終了 

2005年03月03日(木) 15時49分
出発の時間が迫っているのでそろそろパソコンをしまいます。つまり更新はこれで終了ということになります。カナダ留学という特別な状況下だから書いてきた日記なので、帰国して以後の話を綴る気はありません。

日本人との付き合いがうまくできず正直環境を恨んだりもしたけど、今のこの悲壮感を考えるとここに来た思い出というものはやはり大きく、来た甲斐は充分あったのだと感じています。海外では人は皆冷たいといいますが、カナダ人やカナダに来る留学生の多くはそういう風には感じませんでした。むしろ移民の多いカナダは多くの人が他国の人に対して興味があるらしく、日本人に対しても例外ではありませんでした。正直な話、白人からすればアジア人など相手にするまでもないという気持ちは分かってしまいました。しかしそんな差別を他所に僕ら全てに同等以上の扱いをしてくれる彼らには感動としか言いようがありません。ほんとうにうれしかった。

まだ世界の一部を見たに過ぎない今回の留学だったけれど、これにて更に世界に対する興味が深まった。閉鎖的と言われるヨーロッパ各国では実態はどうなのか、南米の友達はできなかったのでそこも知ってみたい。アジアももちろん知りたい。オーストラリアもまた少し違うのだろう。色々行って友達作ってみたい。軽々しくは言えないけど様々な文化にも触れてみたい。せっかく英語も少しできるようになったことだし、これを生かして将来は世界各国を飛び回って旅行をしていきたいと思う。

というわけで7ヶ月間、どうもありがとうございました。

〜To be continued the second story in Canada... some day!〜

最後の日なのですぐ解答 

2005年03月03日(木) 15時24分
1.You will leave here tomorrow.
2.You will be leaving here tomorrow.
3.You're going to leave here tomorrow.
4.You're leaving here tomorrow.

上記で意味が異なるものはどれか?答えは・・・


1です。答えを当てるだけなら簡単だったかもしれません。しかし理由が分からなければ意味がありません。
2〜4は全て既に予定していることを示す未来系の文。2が少しだけフォーマルな場所でも使える表現です。で、問題の1は文法的にも全く間違っていないし分からなくもないがネイティブに言わせると変だそうです。ご存知な方もいると思いますがwillはとっさに決めた未来の予定、つまり会話中に決まった未来の予定を示す助動詞。しかし今回は主語がyouなのでそういう意味ではとれません。実はこの文章は少し強制の意味が込められた、言わば命令文なのです。willには強制の意味があったのです。

これを知るきっかけとなったのは友人にここを去ることをメールで伝えたときの返答に
Will you be leaving here soon?
という文章があったからでした。なんでingになるのかと。そこでチューターに色々聞いてこのようなことが分かったわけです。

しかしこうして直接聞けるのももう終わってしまいました。もうちょっと色々聞きたかった気もするけど、そのチューターもあと1ヶ月で卒業でいなくなるとのことなので、いずれにせよすぐに終わる予定だったということでした。

しかし最終日にこういうおもしろい話が聞けたと言うのはすばらしかった。他の友人にもプレゼントもらった。他にもまだまだ知り合いいたけど会えなかった。とても心残りだ。時間が過ぎるのは早い。

早いでもう一つ得たことを発表。fastとquickの違いは何か?答えは一緒。ただしquickは頭の回転が速いという表現にも使えるのでそこだけが違う。

曖昧なことを明らかにしていく過程はおもしろいね。楽しかった。

最後の日は・・・ 

2005年03月03日(木) 13時05分
今日は最後の日ですが、問題を出します。

1.You will leave here tomorrow.
2.You will be leaving here tomorrow.
3.You're going to leave here tomorrow.
4.You're leaving here tomorrow.

上記の中で一つだけ意味が少し異なるものがあります。それを指摘し、意味の違いを説明しなさい。(100点)

寝る 

2005年03月02日(水) 17時51分
ここ数日時間が勿体なく、夜更かしばかりしている。まずい。

一体今ここで何ができるだろうと必死に考えた結果、寝ることにしました。明日を充分に生かせるよう、今日は寝ます。といっても朝の4時ですが。

3月1日 

2005年03月02日(水) 8時18分
気がつくともう3月。ここで書くことはもうないに等しいので何か書きます。

家を出る日が近いので何事も起こらないことを祈っていたが、最後にまたもルームメイトに迷惑をかけられた。カナダで日本人に迷惑かけられてるという現状は本当に耐えられない。

帰国するにあたり、一番問題になるのが契約破棄だった。4月下旬までいるのが契約なので大学も寮もそれを破るにはちゃんとした書類が必要。それらはお金が絡むのでかなり前から少しずつやっていたものの、ここへきて状況が一転。契約違反で出て行くなら500ドル払えと言われ、なんとかそれを阻止するためにあちこち事務所を回ったり留学生のコーディネーターに相談しに行ったりしていて忙しかった。おそらくこの件はもうすぐ片が付くので払わなくてもよさそうだけど、状況をはっきりさせなかったらマジで払わさせられるところだった。

他に億劫なことは荷物のでかさ。整理したところ細かいバッグ等が多くてうざいので、90ドルの旅行バッグをセールで35ドルで買った。これでようやくでかいバッグが3つと細かな荷物が3つ。ほとんど荷物整理は終わった。

銀行口座も閉じた。後は明日英語のチューターに最後にあって、友達に自転車をあげて、先生方に挨拶に行って、500ドルの件の最終確認をして明日は終わり。というかこれでカナダも終わりだ。いやー早かった。まあ、半年の留学なんてこんなもんでしょ。強引に納得して幕を閉じようと思います。

そのA解答 

2005年03月02日(水) 7時49分
出題しておきながら解答をほったらかしにするこの心構えをどうかお許し下さい。

1.I don't like cleaning or anything.
dislikeやhateを使うと嫌いの意味合いが強くなり言われた人は引いてしまいかねない。ネガティブなことを言う際はnotを用いて表現したほうがよいと思われます。また"or anything"という表現は少し曖昧にするときに用い、ネイティブによるとそう言われてみれば言ってるなという感じだそうです。否定文では"or anything"、肯定文では"or something"、すばらしいことを表現する際には"and everything"を用います。

2.Can I ask you something?
なんか普通すぎて面白みがない・・・。友達や学校の先生とかならMayを使わずCanでOKです。より表現が丁寧になると語尾にsirが付いたりしますが一般生活でこれを聞くのは滅多にありません。日本語から変換しようとすると最後のsomethingは入りませんが、"Can I ask you?"で止まると意味が通じず、質問者と返答者の間で一瞬の空白が生まれます。

3.Can I get spaghetti with meat sauce?
頼んだものを物をもらったり、注文する際にはCan I get 〜 で全ていけます。初めはI wantとか使って必死に文章を作って注文していたけど、あるとき外人は皆Can I getできいていることに気づき、真似することにしました。一般に物を頼むときはCan Iで全ていけます。気楽にいきましょう。

4.What do you mean?
これも当たり前すぎておもしろみがない・・・。でも自分のアクセントが変だったり文章が変だったときに言われると結構凹む一言。更に相手が意味不明な笑みを浮かべていたりするとムカつく原因にもなる。

5.A piece of cake!
人が言っているのを聞いたことはなし。相当調子にのらないと言えない表現。マンガや物語などでは比較的出てくる表現かもしれない。

・・・ 

2005年02月15日(火) 16時39分
日本にいる友人に彼のHPを教えてもらい、いくつか疑問に思ったことを率直に聞いてみた。ネタバレみたいな軽い気持ちで聞いただけだった。だが実際はショックなことだった。聞いて悪かったと思ったのと同時にそのようなことが事実として起こっていたのだという悲壮感に漂った。

まあ、色々考えさせられるわけです。

韓国人ども 

2005年02月15日(火) 16時08分
僕は嫌なことをすぐに忘れる事が苦手なので今日は講義も集中できずダメダメな一日だった。

カフェテリアに行って休んでいた。でかい机の隅のほうにいた。逆側の隅に韓国人留学生達が座りだした。

はっきり言って僕は韓国人留学生が大嫌いだ。やつらが韓国人以外の国の人と絡んでいるところを一度も見たことない。それどころか必ず大人数で韓国人だけで行動し、必ず韓国語でコミュニケーションを取っている。ものすごく日本人学生と似てる。何かむかつく。で、更にもう一つ嫌いなことがあって、韓国からここへ留学に来るような奴らは韓国ではかなりの金持ちのようだ。以前トロントで語学学校に通っていたときも韓国人は皆金持ちだった。だからかもしれないが、奴らは見た目やファッションにカナダでは目立ちすぎのごとく金と時間をかけている。簡単に言うとものすごく浮いている。それも日本人学生と似ている。何かむかつく。留学に来ながら母国と何ら変わらぬことばかりを好んでする連中が僕は嫌いなようだ。勉強も、私生活も。

人がちょっとばかり席をはずした瞬間に僕が座っていたところまで韓国人の団体が押し寄せ、挙句の果てに僕の荷物(傘だったのだが)をどかしてまで席を陣取ろうとし始めた。カナダではそんなの普通なので別によかったのだが、韓国人だったのでなんかムカついたのとこいつらの英語力が知りたかったので軽く話しかけてみた。

HK: Is this (←my umbrella) yours?
Korean: ...No...
HK: No???
Korean: ...I don't think so...

たったこれだけだったのだがめちゃめちゃ弱気。相手の顔も見れずうつむき加減で細々と返答してきやがった。「I don't think so.」という返事も気に入らない。人のだと知っておきながら曖昧な返事。嫌いだ。それともそれしか言えねえのか?

とにかくこの韓国人は嫌いだ。数が多い分、日本人より太刀悪い。他国の人を寄せ付けず、金に任せて上辺っ面だけかっこつけてろくに努力もなし。嫌いだ、こういう人種。

とかいって普通に英語でしゃべったらものすごくペラペラだったりして・・・?ま、別にいいけどね。英語が出来る事が最重要ではないのだから。

今日みた夢 

2005年02月15日(火) 1時22分
東北のテニス大会ダブルスに優勝した素人ペアが北信越の代表選手と試合をしている夢を見た。マイナーだった。

Coach Carter 

2005年02月13日(日) 12時57分
http://www.coachcartermovie.com/index2.html

泣かすなよ、カーター・・・