中島の白崎

February 18 [Thu], 2016, 16:04
探偵に頼んで浮気の証拠が掴めます。浮気を疑われる様子を相手が見せた場合、自分で証拠を集めようとするでしょう。しかしながら浮気の証拠を自力で入手しようと思っても、配偶者に発見されてしまうリスクが高くなります。なぜでしょう。答えは簡単で、あなたの顔が相手に知られているからです。
日頃、相手の生活している様子を注意しながらみることはだれにも頼まずにできることですが、ごまかしきれないような浮気の証拠を掴む場合には、やはり、蛇の道は蛇、プロの探偵に依頼しておいた方が安全、安心です。それに、探偵に頼んだ場合には、単に、浮気に関する証拠集めだけにとどまらず。豊富な経験から、様々な助言をもらえるということも、貴重なのです。
実際の浮気調査では、調査にはどれだけの人数が必要なのかというと、調査の方法や時間などによって幅がありますが、多くの場合、調査は2人くらいで行うと言われています。しかし、まだ浮気が確定でない場合には、浮気が確実かどうか、調査員が1人で大体の場合は行います。浮気が確実なものとなったなら、もう一度話し合いをして調査員の数などの詳細を決めていきます。
実際に浮気調査にかかる期間はどれぐらいなのかというと、平均では一週間以内です。覚えておいていただきたいのは、これはあくまでも平均の期間です。浮気を疑っているパートナーがとても用心深かったりすると、1週間から1カ月くらい調査期間が必要になることがあると思っていてください。逆に、浮気する可能性の高い日が調査員に伝えられていた場合は、調査期間は1日で済むこともあります。
ご自身での浮気調査がオススメできない理由はカッとなってしまうかも知れません。強い心を持っている人でも、いざ自身の目で浮気現場をみてしまうと逆上してしまったという例が過去にも多いのです。貴方自身のためにも、証拠を掴む可能性を高めるためにも、探偵への調査依頼が最も確実な手段といえます。
浮気調査を実行する前に確認せねばならない事があります。それは、本当に相手が浮気しているかの調査です。不倫行為が確実ではない場合は調査を続行するかどうか、この時点で決定されます。証拠が揃い、浮気が間違いなくなったならば、浮気相手が誰か? を調査する段階となります。主にパートナーの尾行を中心として、些細な痕跡も見逃さぬよう様々な方法で、浮気相手の姿・年齢・氏名などを確定させるのです。
あなたの配偶者が不貞を犯したら、あなたの配偶者と交際相手に慰謝料を請求することができます。ところが、あなたの配偶者が不貞を犯す以前から、家庭内で別居している状態であったり、すでに夫婦であるとは言いがたい状態だった場合は、配偶者とその不倫相手にに慰謝料を求める事が出来ません。慰謝料の金額は、不倫によってあなたが精神的な苦痛を受けたか、何歳であるか、何年結婚しているかなど様々な角度から検証して裁判所に委ねることとなります。
不倫した場合の慰謝料の相場は200万円前後ですが、50万円程度のケースもありますし、400万円くらいになる場合もあります。離婚しなくても慰謝料を求めることができますが、額は低くなるのです。また、不倫の相手が不倫の事実はなかったと主張する場合には証拠が必要となります。無関係な人からみても明らかな不倫の証拠が不可欠です。
法律の中では、婚姻関係にある人がパートナー以外の人と自分の方から性的関係になることを不倫といいます。すなわち、法律の上では、肉体関係を持っていない場合には、食事や遊びに行ったとしても、浮気とはいえないということになります。個人では肉体関係の証拠をつかむのは難しいですが、探偵や興信所の力を借りるということも考えてみてもいいかもしれません。
不倫問題を相談したいと思うなら弁護士がいいでしょう。離婚を望むのか、不倫相手から慰謝料を取ることをのかをまず考えてから相談するといいでしょう。それに、不倫の証拠を掴みたいと考えている場合には、探偵事務所や興信所に相談してください。女性の場合、近所に住む奥さんや友だちに相談してしまう方も少なくありませんが、後で噂になりたくないなら、相談しないようにしましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:悠
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hlwfvarre93toy/index1_0.rdf