高畑のスムースコーテッド・ハウンド

May 25 [Wed], 2016, 8:56
フレッツの通信速度が遅い理由として、最初に思い浮かぶのは、少しの間だけネットワークが込み合っていたり、見ようとしているサイトへのアクセスが集中しまくっていたりといえます。


その理由で、一時的に遅いだけというなら、ある程度待っていると改善する場合もあります。
インターネットのプロバイダーは、新規で加入する人や乗り換えを考えている人向けに多様なキャンペーンを展開しています。
お引越し時、新規加入時は、直接電話やネットの利用で申し込みをせずに近所の家電量販店やキャンペーンの特典を受けることが出来るサイトから申し込みをするとお得です。プロバイダは無数にあり、選ぶ方法も人それぞれです。しかし、キャッシュバックキャンペーンを実施していたり、数か月タダになったり、毎月の費用が格安と謳うプロバイダに容易に飛びつくのはおススメしません。どんな目的でネット回線を使うかによって違いは生じますが、通信の速度やパフォーマンスの安定性などをよく考えて選ぶのが良いでしょう。



自分のタブレットやPCをネットにつなぐためのWi-Fiルーターにスマートフォンを使用することをテザリングといいます。
ヤフーのモバイルとして昨年スタートしたワイモバイルでは、ソフトバンクと同様にただでテザリングオプションを使えるのです。でも、使用時には毎月のデータ通信の契約量を超過することのないように気をつけることが必要です。プロバイダを別の業者に換えてキャンペーンでキャッシュバックをもらえました。

前のプロバイダと比べてスピード面で遜色がなく、サクサクと気持ちよく動いてくれるので、特に不便さを感じることもなく、乗り換えという選択肢を選んで正解だったなという感想を持っています。
お得なキャンペーン中なら、プロバイダの乗り換えを考えるのもいいと思います。ここ最近、光回線の業者が高齢者宅を訪問し、しつこい勧誘を行ったり、判断力の劣りつつある高齢者を口先でうまく言いくるめて契約をさせるなど、光回線の契約に伴うトラブルが増えつつあります。そのような事態を鑑みて、総務省から契約から数えて八日以内であれば解約ができる光回線契約に関して2015年にもクーリングオフ制度導入の方針を明確にしました。

プロバイダを選ぶ時には前もって評判を確かめておくのがお勧めだと思います。

プロバイダ選びに肝心なのは接続が安定しているのか、安定した速度なのかといったことですから、しっかり確認を取ってください。


また地域によっても差が出てきますので、自分の暮らしている地域情報も調べておくのが良いです。次のネットの環境として、ワイモバイルを候補として考えています。

せっかくなら得した方がいいので、どのようなキャンペーンをしているのか確認してみました。

ざっくりと目を通したところ、他社から乗り換える方法でキャッシュバックという仕組みがありました。



適用の条件などを調べて、慎重に考えたいと思います。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:大翔
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hjwtmsheooorku/index1_0.rdf