藤吉で田川

January 04 [Wed], 2017, 14:04
簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。
虫歯などで義歯が必要になるケースでも、歯根部を支えとして残すことができれば上からすっぽりとクラウンをかぶせる治療ができます。
その一方で、歯を抜いてしまった場合入れ歯もありますが、義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入する方法であるインプラントを用いた治療になります。
よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、歯の土台となるアゴの骨に穴をあけ、「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。
旧来の入れ歯と比べた場合、綺麗な見た目に仕上がりますし、食べ物も噛みやすいのです。
インプラントの施術には、歯科医師に加えて、義歯を作る歯科技工士の卓越した技術が必須といえるでしょう。
高価な資材や長い時間をかけた丁寧な施術ですが、保険はきかず自由診療なので、治療費は高額になっています。
インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、骨との親和性が高くアレルギーも起こりにくいとされています。
治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて本格的な治療がスタートするので納得した上で治療を始められます。
それから、治療後には、メンテナンスを定期的に行っていくことで、長い間、問題なく使うことが可能になります。
人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。
インプラントは、一種類だけではなく、部品の接続形態によって以下に示す何通りかに分かれています。
アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化している「1ピース・インプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。
2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、人工歯根とアバットメントのプラットフォーム(接続部)の形状により、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションがあり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。
これからインプラント治療を受ける方にとって重要なのは、自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。
この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないため症例数が多ければ多いほど良く、経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。
それにとどまらず、どの治療にどれだけ費用がかかるかきちんと説明してくれる、感染症予防策をはっきり示している、歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども最終的に歯科医を選ぶ決め手です。
歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。
インプラント埋入手術を受けても、痛くて我慢できないことはまずありません。
局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから手術に取りかかるためです。
術後、麻酔が切れてくると、腫れとともにだんだん痛くなってくることもありますが、化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので激しい痛みが長く続くことはあまりありません。
インプラント治療を掲げている歯科医院で、外来で行うありふれたケースのインプラント治療も院内感染が起きないと言えません。
いくつかの候補の中から歯科医院を決めると思いますが、感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、重要事項の一つになります。
近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をホームページ上で具体的に示している歯科医院もごく普通になっているので、真っ先に見ておきたいところです。
どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療は治療全体を通して、相当な出費になります。
ごくまれに、インプラント治療が保険適用されることもありますが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。
ほとんど全て自費診療だというのがどうしても高額になってしまう原因です。
どんなに安い治療を選んでも十数万円、難しい治療を受けるケースでは数倍の費用がかかるケースもあることを肝に銘じておかなければなりません。
インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。
入院することはめったにありません。
出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、安全を期すため、入院を求められることもあります。
また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。
腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、入院が必要になることもあるので、注意してください。
このような難しい治療を行う場合、治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。
いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の歯科医に出会おうとすれば、海外に渡ってでも治療を受けるという手段もあります。
インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が集まっています。
困難な条件に負けず、一生使える歯を求めるならそう簡単に断念せず、まずもって、情報集めに全力を尽くすしかありません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユウト
読者になる
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hlstnnoigiugth/index1_0.rdf