化が一気に促進された流れでもある。そして、すべては、Appleによる完

March 07 [Sat], 2015, 18:58
本日、2007年初代iPhone(GSM版)が米国で発売(2007年06月29日金。時差の関係で本日)されてから7年が経過した。日本市場ではGSM網がないため、翌2008年07月11日(金)の

iPhone3Gが時差の関係で最も早く世界で販売されてからも6年が経過しようとしている。
グッチ iPhone6 ケース
あれから7年、世界は大きく変わった。スタンダードだった日本のフィーチャーフォンは、独自のガラケー(ガラパゴス化携帯)と自虐的に呼ばれ、スマートフォンは「スマホ

」とまさにガラパゴス立国、独自の略称で呼ばれるようになった。電車の中の光景は、2007年以前(日本では2008年)は、人々の耳にはホワイトのイヤフォンがささり、iPod

を聞きながら、手には紙媒体を持っていた。雑誌や新聞や書籍だ。しかし、それ以降、人々の手には、「スマホ」へと移り変わり、手にはスマホを「視聴」しながら、ゲーム

やSNS、ニュース、LINEなどのメッセンジャーに興じている。リアルな社会に顕在していながらも、心の関心は常に、クラウドにある側の「ソーシャル」に紐付いている。

もはや、バッテリーの関係で音楽さえも聞かずに、イヤフォンを使わないで画面を黙読する人の方が増えたくらいにも感じる。さらに、「歩きスマホ」の事故が多発し、「歩

きスマホ」を狙ったひったくりまでも登場している。

2007年の初代iPhoneや2008年のiPhone3Gでは、コピー&ペーストさえもできない機能であった。しかし、Wi-Fi網がないところでも、キャリアの通信網を使ってインターネット

アクセスできるところと、itunesで音楽を購買することしかできなかった購買行動が、無料アプリや有料アプリという、アプリケーション?ソフトウェアではない、スマホアプ

リという市場も誕生した。画期的だったのは、在庫を抱えず、パッケージも作らず、アップルがすべて流通を管理することによって、7割の売上がプログラマーへ振り込まれる

という仕組みだった。Appleが3割搾取する(笑)。個人でも会社でも関係なく、個人で何千万円も売り上げる人が誕生した変わりに、アプリケーション?ソフトウェアのデフレ

化が一気に促進された流れでもある。そして、すべては、Appleによる完全にコントロール化された社会構造のしくみが形成された。
シャネルiphone6 ケース
Adobeのソフトウェアでは、何十万円もするAdobeスイーツというパッケージビジネスが崩壊し、月額課金モデルへと変遷さざるをえなくなり、GoogleはAndroidという、ある程

度、自由度を委ねたプラットフォームの仕組みを作り上げ、かつてのAppleの宿敵であったMicroSoftの変わりへと変化した。

かつて、Googleの元CEOのエリック?シュミットがAppleの社外役員でいたことさえ、今となってはありえない事実のようにも見えてくる。IT産業は、右手で握手をしながら、左

手では、殴りあっている様相が常につきまとうのだ。ライバルであって、盟友であるという生態系なのである。

いよいよ、iPhone6の噂もよく散見されるようになってきた今日、この頃…。
ボクは、過去の発売日から推測すると、2014年の9月1412日(金)あたりが、一番濃厚な気がしている。ブルームバーグの報道によると、米アップル製品の製造を請け負う中国

の工場が7月にも新型アイフォーン(iPhone)の量産を始めるという。
6Plusケースルイヴィトン
「iPhone 6」との名が噂されている次期アイフォーンは、ディスプレイサイズが現行の4インチよりも大きい4.7インチのモデルと、さらに大きい5.5インチのモデルが準備され

ている。前者は9月頃に小売店に出荷される見込みで、後者も同様の時期の発売を目指し、生産体制を整えるという。

「iPhoneはクックCEOにとって最大の武器」
ブルームバーグによるとアイフォーンの新モデルは従来モデルに比べより薄く、丸みを帯びた形になる。サイズが大きくなる理由は、アイフォーンの売り上げ成長率を再び爆

発的なものにする必要に迫られているティム?クック最高経営者の今の状況にあるという。

すでに韓国サムスン電子や台湾HTC(宏達国際電子)が5.7インチのスマートフォンを市場投入しており、消費者は大きなディスプレイを求めるようになっている。とりわけ成

長著しい中国市場では、「アンドロイド(Android)」搭載端末の販売台数のうち、4割以上が5インチ超の端末になると予測されており、アップルもこうした大画面市場に参入

するという。
新品Chanel iphone6 ケース
また、アップルの売上高に占めるアイフォーンの割合は5割以上となっている。例えば、今年1〜3月期までの過去1年間におけるアイフォーンの売上高は962億2600万ドルで、同

