p女性からの希望があった場合でも、お願いされた部分のマッサージは大丈夫でしょうが、それ以外の所はやめましょう

December 24 [Wed], 2014, 13:13
q

女性とデートをするときにスキンシップを図ることは大切ですが、限度を越えたりしてしまうと女性に悪い印象を与えてしまう場合があります。

付き合う前ですので、女性が男性に好意や興味をもっていたとしても彼氏ではない事に変わりありません。その為に、付き合う前の女性とのデートでスキンシップの仕方や注意点とポイントをご紹介します。

女性が嫌がるスキンシップとは
距離が近い

女性と男性の体が触れ合うような距離は近すぎます。歩いている時や、何かを二人で見る場合でも二人の体が触れ合うような距離を行わず適度に自然な距離を保ちましょう。

自然な距離とは、体が触れ合わないような距離で尚且つ離れすぎないような自然な距離です。

特に顔は重要で、頬がふれるような距離は女性からしてみたら「近い!」や「この人、いやらしい」と思われてしまう場合がありますので注意が必要です。

体に触れる口実を作る

「マッサージしようか」と言ったり、「二の腕少しぷよぷよだね」と言ったような何かしらの口実をつけて体を触ろうとするようなスキンシップはいやらしさを与えてしまいます。

女性が「肩が疲れたから揉んで」と希望を伝えてきた場合は可能ですが、男性から促すようなスキンシップはNGでしょう。

女性からの希望があった場合でも、お願いされた部分のマッサージは大丈夫でしょうが、それ以外の所はやめましょう。女性は男性に隠したい部分もありますので注意しましょう。 肩や腰に手を回す

ベンチに座っているときや、歩いている時などに腰や肩に手を回す行動は嫌がられます。特に腰の場合はウエストにあたり、女性は体型に敏感です。

お腹や腰周りに手を回されると彼氏でもない男性の行動に不快感の蟻力神を覚え嫌がられるでしょう。肩に手を回す行動は、軽い男や慣れている男との印象を与えてしまう場合もありますのでやめましょう。

女性が好むスキンシップとは
頭を撫でる

女性が落ち込んでいるときには「元気出して」と頭を撫でたり、女性が頑張っているときには「頑張ったね」といったように一言添えて頭を軽くなでる事は好まれます。

お母さんが子供によしよしするような感覚と一緒で、女性も男性にほめられている感覚や気にされている感覚を持たせることができます。

あくまで軽く撫でると良いでょう。長時間なでてたり、頻繁に行動すると良い印象がしつこい印象に変わってしまう場合があります。 自動車や自転車から守る

一緒に歩いていて、自動車や自転車などが女性に近づいて危険な時に、そっと手をにぎったり腕をつかんだりして自分の方に引き寄せ、危険を回避したりしてあげるスキンシップには男性の優しさや男らしさを感じます。

言葉だけではなく、自然に行動できると良いでしょう。一番は、無言で引き寄せるとクールなスキンシップになることでしょう。 ハイタッチ

スポーツや一緒に何かをやっている時に、女性とハイタッチや手を合わせるなどのスキンシップは一連の行動の中でも自然にできると思います。

お互いの喜びを共に分かち合える瞬間ですし、二人で物事を達成したような感じのスキンシップですので好まれるでしょう。

付き合う前のデートでの注意点

付き合う前に女性とデートをすると男性はついつい自分に好意があるのではないかと勘違いして、女性に対して彼氏のようなスキンシップをしてしまう場合があります。

ですが、女性からしてみたら彼氏でもない男性に体を触れさせる行為は、興味があったとしても嫌がったり敬遠してしまう場合がありますので注意しましょう。

自然なスキンシップに悩める読者へアドバイス

喜ぶ・守る・癒される・幸せにするなどといった女性とってメリットがあるようなスキンシップは好まれます。ですが、女性よりも男性にメリットがあるようなスキンシップのとり方は嫌がられるでしょうね。

彼氏になればできることもありますので、彼氏になる前は控えた方がよいでしょう。

最後に

男性と女性の関係ですので、スキンシップ一つにしろ難しいですね。ですが、好意を抱く女性と気持ちの良い恋人になるためにお互いの信頼を深めていきましょう。

(photo by PresenPic)

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hjtjytkuy
読者になる
2014年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hjtjytkuy/index1_0.rdf