1.はじめ

November 04 [Mon], 2013, 13:58
2011年の夏に、とある会社で「彼女」と出会った。
私は中途入社で、彼女も少し前に中途入社をしていた。
大阪市内のとあるオフィスで、私が初出勤の挨拶をしたとき
そこに彼女がいた。らしい。(私は覚えてない。)

そこで自己紹介もしたんだろうけど、
部署が違うので一緒に仕事をすることもなく、全く絡みがなかった。
市内に2か所オフィスがあり、お互い別々だったし
私もそこまで印象になかったので最初は全然仲良くなかった。

私より2〜3か月遅れて、1つ年上の人が中途入社してきた。アリサという人だった。
アリサちゃんとはすぐ仲良くなった。
会社には40代の人が多く、私とアリサちゃん、そして「彼女」は唯一の20代だったので
3人そろうと少ししゃべるようになった。
彼女のことは、苗字からとって「こじこじ」と呼ぶようになった。


それでも部署が違うので、めったに会うことはなかった。
電話番号も知らない、ただの会社の年の近い人だった。


春頃からアリサちゃんと3人でよくメールをするようになった。
社内のクラウドで、仕事中にずっとぼやいていて、それがすごく楽しかった。
そのころから、電話でもなんでも長話をして、「今ひまなんでしょ?」とか用もない話をすることが多かった。

また、組織改編で私がこじこじのいる事務所に異動になり、
向かいどうしのデスクでも例のごとくスレッドにしょーもないことを書き込んで、
目の前で肩をぷるぷるさせて笑いをこらえるこじこじを見て面白がっていた。

とてもゆるく、ひょうひょうとしていて、憎めない人だった。
おもしろくて、時に仕事の相談には親身に乗ってくれて、とても頼れる人だった。


だけど、こじこじは2人では一緒にいてくれなかった。
外の喫煙所に行くとき、アリサちゃんは煙草を吸わない私を誘ってくれて
一緒に外に行こうと言ってくれる。
「こじこじも煙草吸いに行くときは誘ってよ!」と言っても誘ってはくれなかった。
夜、残業して少し遅く帰る時に、ごはん行こうよ〜と誘っても
「絶対嫌だ」と言われていた。

友達にこじこじのことを話すとき、私はいつもきまって
「高校とかですごいボーイッシュな、髪の毛も短い、ガタイのいい女の先輩ていはるやん。
バスケ部とか陸上部とかの。そんな感じ。」と説明していた。
事実、こじこじは高校のとき地元の有名な体育高校に通っていて、
今でも検索したらこじこじの名前が出てきて、15年近く前の記録もまだ上位に残っている。

私は気づけばこじこじの名前ばかり口に出していた。
その気持ちがなんなのか全然わからなかったけど、
とにかく朝出勤してこじこじがいればうれしかったし、
外出や出張でこじこじがいなければ、何か寂しい気持ちになった。


つづく。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:きゃす
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1988年
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 現住所:大阪府
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・インテリア・雑貨-かわいいものに目がない・・・
    ・ファッション-アーバンリサーチ大好き。
    ・写真-カメラ+お散歩が楽しい♪
読者になる
三重県でのびのび育った典型的なO型ガールです。

*好きなもの
緑やお花のある風景/寺社巡り/神戸/動物/アラビア圏の文化/砂漠の夜明け
ムーミン/ディズニー/ポケモン/英語/源氏物語/やすとも/千鳥
2013年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hk0906ftm/index1_0.rdf