【 更新情報 】

自分で出来るひざの痛み対策

ひざの痛みを感じたときに何らかの対策を行っているでしょうか?ひざの痛みの多くは加齢や生活習慣によって起こります。加齢によって起こる「変形性膝関節症」はひざの軟骨がすり減って起こるものですが、これも生活習慣が関係しているといわれています。

日本人は正座をする民族ですが、この正座もひざに大きな負担をかけているのです。ひざの痛みをどうにかしたいと対策を考えているのであれば、まずは生活習慣から改善したほうが良いでしょう。正座をやめて椅子の生活にし、トイレも和式ではなく様式に変えるなど、正座をしたりしゃがんだりしてひざに負担がかかるような暮らしを変えることが大切です。

足は第二の心臓といわれていますが、それまで元気だった人が歩けなくなってしまうと、急に寝たきりになってしまったりするものです。自分で出来るひざの痛み対策として、日頃から無理のない程度に自分でも運動をして、太ももの筋肉を鍛えることも大切です。運動もやり過ぎや禁物です。自分で出来るひざの痛み対策で筋肉を鍛えるために一番よいといわれているのは水中ウォーキングです。水中ならひざにも負担がかかりませんし、心臓の負担も少ないので、年配の方でも安心してできる運動といえます。

ただいたわってばかりいては現状維持なだけですので、ひざの痛み対策として適度に運動をして太ももの筋肉を鍛えていくことをおすすめします。

ひざの関節痛

ひざの痛みである関節痛は年齢を重ねるごとに出てきます。

中高年に多いのは「変形性膝関節症」です。変形性膝関節症は加齢とともに、ひざの軟骨がすり減ってきて炎症を起こすのです。変形性膝関節症の症状としては、歩く時のひざの痛みを感じる関節痛です。初期の症状としては歩き始めや朝起きた時に痛みを感じます。階段を降りる時に痛みを感じることもあります。足をまっすぐ伸ばすことができなくなってきたり正座がしにくくひざの関節痛を感じたら、変形性膝関節症を疑ってみたほうがよいでしょう。

変形性膝関節症の治療法としては、まず専門医での検査をしてから行います。レントゲン検査と内部の損傷を見極めるためのMRI検査を行い、ひざの関節痛の原因を特定します。多くは「保村療法」を行っていきます。これは普段の生活の中でひざの負担を減らしていくものです。病院からは痛み止めの飲み薬や湿布薬などが処方され、定期的な注射を打つ場合もあります。

患者側が行うこととしては、まず太り過ぎの場合は体重を減らしていきます。トイレが和式の場合は様式に変えるなど、生活習慣から変えていき、ひざに負担のない生活へ移行するようにしてひざの関節痛の原因となる要因を取り除くように意識しましょう。そして、関節を鍛えるよう指導されるので、自分で無理のない程度の運動をして関節を鍛えるようにしていきます。ひざに負担がかからずに鍛えられる方法としては、水中ウォーキングがよいでしょう。

ひざの痛みの原因

ひざの痛みは辛いですよね。ひざの痛みの原因とは何なのでしょうか!?

ひざの痛みに悩むのは女性のほうが多いようです。ひざの痛みを感じる人が男性より女性のほうが多い原因としては、O脚の人が多いということと、女性は男性と比べて筋力が弱いということが挙げられます。また、足は第二の心臓と言われていますから、ひざが痛くて歩けなくなると、一気に老け込んでしまうようなので注意したいところです。

では、ひざの痛みの原因は具体的にどういったものがあるのでしょうか?

ひとつは加齢です。年齢を重ねるごとにひざの軟骨がすり減って炎症を起こす「変形性膝関節症」によるひざの痛みが一番多いとされています。ひざの骨自体も変形していくので、年齢が上がってくると変形背関節症を起こしやすくなってきます。

もうひとつ、ひざの痛みの原因と挙げられるのが生活習慣です。立ち仕事をしたりしゃがんだりする動作はひざに負担をかけます。重いものをもつ動作もひざに負担がかかるのです。日本人なら誰でもする正座もひざに負担がかかります。また、もともと腰痛持ちの人はどうしても歩く時にひざを曲げて歩く傾向にありますから、ひざに負担がかかってしまいます。

肥満もひざの痛みの原因として挙げられています。ひざは自分の体重を支えてくれています。ひざが支えてくれるおかげで人間は2本足で立つことができるのです。ですから、体重が増えればひざにかかる負担も増えるということになります。体重が1キロ増えると、ひざへの負担は2キロから3キロになるといわれています。ひざが痛くて病院へ行くと痩せるように言われるのはそういうことがあるからなのです。
P R
  • seo