未来を切り拓く国際人権法

August 25 [Sat], 2012, 17:38
未来を切り拓く国際人権法歴史的に、過去現在未来を通じて日本を冷静に観察すると、日本は消えるという結オかでてきません。
1国際人権法とは何なのか戸塚悦朗国連人権理事会日本評ミ2009年戸塚悦朗国際人権法入門明石書店2忘却の旋律003年2国際人権法違反の人権侵害は、結局何をもたらすのか3世界人権宣言とは何かじんけんSCHOLA入門講座国際関係学の戸塚悦朗氏の講義を受けました。
後半、世界人権宣言の条文を読んで、班ごとトークをするワークをしました。
裁判所で判決が行われた結果に、整合性統一性はあるのか信頼できる判決が、下されるだろうか裁判の案件ごと、裁判長によって異なる判決が行われているのではないか案件が、国の枠内で処理され政治問題として転嫁される。
上級の裁判によって、国を跨いだところで結審を得ることはできないか国、政治の問題にしない、超越的な裁判解決方法はないだろうか貧しい国を救済するとき、お互いの価値観文化の違いを認めながら、人権に関する共感を分かつため言語文化の壁を乗り越えて、共有し合えるだろうか言語、社会の違いから、リテラシーの深度が同じであれば議烽ナきる。
他国間で、共通の価値観へたどり着くに、想像もできない年数と経験が必要になるのではないか条文という言葉、言語。
国と国が協議をする際、言葉の壁をどう乗り越えるのか他国の人権を保護するという事業を進める場合、言葉文化の違いをどのような方法で交流するのか以上の結唐ワえ、戸塚先生の講評が語られる。
高い評価を得られた、その理由は、ほとんど経験豊かな社会人であること。
戸塚先生の現場が大切であるという教えの通り、世界人権宣言の最初の壁を乗り越えているから。
参加者は、満たされた気持ちにさせられて、ワークを終えました。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hizpqtzxds
読者になる
2012年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hizpqtzxds/index1_0.rdf