日本人が退化している?(その1)

June 01 [Fri], 2012, 21:53
たまには何か書けというご指摘を受けたので書いてみる笑喉元すぎれは熱さ忘れる臭いものには蓋をする悪い噂も75日とかく昔から日本人は、過ぎ去った苦い過去を封印しようとする性癖がある。
何のことかと言うと、福島原発のメルトウン事故である。
思い出してほしい。
メルトタヴンの危機は脱したが、原発事故はまだ終わっていないのである。
とりあえずは温度上昇を抑えることは出来ているが、水をかけるのを止めると、すぐに温度は上昇して臨界を超えるのだ。
かけた水は星美りか放射能に汚染されているので、汚泥タンクに貯蔵となるんだけどそのタンクがどれだけ増産しても追いつかない状況であり、満杯となったタンクを置く場所も無くなりつつあることは報道されてないかも。
つまり、まだ事故は続いているのであり、火事でいうなら鎮火はしていない状況だ。
だから現場検証も何も終わってないので、事故調査委員会も本格的な調査が出来ない。
よって結熄oていない。
事の発端は大きな地震は想定外として計画された原発の設計にあるはずだけど、その想定外とした重大なヒューマンエラーを内包した同様の原発が日本中に建っている。
その上、同様の事故が発生しても、新しい効果的な事故処理対策はまったくない要するに、大規模な地震と津波が来る可能性は極めて低いから他所の原発を再稼働しても大丈夫といっているだけで、福島原発がメルトウンする前までの状況と、まったく変わりがない中で再稼働をすると言っているのである。
対策は高所に発電車を置いただけなのだ福島原発事故は依然として続いている。
事故の真因がはっきりしていないので、他の原発には同様の因子が内包のまま。
もし同様な事故が発生しても、新しい対策は何もない。
今も地震予知はまったく出来ないので、いつどこで地震が起こるかは不明。
福島原発以降、再発の防止は電源確保だけしかしていない。
このように搏Iに破綻していているにも関わらず、国の最高機関である政府が、それに気付かないということに愕然とする。
再稼働かどうかなんてcする余地がどこにあるのだろうか国と国民の安全より損得を優先することが、まともな人間の考えることかいい加減、こんなことに労力を割くことをやめて、原発抜きでどうやって夏を越すか、短期的な計画、中長期の電源確保をどうするかに国を上げて知恵を絞ったほうが良いと思うのだが。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hm1mbgkpss
読者になる
2012年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hm1mbgkpss/index1_0.rdf