7月24日、地上波アナログテレビ放送終了時の正午に

March 02 [Fri], 2012, 11:35
7月24日、地上波アナログテレビ放送終了時の正午に。 3郡に加えて、福島県、宮城県、北東、東、テレビ番組では、すべての深刻な損傷岩手地震で地上デジタル放送(地デジ)に移行します。放送はもちろん、各国の地上デジタルテレビ視聴上のすべてを含むものの終わり近くに主要な動きが、徐々にテレビ、オーディオ、ビデオの製造·コンピュータとアプライアンスの店舗を関与することになります。売上データとニュース関連製品、地上波デジタル放送のステップバイステップの歴史を振り返って。 ●2004年に比べ約93倍低いのは、ピーク時のテレビ販売数、フラットスクリーンテレビ(テレビプラズマ液晶テレビ)は、デジタルチューナー、販売傾向を示していますパフォーマンスグラフ、。 BCNは、2004年10月に "1"薄型テレビの売上高は、インデックスが売上を伸ばしているかどうか、その後、収集し始めた。加えて、標準的なパネルデータを見て、長期の時系列データ(ストア)するため。 7月24日、アナログ放送、2001年の電波法改正、法の執行の終了期限であるラジオのスペクトルの情報や効果的な使用のデジタル化に対処するためである。 2003年の地上波デジタル放送に対応した首都圏、全国で初めてでその後TV、地上デジタル放送実験、と。しかし、2004年度の売上高までフラットな状態になります。地上デジタルテレビのサポートライン、販売が、2005年の後半から少し少なめによるより多くの拾いました。明確な価格が今年に言われた、人気のデジタルテレビ地の現実の壁は、 "10,000円"対策が、徐々に先回の終わりを購入する愛Dejimonoの考え方は、サポート製品でした。しかし、総務省の調査によると、2007年2月に、波の理解は93.9パーセントの家庭普及率のためにDTBを受信したアナログテレビ放送の地上を停止すると発表した、27.8パーセントはまだスプレッドは結果ではありませんでした馬跳び。今、それはの後半以降、薄型テレビの "優れた"売上高の成長として表現することができます。と運動量の生態学的なポイント、コンシューマエレクトロニクス製品の導入、2010年11月のインデックス、駆け??込み需要の祭りの半分は93.4記録された大きな成長を達成しました。ところで、地上デジタル受信機の世帯普及をサポートするために、2010年12月に実施した内政調査部門は、約95%に達しています。生態系のサイトは東日本、テレビ販売の単一分の小型モデルの地震の予想以上に低い影響も、今年のパフォーマンスの3月に完成されています。 ...
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hjfgbcxxz/index1_0.rdf