横やんだけど修(おさむ)

March 07 [Mon], 2016, 16:34
高校進学の際に衛生看護科を選ぶと、他の方法よりも早く、国家試験の受験資格を与えられるので、看護師の資格を得るのが、一番早いでしょう。ただし、途中で看護師以外の職業に就きたくなっても変えることは難しいです。さらに、最短5年で試験の受験資格を得られるのですが、短い準備期間のために試験に向けた勉強や実習が不足するために合格が困難という側面もあります。看護師の夜勤は、16時間などの長時間勤務となっていて、仮眠を勤務時間中にとることができるのです。月に8回までと国の指針によって決められていますが、その範囲に収めることが困難な場合が増えています。働いている病院の勤務形態によっては、規則的な生活ができなくなったり、疲れて体調を崩す人が多いのも、看護師が高い割合で離職していく理由の一つかもしれません。看護士だと、求人はたくさんありますが、希望に見合う条件の求人がある訳ではありません。看護師の資格を持っている方で就職できればいいと思っている方は多くないでしょう。なるべく給料が高くて、職場環境が良く、夜勤がない場所で働きたいと思う方が多いです。求める条件に合う転職先で働くためには、情報収集が重要です。全国において、看護師の年収は平均すると、437万円ほどです。しかし、国立や私立や県立等の公立病院で働く看護師は、公務員としての勤務であるので、年収は平均すると、593万円くらいになります。公務員看護師は給料の上昇する率も民間の病院より高く、福利厚生の点でも充実しているのです。準看護師の場合であると、看護師に比べて、平均年収が70万円程度低くなります。看護師の勤務状態は、異業種と比較してかなり特殊であり、その上に職場によっても異なってきます。職場では一般的に、2交代、もしくは、3交代のシフト制になっているという勤務先も多いものです。2交代制が3割、3交代制が7割となっていて、3交代制を導入している病院が多いのです。でも、2交代制の方が休みが増えるので、2交代制の方がいいと考える看護師も多いことでしょう。看護師の資格を手にするには、何通りかの道があります。看護師免許を取るためには、国家試験を受ける必要がありますが、突然、試験を受けることは認められていません。試験を受けるためには看護専門学校(3年間)、看護系の短大(3年間)、看護系の大学のいずれかに通い、看護を学ぶ必要があるのです。世の中の高齢化が進んで、福祉施設であっても看護師のニーズは増加傾向にあるのです。それだけでなく、大きな会社になると医務室等にも看護師がいて、ストレスといった精神面のケア、もしくは、健康診断や健康面での相談を実施しております。このような事例の場合は、社員としてその会社に入社することもありうるでしょう。看護師が転職をするにあたっては、未来のことを考えて早めに行動を起こすことが大切です。また、どんな点を重視するのかを決めておいた方が成功しやすいでしょう。将来どうなりたいかをきっちりと考え、その希望に合った転職先の情報をちょっとずつ集めてください。年収はもちろん、職場環境、勤務形態など、自分にとって大事な条件もピックアップしておきましょう。看護師国家試験に受かるよりも、むしろ、看護学校を卒業することの方が困難という人も多いです。看護学校は大変厳しく、レポートを出すのが少しでも遅れたり、試験に落ちるなどのちょっとしたことで留年させられるそうです。それほどに厳しい学校を卒業し、国家試験も見事に合格した方には、ぜひ看護師として、現場に出て欲しいですね。産業看護師は、そこで働く人の健康が保てるように保健について指導したり、メンタルケアもして、うつ病の防止に努めます。産業看護師の場合は求人が一般に公開されていないため、ハローワークで見つけようとするのは無理かもしれません。興味を持たれた方は看護師転職サイトを活用してください。そういうサイトなら、産業看護師の募集もたくさん掲載されています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:結
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hjls0nono1ii6f/index1_0.rdf