健が山内

July 18 [Tue], 2017, 8:35
看護師の年収は多いと思われている方も存在するかもしれません。そうは言っても、看護師は夜勤がなければそんなに稼ぐことができなくて、低年収ということも少なくありません。ですから、独身の間は夜の業務がある病院で働いて稼ぎ、結婚後、夜勤のない医院に再就職する人も多数見られます。我が国の看護師の年収は平均して437万円ほどです。

けれども、国立、私立、県立などの公立病院に勤める看護師は、公務員として仕事に携わっているため、平均年収は593万円ほどになります。
公務員看護師は給料の上がる率も民間病院より上で、福利厚生も完備しています。



準看護師のケースだと、看護師と比較すると平均年収が約70万円低いです。



看護師をしている男の給料はどの程度あるのか、知っているでしょうか。

給与だけをみれば女性看護師とほぼ同じです。


当然といえば当然ですが、両者の間で異なるということはありません。

給料の細かな金額は勤務先の職場ごとに変わっているのですが、給与は他の職業より高いといえます。


ハードワークで知られる看護師ですが、そこで激務の内容を少し見てみましょう。病棟勤務に従事していると、重症の患者さんを担当することもあり、容態の急な変化もありえますし、術後でまだよく動けない患者さんの、身の回りの世話をするのも担当看護士が任されます。

いきなり緊急手術が行われたり、働いている人員が昼と比べてだいぶ少ない夜勤時間の間に何度もナースコールが鳴って、対処が必要になったり、少々混乱してしまいそうなくらいに次々と仕事が飛び込んできたりもします。
正看護師と準看護師の最大の違いは資格という点です。正看護師は、国家試験で受からないと、正看護師の資格は取れません。
しかし、準看護師になるためには、国家試験ではなくて、各都道府県知事が交付する資格となるのです。ですから、准看護師の立場では、正看護師に指示することができないので、どうがんばっても、看護師長など上の役職に上がったり、指導者にもなれません。同じ病院に長く勤務していると地位が高くなっていきます。例えば、婦長という階級はその役職も想像がつきやすいですが、また別に主任などの役職があるのです。一口に看護師といっても、学生やパート看護師が少なくありませんので、資格を持った正看護師という地位も役職的には上の立場になるわけです。収入に関しては階級が上がって役職になれば優遇されますが、その責任も大きくなることを理解しておきましょう。

業界用語というものは、どこの業界にもあり、もちろん看護師の世界にも存在します。例えば、エッセンという言葉があり、ほとんどの人には何の事かよくわからないでしょう。食事をとってきます、と働いている他の人にわかってもらう目的で使用している現場は多いようです。ではこのエッセンというのは何かといえば、ドイツ語の動詞で食べるを意味するそうです。


昔は、医療現場でドイツ語がよく使われており、それが今まで細々と生き残って現在に至っても普通に使用されているようです。

比較的、高い給料をもらえる看護師ではありますが、勤め先により違いがあり、例えば大学病院と小規模のクリニックでは、金額がかなり変わってくるでしょう。退職する時に出る手当である、退職金については、国立病院や公立医療機関に勤めていたのでしたら、きちんと勤続年数や仕事内容による退職金の算出方法が確立していますので、納得のいく額が支払われることになるでしょう。ところが、個人病院の方では、退職金について、はっきりとした決まりもないことがあり、とにかく最高責任者である院長先生の考え方一つ、といった面があります。


つまり、規定に沿う額の退職金がきちんと支払われるのは公立病院で、あとは病院によるようです。


看護師をするきっかけとしてとても現実的な理由として一般的に給料が高いという点が挙げられます。新卒の給料を見てもほぼ同じような年齢の、一般的な会社に勤めた人達と比べた時にもより高い給与を得ていることが分るはずです。しかし、そのように高給をいただくということはその分、研鑽に励み、日々、患者さんへ還元していく必要があるのです。



