟勤務のままだとそれは難しいですが、外来勤務に変えてしまえば、土日を休みにできるでしょう。

変則的な出勤があったり、休日診療の当番が回ってくることもありますが、それでも、土日はかなり休める印象です。

それから個人経営の介護施設で、入院施設のないところなら、そういったところは高い確率でちゃんと土日休みになっているはずです。こことは別のところで働きたい、と転職を真剣に考えている介護士はそこそこいます。慢性的に介護士の数が足りない、とする介護機関は多く、需要は高まる一方で、求人はいつでも、とても多いというのが現状です。
勤務している今の職場で給料が相場より遥かに安かったり、例えば残業が多すぎるといったように、労働環境が劣悪であるなど、転職をしようという結論に至った理由は、十人十色さまざまです。そして、今より良い環境を求めて転職したいのでしたら、なるべくなら、給料の額だとか労働条件に加えて、その職場が働いている人にどう評されているかといった、口コミなどがわかると良いでしょう。介護士だった知人は、大病を患ってしまってしばらく介護士を辞めていました。
ですが、病気が完治すると現場に復帰して、介護士として今も介護施設で働いています。



多少、仕事をしていない期間があっても、資格があれば早々に復帰できますね。

私も何か役に立つ資格を取っておけば良かったと思いました。
笑顔で辛い人を優しく支えるという点から、人気が高いと思われる介護士ですが、なぜ結婚できない介護士が多いのでしょうか。
実際に、介護士が結婚した年齢を調査してみると全体的に、早い人と遅い人の差が大きい事が言えるようです。晩婚になる理由を挙げるとすれば、出会いが無かったり、キャリアアップを最優先に考えるため、婚期が遅れるようです。


職場を変わられるときには介護士であっても当然、履歴書が要りますが、一つ注意しておかなければならないことがあるのです。
何だと思いますか?それは、特に履歴書の中の志望した動機について、どのように表記するかということになります。


雇用条件であったり、労働環境であったりが良かったのが志望のきっかけだとは言わずに、技術を磨くことが出来そうだからというような動機や、今までやってきたことを活かすことが出来そうだというような理由など意欲溢れる動機がベターでしょう。
介護士になって最初に勤めた介護施設では、人間関係に悩むことになり、結局辞めてしまいました。その時、もういっそ、介護士を辞めてしまおうか、などと悩みました。
ずいぶん悩んだのですが、それでも自分には介護士しかないようなので、「転職しよう」と決めたのです。そこではたと困ってしまったことがあります。情けないですが、履歴書をどう書いたらいいかがわかりませんでした。

ネットに頼ったり、本を買ってきて参考にしたりしてこうかな、違うかな、などと考え考え書いたのですが、自分はもう子供ではなく、人生に関わる大事なことはなんでも自分自身で決定し、責任をもってやっていかなきゃ、ということがつくづく実感したものでした。
特に90年代の終わり頃でしょうか、介護士はいわゆる3Kなどといった部類に入る、きつい仕事であると広く考えらえていた節があります。



しかしながら、昨今、介護士と言えば苦労の多い仕事ながらも、それ相応の報酬が入ることを、知らない人はあまりいないはずです。何しろ介護士の給料といえば、一人の女性が自身の稼ぎのみで、自分と家族を生活させていくことが可能なのです。要するに介護士は確実に高給を得られる専門職なのです。最近では男性も増えていますが、女性が介護士として働いた場合、お給料に関しては他のいろいろな仕事と比較すると高い場合が多いです。

それが理由なのかはわかりませんが、ファッションに抜かりのない人が多数いるように感じます。



そうはいっても、介護士といえば大変多忙な仕事でもあります。勤務先によりますが、休みがとりにくい職場もあり、金銭的に恵まれても、使う暇がなくもっぱら貯まり続けていると聞くことがあります。



給料の面もそうですが、休日に関しても、ちょうどいいところを探すのが最高でしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Tsubasa
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる