照りつける紫外線や汗・皮脂に悩まされる

August 07 [Mon], 2017, 0:09
モードはフランスが誇る一級の文化。
この展覧会を見れば、誰もがそんな印象を抱くに違いない。
エムシーエムiphone7ケース
7月5日からパリの芸術装飾美術館(Musee des Arts Decoratifs)で開催されている「CHRISTIAN DIOR, COUTURIER DU REVE (クリスチャン・ディオール 夢のクチュリエ)」が、とにかくすごい。
ルーブル美術館に隣接する、というよりも、かつてのルーブル宮の一部を占める芸術装飾美術館ではこれまでにも高級服飾、宝飾ブランドの展覧会が華々しく繰り広げられてきたが、今回は異例の規模。
マイケルコースiphone7ケース3000平米もの空間を使って、今年で70周年を祝うブランドの大回顧展が繰り広げられている。
オートクチュールといえば、一般の人々にとっては画像で目にすることはあっても実物を間近にする機会はほとんどないが、この展覧会ではそんな貴重な作品が300点以上。
Michael Kors iphone7ケースさらに靴、帽子、バッグ、アクセサリー、香水まで、70年間にわたるクリエーションが一堂に展示されている。またクリスチャン・ディオールの生い立ちからメゾンの創設、そして52歳で急死した後を受け継いだイヴ・サンローラン、ジャンフランコ・フェレ、ジャン・ガリアーノら6人の歴代デザイナーによる作品も時代を映す写真とともに紹介されていて、さながら戦後から今日までのモード絵巻を見ているようだ。
エムシーエムiphone7ケース
ルーブル美術館とひと続きの芸術装飾美術館。赤いゲートの入り口まで長蛇の列
ルーブル美術館とひと続きの芸術装飾美術館。
赤いゲートの入り口まで長蛇の列
展覧会の入り口への階段
展覧会の入り口への階段
アトリエのクリスチャン・ディオール
アトリエのクリスチャン・ディオール
会場ではまずクリスチャン・ディオールの写真に迎えられる。
アトリエで竹の鞭を手にした姿。
エルメス iphone7ケースこの鞭がオーケストラの指揮棒さながら、試着の時に修正する箇所を指し示していたのだという。
クリスチャン・ディオールが自身のブランドを立ち上げたのは42歳の時。
グッチiPhone8ケース遅咲きの天才と言えるかもしれない。
彼の前半生を少し…
1905年、英仏海峡に面したグランヴィルという町の裕福な家庭に彼は生まれた。
ルイヴィトンiphone7ケース「クリスチャン・ディオール博物館」として現在一般公開されている生家は海を臨む高台にある瀟洒なヴィラ。そこで美しいものに囲まれて育った。
エムシーエムiphone7ケース
外交官になることを期待されていったんはパリのエリート校に進むが、結局は美術画廊を開き、サルバドール・ダリやジャコメッティなど、その時代のコンテンポラリーアートを扱い、アーティストたちとの親交も深かった。実家の破産、そして世界恐慌のあおりを受けて画廊は閉鎖を余儀なくされ、その後はもともと素養があったファッションデッサンをクチュールメゾンや雑誌に寄せた。
Hermesエルメスiphone6ケース第二次世界大戦が勃発すると1年間従軍。またレジスタンスだった妹がゲシュタポによって投獄されるなど苦難の時を経て、終戦の後「繊維王」マルセル・ブサックの引き立てで、自身のブランドを立ち上げることになる。
iPhone7ケース香水風
その最初のコレクションが1947年2月に発表された。
NEW LOOKと呼ばれ旋風を巻き起こした1947年の初コレクション作品
NEW LOOKと呼ばれ旋風を巻き起こした1947年の初コレクション作品
胸の膨らみ、キュッとひきしまったウエストという女性らしいラインを強調し、そこから花冠のように豊かに広がるスカート。
グッチiPhone8ケース1着の服に使える布の量が制限された戦中の意識がまだ抜けない時代、これは画期的なものだった。アメリカのファッション誌『ハーパスバザー』の編集長が感動とともに「NEW LOOK」と表現し、ファッション史のアイコン的存在となった作品は、展覧会の両翼をつなぐ位置に象徴的に展示されている。
マイケルコースiphone7ケース
 フランスの王朝が栄華を極めた18世紀の美の系譜を受け継ぎ、時代の最先端をいったディオールのクリエーションは、時のセレブリティたちを虜にしてきた。そんな歴史を彩るドレスの数々は、今なお新鮮で、少しも輝きを失っていない。
シャネルiphone7ケース
ディオール作品をまとった英国マーガレット王女。1951年セシル・ビートン撮影
ディオール作品をまとった英国マーガレット王女。
マイケルコースiphone7ケース1951年セシル・ビートン撮影
ヴェルサイユ「トリアノン」の趣のエリア。中央の金糸刺繍のドレスは1953年作品
ヴェルサイユ「トリアノン」の趣のエリア。
マイケルコースiphone7ケースカバー激安中央の金糸刺繍のドレスは1953年作品
スワロフスキーのクリスタルを使った1952年作品。奥はジャン・ガリアーノ作品
スワロフスキーのクリスタルを使った1952年作品。
エムシーエムiphone7ケース奥はジャン・ガリアーノ作品
めくるめくようなオートクチュールドレスの数々ははため息が出るほど素晴らしい。ガラスに顔がつきそうなくらいかぶりつきで
「私は何と言ってもこれが好き」「マニフィーク!」
と、そんな声が至るところで聞かれる。

