すことで「後からピントを調整する」ことが可能になる

November 22 [Sun], 2015, 15:44

■商品名:ルイヴィトン iPhone6ケース iPhone6 plus革カバー バッグデザイン ストラップ付き 三つ折り畳み

■対応機種:iphone6、iphone6 plus、iphone5S/5

■カラー: 7色


 ルイヴィトンiphone6カバー


 米AppleのiPhone 6s/6s Plusの発売日が迫る中、早くも次期iPhone(“iPhone 7”?)に関するうわさがいくつも登場している。各国メディアの情報をまとめてみよう。
iPhone6ケースグッチ

【デュアルレンズを搭載?】

●ガラス製の極薄ボディーを採用?

 iPhone 7のボディーは、従来のアルミニウム合金製ではなくなる可能性がある。少なくとも非金属になるだろう――と、中国メディアのFENG.COMが「中国のサプライチェーン関係者の話」として伝えている。
iPhone6ケース シャネル風

 米テクノロジーメディアのWCCFtechによれば、Appleはガラスと金属を組み合わせる技術の特許を取っており、iPhone 7はガラス製のボディになるかもしれないという。Apple WatchとiPhone 6sは「7000シリーズ」と呼ばれる最新のアルミニウム合金を採用したばかりだが、それがまた変更されそうだとしている。
ルイヴィトンiPhone6ケース

 また、次期iPhoneはiPod touchのような極薄ボディ(厚さ6〜6.5ミリ程度)になるといううわさもある。

●デュアルレンズで「後からピント合わせ」が可能に?

 次期iPhoneは2基のレンズ(デュアルレンズ)を採用し、「撮影後のピント合わせ」が可能になるかもしれない。
グッチiPhone 6 ケース台湾メディアのBusiness We
頑丈、防水、そしてハッキング不可能なスマホ「チューリングフォン」
新しいiPhoneがアップルから発表されたが、人とは違った「個性的なスマートフォン」が欲しい人もいるだろう。
その男は銀色のブリーフケースを開き、白い手袋をはめ、白い布の包みを開け始めた。
iPhone6ケース香水風それはまるでマーヴェル映画の1シーン、悪役が世界征服について壮大な計画を明かす場面のようだ。仕立てられた青いスーツ、分厚いサングラス。
iPhone6ケース シャネル風きちんとセットされた髪、そしてマッドサイエンティスト特有の雰囲気──。

動画はこちらから(下の方)

彼こそが、Turing Robotics IndustriesのCEO 、SYLチャオである。
iPhone6ケース香水風

チャオが包みを開けると、そこにあるのは3色のスマートフォン、その名も「Turing Phone(チューリングホン)」が姿を現した。これまで見たこともないような、大きくがっしりとした、シャープなデザインだ。
手帳型 iphone5ケース

「すべての人がフォルクスワーゲンを運転したいわけではない。アストンマーチンやランボルギーニ、フェラーリを好む人もいるだろう。
iPhone6ケースグッチスマートフォンでいうと現在、ほとんどはフォルクスワーゲンだ」とチャオは言う。いま彼の手にあるスマートフォンは、いわばスーパーカーと言ってもいいだろう。
iPhone6ケースグッチ

チューリングホンは、Android 5.1を搭載した5.5インチのスマートフォンで、かつて誰も見たことのないような外観だ。鋭いカーヴ、マルチカラーのボディ、黒の模様が入った宇宙船のようなデザインで、1,000枚を超えるスケッチの結晶である(映画『インターステラー』に出てくる宇宙船「エンデュランス号」に特にインスピレーションを受けている)。
シャネルiphone6 ケース

頑丈、防水、そしてハッキング不可能なスマホ「チューリングフォン」
ラインナップは3機種だ。
チューリングホンは、Android 5.1を搭載した5.5インチのスマートフォンで、かつて誰も見たことのないような外観だ。
超人気iphoneケース鋭いカーヴ、マルチカラーのボディ、黒の模様が入った宇宙船のようなデザインで、1,000枚を超えるスケッチの結晶である(映画『インターステラー』に出てくる宇宙船「エンデュランス号」に特にインスピレーションを受けている)。

ラインナップの3機種は「Pharao(ファラオ)」「Cardinal(カーディナル)」「Beowulf(ベオウルフ)」。
iPhone6ケース シャネル風各機種は、それぞれ参照している原作などから色や質感のヒントを得ている。

エントリーモデルに内蔵されているのは、旧式のSnapdragonプロセッサーとたった16GBストレージの容量だ。
ルイヴィトンiPhone6プラスカバーバック、フロントにそれぞれ13Mピクセル/8Mピクセルモデルのカメラを搭載している。

USBポートもヘッドホン用のジャックもない。
iPhone6ケースグッチただひとつ、独自仕様のジャックを備えているだけである。

ソフトウェアは完璧に、そして全体にわたってカスタマイズされている。
iPhone6ケースヴィトン風チャオ氏がデモでお披露目したのは待受画面のみだったが、彼は最高傑作だと確信している。想定としているターゲットはデザイナーとよばれる人種や、この世の中に溢れている“黒い長方形”とはちょっと違うスマートフォンを求める人々だ。
ルイヴィトンiPhone6プラスカバーekly(商業週刊)が6月に現地サプライヤー企業の話として報じて以来、各国メディアでさまざまな予測がなされている。

 デュアルレンズは、2つのリアカメラによって被写体を3次元的にとらえ、ピントの位置を割り出す技術。
エルメスiPhone 6ケース写真データを3Dで残すことで「後からピントを調整する」ことが可能になる。

 中国Huaweiや台湾HTCなどがすでに自社スマートフォンに採用しているが、Appleは歩留まりの問題から採用を見送っていたという。
iphone6ケースサプライヤーの歩留まりが改善されれば2016年発売のiPhoneに搭載されるかもしれない――と、米ブログメディアのPhone Arenaは予測している。

 一方で、次期iPhoneは「1600万画素CMOSセンサーを搭載する」「iPhone 6sよりも1層多い6層レンズになる」といったうわさもあり、これらすべてを同時に実現すると大変なコストになりそうだ。
iPhone6sケース
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hjgft
読者になる
2015年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hjgft/index1_0.rdf