プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hmqaniiujzolat
読者になる
2010年06月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
Yapme!一覧
読者になる
【F1ヨーロッパGP】荒れたレースでベッテルが安定の優勝 / 2010年06月28日(月)
F1ヨーロッパGP決勝(27日)、ポールポジションからスタートしたベッテル(レッドブル)は、2コーナーでハミルトン(マクラーレン)に詰め寄られたものの、それ以後は完全にレースをコントロールして優勝を果たした。ベッテルにとっては、第3戦マレーシアGP以来となるポールtoフィニッシュとなった。

[関連写真]

レースは10周目に発生したウェバー(レッドブル)とコバライネン(ロータス)の大クラッシュによって大きく動いていく。コバライネンのリヤタイヤに乗り上げたウェバーのマシンは宙を舞い、このクラッシュによってセーフティカーが出動。ベッテル、ハミルトンの後ろにタイヤ交換をあえて行わなかった小林可夢偉(ザウバー)が入る展開となった。

ハミルトンにはセーフティーカー追い抜きのペナルティとしてドライブスルーが命ぜられるが、2番手のままコース復帰。一番ダメージを被ったのはフェラーリ勢で、セーフティーカー導入前までは3、4番手だったフェラーリ勢が10番手と17番手までポジションを落としてしまった。さらにシューマッハ(メルセデスGP)もピットアウトが赤信号によってコース復帰が妨げられる場面も見られた。

レースのハイライトは54周目にタイヤ交換義務を終えた小林可夢偉のラスト4周だった。一旦はブエミ(トロロッソ)、アロンソ(フェラーリ)の後ろでコース復帰した可夢偉だったが、56周目にアロンソをパス! さらにブエミをファイナルラップの最終コーナーで追い抜くという気迫の走りを見せて7位でフィニッシュしてみせた。

リザルトは5秒のタイムペナルティを受けるドライバーが9名も出るような異常事態となったが、9位と10位に変動があっただけで以下のリザルトで確定している。ベッテル、ハミルトン、バトン(マクラーレン)、バリチェロ(ウィリアムズ)、クビサ(ルノー)、スーティル(フォースインディア)、可夢偉、アロンソ、ロズベルグ(メルセデスGP)。

《レスポンス 編集部》

【6月28日9時8分配信 レスポンス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100628-00000002-rps-moto
 
   
Posted at 09:15/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!