invisible children (目に映ることない子供たち) 

November 07 [Mon], 2005, 2:43
最近indivisible children見ました。心は未だウガンダです。
感動しました。泣きました。素晴らしぃ。

うちらぐらいの年に見える4人組の宣教師(だと思う)。2人はうちの大学の人。
彼らがアフリカに行ったときのstory。
アフリカの土地を何個か周って彼らはついに
ウガンダへたどり着く。

終らない戦争。
子供たちがたくさん殺される。
数えられない人数の子供が子供たちだけで病院の地下で眠る。
まだ5歳ぐらいに見える子供が銃を持つ。
殺人を強制される。

マインドコントロール。
10人殺せ、20人殺せ、できるなら30人殺せ。
ある子供が言った言葉。
「頭が痛くなるんだ。血を見ないと。」

泣いてはいけないと怒られる。
家を思い出してるカラだと決め付けられ、
殺されてしまうから。

家に帰れない。
捕まって強制的に戦争に連れ出されるから。

山や雑木林の中で学校に行くことなく育った。
だから知ってる絵は、軍隊の絵だけ。
血だらけの人と軍服しか描けない。

そんな若干5−10歳の子供たちが共同に暮らす、hospitalの地下を取材していた。
土の床は水だらけ、「ココを拭いて寝るんだよ」
そういってバケツで水をよける。
その上にござのようなものを敷いてガリガリの子供たちが毛布一枚で寝る。朝は4時に起きて出て行かねばならない。
「学校に行けないんだ」
「デモ本当は教師になりたい」
「僕は法律家になりたい」
夢を語る子供たちが最後に残した言葉

「僕たちのこと忘れないで。」

学校に行く権利も、遊ぶ権利も取り去られた子供たち。ましてや生きることさえ。

1人の男の子が言った
「今ここで生きるより、今死んだ方がましだ。
天国で君たちには会えるよね?」

彼らは過酷な生活の中でも神様を信じている。

最後に流れた

「彼らのためにあなたの時間を与えてください
そして、誰かにこのことを伝えてください」

「彼らのために祈ってください。」

「彼らのためにお金を与えてください。
デモ与える前に彼らのことを考えてください」

invisible children(目に移ることのナイ子供たち)
なぜなら、彼らが生きているという記録ないから。

invisible children
なぜなら、軍隊が彼らの存在をないものとしたから。

何人の人に私はinvisible childrenを伝えられたでしょうか?
2005年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Martha
読者になる
Yapme!一覧