ひざの痛みの症状は人それぞれ

August 23 [Sun], 2009, 0:15
私の悩み、それは「ひざの痛み」です。

最初は、ひざに何となく違和感を感じる程度の
症状だったのですが、
この頃は確実に痛みを感じるようになりました。

特にスポーツをしているわけでもなく、
怪我をしたこともありません。
原因がわからないので、正直、戸惑っています。

症状としては、まず正座が出来ません。
ひざに力を入れると痛みが激しいので、
歩くときも痛みを感じる左足をかばうような感じで、
走ったり、しゃがんだりはほとんど出来ません。

畳に座ると、立ち上がる時のひざの痛みが辛いので、
もっぱらソファーに座ることも多くなりました。

本当は早めに病院に行った方がよいのかもしれませんが、
受診するのは整形外科?外科?形成外科?と
考えているうちに、調子が良くなることもあるのです。

何より、ひざの痛みの原因が、
運動不足や太りすぎだったら恥ずかしいので、
実は、自然と治るのを密かに期待していました。

ところが「ひざの痛み」について、
ネットで検索をしてみると、
同じような症状で悩んでいる方が多くいることに驚きました。

しかも、年齢、性別、病歴によって症状や原因が違うこと、
大変な病気の兆候であったりする可能性もあることを知り、
ひざの痛みをこのまま放置しておいてはいけないということを
思い知らされたのです。

まずは、私のひざの痛みの症状を出来るだけ詳しくまとめ、
ひざが痛む原因を知りたいと思っています。

日常生活にも支障をきたしてきた私のひざの痛み。
どこまで克服できるかブログに書き残していきたいと
思っています!

原因を知って、ひざの痛みを克服しよう!

August 23 [Sun], 2009, 0:25
ひざの痛みは本当につらいものがありますが、
その症状は人それぞれなんですね。

例えば、ひざの痛みのほかに、
だるさや違和感を感じる人がいます。

ひざの痛みを感じる時には、
むくみが出る人もいます。

症状が出る頻度もいろいろあります。

私の場合、最初の頃は半年に一度くらい、
2週間程度放置しておけば痛みがとれていましたが、
最近では、2〜3ヶ月に一度、一ヶ月程痛むようになり、
痛みの頻度や、期間が少しずつ変化してきました。

自分でも、だんだんひざの痛みの症状が重くなるのが
わかるので、ますます原因が気になってきたと
いうわけです。

ひざの痛みの症状が人によって違うということは、
その原因も様々ということになります。

一番原因がはっきりしているのは、
足やひざをよく使うスポーツの経験者ではないでしょうか。

ジョギングやランニング、マラソンなどは、
ひざに大きな負担をかけます。
運動不足の解消で始めたランニングで、
ひざを痛めてしまう人も多いそうです。

スポーツによってひざを痛めるのは、
大人だけではありません。
最近では、スポーツを始める年齢も低年齢化しているので、
子供が成長期にひざを痛めることも多く、
大人になってから、ひざの痛みの原因となることも
多いそうです。

私の場合、スポーツの経験はほとんどありません。
学校の体育の授業程度のものです。

でも、ひざの痛みを感じるようになった時期には、
心当たりがあります。
ちょうど産後すぐの頃からです。

体重が増加し、小さい子供を抱っこする行為が、
自分の予想以上に、ひざに負担をかけていたのです。

忙しい育児の合間に病院に行く手間を考えると、
ついつい先延ばしにしてしまっていたことが、
ひざの痛みがだんだん酷くなる原因になったのだと思います。

ひざの痛みに効果的な治療法

August 24 [Mon], 2009, 0:05
ひざの痛みには、様々な症状や原因があるので、
その治療法も人によって違うようです。

私も、思い切って整形外科を受診してみました。
小さい子供がいるので、家の近くの個人病院に行きました。

ひざの痛みの症状や、原因と思われる内容を
先生に話し、レントゲンを取りましたが、
結果は異常なし。

レントゲンでは、骨の異常は見つからなかったとのことで、
特にこれといった治療法の説明もありませんでした。

でも、ひざの痛みはたとえ骨に異常がなくても、
靭帯や半月版など、ひざの骨以外の部分の疾患の可能性の
方が高いということで、
そのかわり、MRI施設のある総合病院を紹介され、
後日あらためて総合病院で検査をすることになったのです。

MRI検査の結果、
ひざの痛みの原因が「半月版損傷」であることが
わかりました。

半月版の一部に亀裂が入り、その部分がめくれて、
ひざの痛みの原因となっていたそうです。

先生によると、
最も適切な治療法は手術をすることだと言われました。
1週間くらいの入院が必要になるそうです。

そうは言っても子供はまだ小さいし、仕事もしているし、
たとえ1週間の入院といっても主婦にとっては一大事です。

とりあえず、急いで結論は出さなくてもよいとも言われたので、
手術という治療法は、一旦保留して帰宅したのです。

何か、自宅で出来る治療法はないものでしょうか?