退職金に不安を感じている看護師さんがたくさんいる可能性もあります。
退職金は、国立とか県立の病院であれば、金額が大きくなります。国立や県立の病院の次に多いのが、大学病院になるでしょう。

小さいクリニックでは、ほとんど出ません。

夜間に勤務することが多いので、多くの人に仕事がしやすい場所とは限らないものの、基本的には、規模が大きい医療施設の方が待遇が良好でしょう。


看護師の資格のある人は法律では、どういった資格かというと、医師の診療を補助するものとされています。医療行為を行うことは、原則として認められていませんが、医師から指示された場合は、可能な場合もありますしかしながら、急変時や、急を要する場合には、経験豊富な看護師であれば、部分的に医療行為も行っていいのではないかと思っています。少子高齢化が進んでいることも影響しているのですが、医療関係者も、ますます必要とされる可能性があります。
そういった理由で現時点で看護師不足の状態なのですが、これから先もその状況からは脱却できないと予想されます。毎年多くの人が看護師資格に合格しているはずなのに、今なお看護師の数が十分でないのはなぜかというと改善しない職場の環境や待遇を理由に離職してしまう場合があるということが起因しています。
看護師がうまく転職するには、この先のことを考えて早めに行動することが重要です。また、どのような点に重点を置いて考えるのかを設定しておきましょう。今後どうなりたいかを明らかにして、その将来設計に合った転職先のデータを少しずつ集めてください。
収入、職場環境、勤務形態など、自分にとって譲れない条件も心づもりをしておきましょう。病院ごとに看護師の勤務時間が伸びる場合があります。

そういう病院は、人件費を節約するために最低限の看護師の人数でシフトを組んでいる病院が多いといわれています。

こういった病院では看護師が常に疲れているので、医療ミスが発生しやすいという統計結果が出ているため、就職をするときはちゃんと確認をした方が良いです。


改めて言うまでもなく、医療関係の代表職である医師と看護師ですが、二つの職業の差異はどこにあるのでしょう。


分かりやすい違いは、お医者さんは患者さんの診察を行い、適切な治療を行い、予防するためにはどうしたらいいか忠告したり薬を処方することが仕事とされています。
そして看護師については、必要に応じて医師が出す指示の通りに、診療時に医師の補助を行って、患者さんのケアをするということが中心です。
看護師の人が転職に思い至ったケースでは、働きながら転職先を探すこともあるでしょう。そういった時、働きながら自分だけで次の勤め先を探すとなったら、求人の情報を調べる時間がとれないといった場合もあるものです。

そこで、看護師の転職サイトを用いると、自身の希望条件と合致した転職先をみつけられますから、利用価値があります。看護師を辞めたいと思っている人は、かなりの数になるでしょう。
最大の理由としては、厳しい労働で体の調子が悪くなってしまったり、給料のことで不満を抱えていたり、複雑な人間関係で精神的に逃げ場を失ってしまったりというケースが大半です。
看護師さんが働くところと言われると病院という印象が世間では普通でしょう。ですが、看護師という職業を活かせる場は、病院のみならず、他にも沢山あります。

保健所で働く保健師と手を組み、地域住民の日々の健康管理などを行うのもお仕事の一つとして看護師に求められるのです。また福祉の施設では常に医師が駐在しているところは少なく、看護師がほとんどの医療行為を行います。
当然の事ですが、看護師の仕事というのは、医療の現場では大事な職務です。


いつも厳しい現場で働いていると、様々な精神的な負担に陥るときもあります。


看護師は常日頃、命に影響を与える仕事をしていますから、緊張感に晒されることもたくさんあり、ストレスを上手に解消する工夫をすることも必要でしょう。日本中の病院や様々な医療機関の現場では、これまでの間ずっと看護師が不足している状態がそのままになっています。ですから、就職や転職の際、貴重な看護師は、完全な売り手市場だと説明できます。看護の資格さえあれば、希望や適性にかなう職場を割と容易に選ぶことができます。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Fuuto
読者になる
2017年07月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hmbw0ukeatyyaj/index1_0.rdf