アリスイが前沢

January 12 [Tue], 2016, 15:56
インターネットで恋人を探すことも珍しくなくなっているようですね。


私の周りでも、友人がスピード結婚したのですが、相手と出会った馴れ初めを聞いてみるとネットの出会い系がキッカケになったと言っていました。
出会い系というと遊び目的の人が利用しているイメージがありましたが、二人は結婚を前提にした恋人を探していたらしく、付き合っている間も仲良しで、スムーズに結婚まですすんだことを教えてくれました。私から見ても旦那さんは優しくて素敵な人で、出会い系って思っていたのと全然違って遊びじゃなくて真剣な交際を期待できることを知って驚きました。



以前に比べれば勢いはないものの、モンストフィーバーの結果、SNSのmixiで恋人を見つけた人もいるようです。


日記などの情報によって互いの理解を深めることが可能で、同じ好みの人が集まるコミュで意気投合して、オフ会に参加し、お付き合いを始めるケースもあるでしょう。
けれども、とにかく異性との出会いを探している時は、mixiより出会い系サイトを使った方が恋人ができる確率が上がるかもしれません。



いかにも最近っぽいのですが、ブログが縁で出会って、そのうち結婚に至った人もいるようですが、逆にストーカーまがいの人に出会ってしまい、ブログを閉じたといった例が少なくありません。日常生活の細かいことを書いていくうちに、行動範囲や家までも知られてしまって、ストーキングされる場合もあります。


ブログは無防備にこちらの情報を晒すだけですから、出会い系のサイトを利用するほうが、プロフやメールで情報を小出しにできる分、安全です。



異業種交流会は性別を問わず人と交流する機会です。もちろん異性と会って親しくなるケースもあるようですが、大人しかったり気後れするタイプの人の場合、なかなか異性と盛り上がることはできないようです。


会場では幾つかのカップルもできているようですが、あとで聞くと「断った」なんて場合もあります。
勉強で行ってたまたま親しくなるならともかく、恋人を探そうと思ったら、出会い系サイトに登録したり、知人の紹介や合コンなどに頼るほうが現実的です。

ガラケーを使っていた時には、モバゲーをよく利用していました。でも、マナーの悪い出会い厨が嫌で、携帯を変えたのを機会に卒業しました。
男の人との出会いを求めるなら、もっと直接的に出会い系サイトなどを使いますし、出会いを求めてないところでしつこくされても、嫌な気持ちになります。

この先、SNSを使いたいと思ったら、性別を男性で登録しようと思っています。
会社の男性というとおじさんしかいないので、未来の彼氏探しでちょっと頑張って街コンに行きました。話が面白い男性もいましたが、イマイチな男性に連絡先を聞かれたりと、次回参加は有り得ないなと思いました。やはり期待できるのは、出会い系サイトかもしれませんね。先に登録した友人はメッセ殺到でいま選定中だと言うし、注意点や出会いの秘訣を聞いてみて、がんばろうと思います。



同じアルコールが入る場合でも合コンと違い、立ち飲みでの恋は、遊び的な出会いに終わることが多く、せいぜい2回目で「違うな」と気づいて終わるのだとか。


また、立ち飲みの店に妙に慣れていたりするのも、お付き合いする上で気になります。

多忙で出会いのチャンスがない人などは合コンの代わりに出会いサイトを利用していることも多く、きちんと付き合える恋人が欲しければ、アルコール抜きで知り合える出会い系サイトとかにした方が、ちゃんと恋愛に発展しそうな気がします。
ヨガ教室に通えばステキな女性が多いと聞きつけ、会社帰りに通いやすいヨガ教室に通いだしたのです。教室内で男性は私のみという環境で、話しかけてくれるのは先生だけです。そして、悲しいことに私の好みの女性はいませんでした。以前に出会い系サイトを利用した時の方が女性と出会えていましたから、入ったばかりですが、やめるつもりです。まだ若かった頃は、クラブで異性と出会うのも当たり前だったんですけど、最近では場違いな感じがして行く気がしません。

また、クラブがきっかけで出会い、きちんとしたお付き合いにはなりづらいので、無理に行く価値もないと思っています。彼氏をみつけるなら、出会い系アプリや出会い系サイトの方が真面目な男性に出会えるんじゃないでしょうか。

私は日常では接点のない理系の彼氏をみつけられたので、試す価値は充分にあったといえます。
職場で出会ったパターンでは、デートも楽しく、会話も弾んでる間はいいのですが、もうお互い嫌になってしまうと周りに気を遣ったり遣われたりします。
何の変化もない日々で周りには恋は諦めてるといいつつ、本心ではないときには、ネットで新しい出会いをみつける方が簡単かもしれません。異業種交流のような新鮮さがありますし、長く一緒にいられそうな、気の合う人を選ぶことができます。恋人探しや婚活のために出会い系サイトを利用する方も多いですよね。出会い系サイトを使う利点といえば、事前にメール等でやり取りし、親しくなれそうな人だけを選んで会うことが出来るので、会った時に盛り上がるということに尽きます。
会話を盛り上げるには相手への理解が重要ですから、あらかじめ相手の趣味や関心のあることを事前に調査しておけば、お互いの共通の話題や盛り上がる話もしやすくなるでしょう。

もちろん、サイト上でやり取りが終わってしまう場合もありますが、会うまで進展することを考えてやり取りも真剣な気持ちで行い、向こうの情報を多く知ってくと良いでしょう。出会い系サイトの利用者の中には簡単に本名や住所を相手に教えてしまう人が増加しています。

出会い系サイトといっても良心的なところだけとは限らないため、開示する情報は最低限にするべきです。特に危険なのは、身分証明書の扱いです。

迂闊に人目にさらすような危険は避けましょう。これらに共通する注意点としては、サイト上のやり取りだけで相手を信用しないことに尽きます。



相手に会ってみて信頼できるまで詳しい個人情報を迂闊に伝えるようなことはしないで下さい。



新たな出会いの為には何かしら新しい行動をしなきゃいけないと知りつつも、自分を変えるほどの一歩を踏み出すのは大変で、自己嫌悪になっても何も変わらず時間が過ぎていることもありますよね。
チャンスを掴みたいなら、最も的確にチャンスを掴めるのは出会い系サイトでしょう。
会社でも自宅でも利用することができますし、簡単に止めて元の生活に戻れます。

男性は手間と時間が少しかかりますが、大抵の女性は数多くのメッセージが寄せられるので、ぜひ新たな行動を起こしてみましょう。ネット社会と言われる今日では、ネットを介して知り合った男女のカップルも多いですよね。



それに、特に出会い系サイトはお互いの目的がハッキリしていますから、ここでの出会いがきっかけで結婚することも珍しくありません。

こうした出会いの場となっている出会い系サイトですが、利用の際には自衛を心がけておかないと詐欺などの犯罪に巻き込まれてしまうケースがあります。



出会い系サイトは出会いの場として有効な反面、個人情報流出や犯罪被害といった危険と隣り合わせであるということも理解して利用しましょう。
多くの方がご存知のように、出会い系サイトは出会いの場でもあると同時に、いくつかの注意点があります。

男性の場合、どれだけ課金しても出会えないサクラや、キャッシュバッカーとやり取りしてしまい時間のみならず、金銭的にも損失が出る可能性があります。
あるいは、恋人を見付けたいのに、浮気目的の既婚者に騙される可能性も有ります。出会い系サイトでは、慎重すぎるくらいに警戒して行動を選んでください。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Rinne
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hjishglineigfj/index1_0.rdf