じ期間の同社全売上高、1760億3500万ドルの55%を占めている。

この900億ドル超という売上高は、米オラクル、米ヤフー、米フェイスブック、米ツイッターの年間売上高を合わせた額よりも多く、アイフォーンは依然、クックCEOにとって

最大の武器だとブルームバーグは伝えている。

ただ、5.5インチのアイフォーンは小型モデルに比べ複雑な作りになっており、生産効率が低い。そのため量産に入るまでにアップルは問題を解決しなければならないとブルー

ムバーグは伝えている。
グッチ iPhone6 ケース
台湾の製造受託業者2社、工員数を大幅拡大
またこの報道と同じ日に、英フィナンシャル?タイムズや英ロイター通信などが、台湾の経済日報(Economic Daily News)の記事を引用し、アップルの中国工場が工員数を増

やすと報じた。

それによると、新型アイフォーンの製造を請け負うのは、台湾ホンハイ(鴻海精密工業)傘下のフォックスコン(富士康科技)と、台湾ペガトロン(和碩聯合科技)の2社。そ

れぞれの生産比率は70%と30%という。

フォックスコンは、新規に10万人以上の工員を雇い入れ、ペガトロンは中国工場で工員を30%増やす計画。フィナンシャル?タイムズによると、フォックスコンの2012年におけ

る中国工員数は120万人だった。同社は世界最大の電子機器製造受託業者で、アップル製品の主要サプライヤー。それでも10万人という数は同社が中国で一度に新規雇用する規

模として最大だという。
iphone6ケース
中国市場の旺盛な需要でアップルからの受注が回復
また、ペガトロンの現在の工員数は10万人なので、同社は新たに約3万人を雇い入れることになる。いずれにしても、こうした規模の人員増強はアップルが新型アイフォーンに

高い需要があると見ていることを示している。

今年1〜3月期のアイフォーンの販売台数は4372万台で、1年前に比べて17%増加した。フォックスコンは昨年初め、アイフォーン5の生産量が減ったことを理由に工員の新規採

用を凍結した。だが、ここ最近は中国市場の旺盛な需要に支えられ、アップルからの受注が回復しているとフィナンシャル?タイムズは伝えている。WWDC 2014は、大好評のう

ちに幕を閉じた。ソフトウェアの発表に終始し、新しいハードウェア、デバイスの発表がなかったことに肩すかしを食らった人も多かったようだが、僕は最初からハードの新

製品はない、と踏んでいた。

今回の発表でさらに明らかになったが、Appleは基本的にiOSを先行して開発し、そこで得たフィードバックをMac OS Xに取り入れるという開発プロトコルを採用している。も

ともとMac OS Xから派生して生まれたiOSだが、いまや文字通り「老いては子に従え」の格言のように、iOSが有用性を実証した機能がMac OS Xにもうまく融合され、シームレ

ス化が進んでいる。
ルイヴィトンiPhone6ケース
MicrosoftもGoogleもOSを有し、それぞれモバイル用とデスクトップ用を開発し続けているわけだが、なぜか彼らにはAppleのようなプロトコルが明確に存在していない。Apple

の最大のライバルであるGoogleにしてもモバイルOSはAndroid、デスクトップやそれ以外にはChromeをベースとしており、一貫性がない。(GoogleがデュアルOS戦略を採ってい

るのは、本当はWebOSであるChromeで統一したいが、Androidが思いのほか速く普及に成功したために引っ込みがつかないためだと思う)
Appleだけが、モバイルOSとデスクトップOSの間にある差異を埋めつつも、現実の使い勝手や利用状況に合わせて程よい進化を遂げるすべを理解しているのが現状だ。

OSに関しては、Androidの成長を評価する人も多いことは分かっているが、僕は常にデスクトップOSとモバイルOSの関係性にもっと眼を向けるべきだと思う。Androidについて

いえば、いつか必ずChromeとの間の存在意義の矛盾が露呈して問題化するだろう。どちらかのOSを捨てなくてはならない状況にGoogleは直面するはずだ。それはそう遠くない

未来だと考えている。
Microsoftも同じだ。Window8を僕は全く評価しないが、それはモバイルで成功していないのに、モバイルOSぽいUIをいきなりデスクトップに持ち込むからだ。
iphone6ケース
その意味で、iOSとMac OS Xにおける整合性と、その進め方の巧みさがAppleの現在の最大の資産であると思う。
この秋にiPhone6が複数画面サイズで発表されるという噂が流れており、多くのAppleウォッチャーを不安にさせているが(ジョブズが生きていたら絶対に採らない戦略だから

だが、既にiPadで同じことをやっているクック陣営だけに、おそらくほんとにやってしまうだろう??)、ハードウェアにおける”確信”と”革新”は、ジョブズ時代と比較し

て相当に揺らいでしまっているものの、ソフトウェアにおけるそれは、いまのところ相当にうまく舵取りが進められているようだ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:setese
読者になる
2015年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hjsewset/index1_0.rdf