 この展覧会ではセノグラフィー、つまり展示方法や会場の設営もアーティスティックで、コーナーごとにハッとさせられる。歩をすすめるにつれてどんどんボルテージが上がってゆく展開は贅沢この上ない。
マイケルコースiphone7ケースカバー激安
色をテーマに服、小物諸々をパノラマのように並べたしたコーナー
色をテーマに服、小物諸々をパノラマのように並べたしたコーナー
表紙を飾った雑誌が壁一面に
表紙を飾った雑誌が壁一面に
様々なラインを創造してきた「ディオールスタイル」。光のラインが明滅しながら踊る
様々なラインを創造してきた「ディオールスタイル」。
ルイ・ヴィトン / LV 携帯ケース光のラインが明滅しながら踊る
幸福な幼少期の生家の記憶に重なり、彼のクリエーションの源となった「庭園」をテーマにしたコーナーでは、
花は女性の次に素晴らしい創造物

また、白いカテドラルの中にいるような、敬虔な気持ちを誘う「アトリエ」のコーナーでは
真のリュクスには、真の素材と真の手仕事が不可欠だ

など、彼の象徴的な言葉が掲げられているのも印象深い。
「庭園」空間では、植物をかたどった切り絵細工の装飾も見事
「庭園」空間では、植物をかたどった切り絵細工の装飾も見事
オーガンジーに5月の草花を刺繍したドレス。
ルイヴィトンiphone7ケース(1953)
オーガンジーに5月の草花を刺繍したドレス。(1953)
「オペラブッファ(喜歌劇)」という名のドレスは後ろ姿が花そのもの。
グッチ ベルト(1956)
「オペラブッファ(喜歌劇)」という名のドレスは後ろ姿が花そのもの。(1956)
「アトリエ」空間は白の静謐な世界
「アトリエ」空間は白の静謐な世界●使い方
 じか塗りせず、一度指に取ってから「ぼかし塗り」がポイント。
エルメス iphone8ケース上下の唇の中央にのせ、中央から口角へ指でぼかすようになじませると立体的に仕上がります。輪郭を強調するような塗り方は古い印象になるのでNG。
エルメス iphone7ケース色味は「30代女子の鉄板カラー」コーラル系がおすすめです。

まだまだある。
ベルト メンズ 人気 ブランド夏に重宝するプロおすすめアイテム&テクニック
●3.スプレーやパウダータイプの日焼け止め

 汗ばむ季節は日焼け止めの塗り直しが不快ですよね。スプレータイプの日焼け止めなら手軽でおすすめです。
マイケルコースiphone7ケースカバー激安

 メイク直しのときも、UVカット効果のあるパウダーが便利。上から重ねるだけで、日焼け止め効果を補強できます。
iPhone7ケース シャネル風

おすすめアイテム

●4.鎖骨にひとはけで「痩せ見え」できるハイライト

 デコルテの開いたトップスを着るときのおすすめワザ。パール入りのハイライトパウダーを鎖骨の上をなぞるようにのせると、鎖骨が強調されてきゃしゃに見えます。
シャネルiphone7ケース

 照りつける紫外線や汗・皮脂に悩まされる夏ですが、こうした便利なアイテムを使えば、夏のメイクのストレスが軽減できますよ。ぜひ試してみてくださいね。
シャネル iphone7ケース

聞き手・文/中島夕子 撮影/稲垣純也
フィナーレは劇場のよう。スクリーンにはディオールをまとったセレブリティの姿が
フィナーレは劇場のよう。
シャネルiphone7ケーススクリーンにはディオールをまとったセレブリティの姿が
美術館の身廊いっぱいに展開する「ディオール舞踏会」
美術館の身廊いっぱいに展開する「ディオール舞踏会」
世界中の数多の女性の憧れを集めたようなこの展覧会。時間と体力に余裕のあるときに、思う存分夢の世界を満喫するつもりで訪れたい。
エルメス iphone8ケース
会期は2018年1月7日まで。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hjjyuy
読者になる
2017年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる