プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hmhcvwqulzlcdj
読者になる
2010年06月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
Yapme!一覧
読者になる
クルサード「シューマッハーは罰せられて当然だった」 / 2010年06月20日(日)
 現在BBCのF1解説者を務めるデイビッド・クルサードは、カナダGPでのミハエル・シューマッハーとフェリペ・マッサの接触において、シューマッハーにペナルティが科されなかった理由が分からないと述べた。

 カナダGPでシューマッハーは予選13番手で初めてQ3進出を逃した。レースではロバート・クビカと接触してタイヤがパンク、大きく順位を落とした後、愛弟子フェリペ・マッサをコース外に押し出し、マッサをポイント圏外に後退させた。一方でトロロッソのセバスチャン・ブエミ、フォース・インディアのビタントニオ・リウッツィとエイドリアン・スーティルに抜かれる場面もあり、シューマッハーは結局11位でポイント獲得を逃した。BBCのF1コメンテイター、マーティン・ブランドルは、シューマッハーのドライビングは“悲惨なぐらい悪い”と評し、カナダGPは“復帰後最悪の週末だった”と述べている。クルサードも基本的には同意見で、シューマッハーのカナダでのレースは問題が多く、マッサとの接触でペナルティを受けなかったのはラッキーだったと述べた。

「彼はカナダで7度も優勝しており、これは素晴らしい記録だ」とクルサードはデイリー・テレグラフにおける自身のコラムに記している。
「だが正直言って、日曜の彼は以前の彼の影のように見えた」
「彼は 3度もピットインしたにもかかわらず、ファイナルスティントでは4秒以上もペースが遅かった。タイヤをうまく使いこなせず、私の考えでは彼はポジションを守るために非常に問題のあるレースをしたと思う。フェラーリ時代の弟子のマッサと終盤接触したが、あれに関してペナルティを受けなかったのは特にラッキーだった。ルールははっきりしている。ブレーキング時に2回動いてはならないのだ。なぜ彼にペナルティが科されなかったのか分からない」

[オートスポーツweb 2010年6月18日] 6月18日17時33分配信 オートスポーツweb
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100618-00000002-rcg-moto
 
   
Posted at 17:07/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!