ある日の中百舌鳥駅。

December 15 [Thu], 2011, 23:16
登りエスカレーターは混雑しているが、下りは人だけ。
そのヤンキーみたいなにぃちゃんはタバコ咥えながらケータイをいじっている。
エスカレーターでタバコとかけしからんやだ。
全くだが、注意などせずに見て見ぬ振りをするのは日本人の性なのか。
まぁ私もそんな面倒な事はしない。
私はエスカレーターを登ろうとしたその時。
にぃちゃんのケータイが勢いよく長いエスカレーターの下まで虚しく紐なしバンジーした。
電池パック大崩壊の大惨事。
下手したら携帯が息をしているか怪しいラインだ。
エスカレーターの上の人が全員振り返る。
何事が起こったのかと。
私はにぃちゃんに目もくれずエスカレーターを登りゆく人たちを眺めていた。
美しい光景だった。
非常に美しい。
みんなが下を見ている。
なんという整然とした顔の並び。
その全員が。
ざまぁの顔をしていた。
、社会阪神カップのはみ出しものの末路とはなかなか可哀想だなと。
社会の目は厳しいなと。
思いました。
私も人様の迷惑になることはしないで置こう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hkhlk2j7gc
読者になる
2011年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hkhlk2j7gc/index1_0.rdf