幸い、一刻を争うような状態ではないとのことなので、
手術を保留する間、何か自宅で出来るような治療法や、
ひざの痛みを軽減させる治療の方法があるかもしれません。

手術をしても、ひざの痛みがとれなかったという人の話も
聞いたことがあるし、
まだまだ、いろいろ調べてみる価値がありそうです!

サプリメントで、ひざの痛みを緩和するコツ

August 25 [Tue], 2009, 0:45
ひざの痛みの原因、
私の場合は半月版の損傷であることがわかりました。

整形外科の先生には手術をすすめられましたが、
とりあえず保留ということになっています。

手術ができる環境になるまで、
ひざの痛みを少しでも和らげるため、
サプリメントを利用してみることにしました。

普段、サプリメントには全く興味がないのですが、
ひざの痛みに効果があると書かれたサプリが目に留まり、
物は試しと思って購入しました。

ひざの痛みに効果があるとされている某メーカーの
サプリメント。
主な成分はコンドロイチンとグルコサミンだそうです。

このコンドロイチンとグルコサミンは、
食品からも摂取することが出来るそうなのですが、
より効果的に手軽に摂取できるのが、
サプリメントの魅力ですね。

ひざの痛みだけでも辛いのに、
膝痛に効果がある食品を摂ることにも神経を使うのは、
ストレスになってしまいそうなので、
なまけものの私にはサプリメントの利用が
むいているような気がします。

また、サプリメントの場合、
医師の処方箋と違い、ドラッグストアなどで、
誰でも購入することができますよね。

ただサプリメントを飲んだからと言って、
すぐに症状に変化があるわけではなく、
時間はかかっても、毎日継続していくことが、
ひざの痛みを緩和する近道となるのそうです。

どうせ時間がかかるなら、
メーカーによっても、微妙に配合や成分が違うようなので、
この機会にいろいろ試してみたいと思っています。

スポーツ選手に学ぶ、膝痛の対処法

August 26 [Wed], 2009, 12:05
私の場合、ひざの痛みには波があります。

少しひざに違和感を感じたら要注意のサインなのですが、
ひざの痛みが強くなるきっかけがわかれば、
ひざが痛まない期間を長くすることができるかも
しれないと思い、毎日の生活を振り返ってみました。

まず試してみたのは、靴。
膝にとても負担がかかるパンプスは、
ひざの痛みを訴える人には大敵なのだそうです。

そこで、特にスポーツをするわけではありませんが、
ランニングやジョギングに使われるような靴を、
普段履く靴にしてみました。

サプリメント同様、即効性はないようですが、
足が疲れなくなったような気がするのと、
ひざの違和感を感じる機会も少なくなったと思います。

また、ひざの痛みを感じるようになる前に、
膝に違和感を感じるということに気がついたので、
ひざに違和感を感じたら、すぐにサポーターを使う
ようにしてみました。

サポーターにはいろいろな種類があるようですが、
スポーツ選手が使うような、しっかりしたタイプの
サポーターが私のお気に入りです。

夏場は、蒸れるのでメッシュタイプのサポーターも
欲しいなと思っているところです。

先日、サッカーの試合を見ていたら、
ひざを負傷した先週が、テーピングをしていました。
サポーターよりも、テーピングの方が
痛みを和らげたり、応急処置には適しているのでしょう。

しかし、ひざの痛みをしっかり和らげるテーピングは、
サポーターよりもコツがあるそうです。
きちんとテーピングが出来ないと、
テーピングしていないのと同じそうなので、
素人には難しいようです。

ひざの痛みを抱えるスポーツ選手は多いようなので、
スポーツ選手が、どうやってひざの痛みを和らげて
いるのかを知ることで、ひざの痛みを緩和できるコツを
つかむことができるかもしれませんね。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hizanoitami02
読者になる
私の悩みは、「ひざの痛み」

ひざの痛みに効果があるもの、
コツコツと情報を集めています。

hizanoitami02さんに
メールを送る
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
P R