心臓病・腎臓病の方のご利用はお控えになってください

October 30 [Thu], 2014, 15:37
一昔前までは抗生物質といえば β−ラクタム系抗生物質で20世紀における偉大な発見とされるペニシリンが主流でしたが、最近は、静菌的の抗菌性のテトラサイクリン系抗生物質であるミノサイクリンが主成分の新薬ミノマイシン(ミノシン)や殺菌的な抗菌性のニューキノロン系合成抗菌薬のレボフロキサシンが主成分の第一三共製薬の新薬クラビットが一般的になっています。
また、クラビットやクラビットジェネリックの主成分であるレボフロキサシンは勃動力三體牛鞭副作用がかなり少ない医薬品としても人気ですが、妊婦の方や小さいお子様や高齢の方・てんかん・心臓病・腎臓病の方のご利用はお控えになってください。また、他の医薬品の注意書きと同様に発疹がでたり下痢が続くときは医師に相談してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dwくぇだ
読者になる
2014年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hjkkjlo/index1_0.rdf