うりょだけどノーリッチ・テリア

July 29 [Sat], 2017, 17:02
妊娠が分かった後にご自身の体や赤ちゃんのために、葉酸を摂るようになった妊婦さんも多いのではないでしょうか。では、赤ちゃんを無事に出産した場合には葉酸の摂取を止めても問題ないのでしょうか。葉酸は胎児の健康にも影響を与えますが、赤ちゃんの事だけを考えるのならば、葉酸摂取の期間を出産までと限っても構いません。


とはいえ、葉酸は妊娠中の母子にだけ必要な栄養素かというと、決してそうではありません。

葉酸は不可欠な栄養素の一つで、人体のバランスを整えるといった働きをしています。


ですから出産後持つづけて葉酸を摂るようにすることで身体を健康的に保つことをおススメします。
葉酸には、胎児の正常な発達をサポートをする働きがありますから、葉酸が不足しがちな妊娠前から妊娠初期は、サプリメントでの葉酸摂取が適切な摂取方法だと言えます。
サプリでの葉酸摂取は、確実に適切な量の葉酸が摂れるという事で推奨されていますが、飲むタイミングにも注意してください。
葉酸を効率よくはたらかせるためにも、食後30分以内の摂取が理想的です。なぜなら通常のご飯で摂取できる栄養素と、サプリによる補給が相互的に作用し合い、葉酸の働きが活性化します。


一方で、空腹時に葉酸サプリを摂取してしまうと胃腸の不快感、食欲不振や吐き気の等の症状を発症することもあります。


ですからサプリの用法を守り、食後の摂取を心がけるようにしてください。妊娠中だけでなく、妊活中の方に対しても、厚生労働省が、積極的な葉酸の摂取をもとめています。受胎時からオナカの中の赤ちゃんは細胞分裂をはじめますが、葉酸にはこの細胞分裂を正常に促す作用があると言われています。
そのため、葉酸が欠乏してしまうと、胎児の細胞分裂が正常になされずに、神経管閉鎖障害などの異常があらわれる可能性が高まるといった研究結果が出ているのです。
胎児の栄養は全て母体から賄われています。胎児がこうした障害を発症するリスクを低減するためにも、妊娠1か月以上前から妊娠初期の、最も葉酸が必要となる時期に、ご飯で摂取する分の葉酸以外に、1日400μg(0.4mg)を目標に、葉酸の摂取を心がけてください。
サプリや栄養補助食品による補給も、厚生労働省が推奨しています。

親友の話なのですが、妊活していた頃の話だっ立と思いますが、薬のようなものを飲んでいたので、「妊活中に薬を飲んでもいいの?」と聞くと「漢方だよ」と教えてくれました。
彼女によると体質(体型や性格など、それぞれの要素がお互いに影響しあって形成されるといわれています)から変えたい、と考えているようでした。漢方だったら安全性が高いのではないでしょうか。
その漢方のおかげなのか、彼女は無事に命を授かることが出来ました。彼女が妊活を頑張っていたことを知っていたので、本当によかっ立と、私も嬉しく思っています。
流産を経験しています。
ずっと欲しかった子供でしたので、とても落ち込んでしまっていたのですが、夫や周りの方の支えがあり、流産してから1年後くらい経つと、また妊娠について前むきに考えられるようになり、そこから妊活をはじめました。

妊娠しやすい体になることを目的に、以前から悩まされていた冷え性を克服するように、運動することを思いつきました。
運動の最中はつらかったのですが、だんだんと楽しくなり、新陳代謝が良くなって基礎体温を上げることができ、悩んでいた冷え性を改善することが出来立ため、妊娠にむけて前むきな気持ち(自分のだけを優先していると自己中だといわれてしまうことでしょう)です。



葉酸は野菜の中に多く含まれていますが、その中でも特に葉酸を含んでいる野菜と言えば、小松菜や菜の花ですとか、モロヘイヤといったいわゆる青菜のものが多いです。

妊娠後、早めにこれらの食材を摂取することによって、胎児の正常な発達に働きかけ、先天異常などを発症するリスクを低減する可能性があるという報告があります。


毎日野菜を食べるのがつらい場合には、他の食材で葉酸を摂取しても良いですよ。
納豆や貝類を食べるのを御勧めしたいです。あまり頑なに考えすぎず、臨機応変に葉酸を摂取するのが良いですよ。葉酸とは野菜などに含まれているビタミンBのひとつで、たとえば、ブロッコリーやホウレンソウといった野菜類に含まる栄養素です。
葉酸の摂取は、特に妊娠初期の女性に欠かせないものだと言われています。なぜなら推奨量の摂取をつづけることで、赤ちゃんの健康的な成長を助けたり、流産の危険性を下げる効果が認められています。具体的な一日の葉酸の摂取量ですが、厚生労働省によると、妊娠初期の女性は1日400μgの葉酸を摂るように勧められていますが、実際にご飯だけでまかなおうとするのはナカナカ大変なようです。
そのような場合は葉酸のサプリメントで不足分を補給しても大丈夫です。妊娠をきっかけに病院や産婦人科などの専門的な栄養指導を学んだり、地域が主催する、母親学級をうけに行った方は多いと思います。

多くの方が、そうした機会に、葉酸の働きと葉酸を多く含んだ食品を学ぶと思います。葉酸をふくむ食品として、多くの方がご存じなのがレバーです。持ちろん、野菜も代表的な食品の一つです。


普段のご飯にこうした食材を取り入れて、葉酸を摂取しようと考えている方は、熱によって分解してしまい、体内での吸収率が悪いという性質を理解して、葉酸摂取の計画をたてましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:晴琉
読者になる
2017年07月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hlyoltwaahklde/index1_0.rdf