膝下のブツブツを治したい カミソリ負けにシルキークイーンが効果

April 02 [Sat], 2016, 4:53
膝やふくらはぎにブツブツが出来て目立つので
スカートが履けないとか、レギンスで隠している人は
言えなくても多いかもしれません。




ずっと友達や彼氏に私はスカートが似合わないから・・
スカートだとヒラヒラして苦手・・・

すべてスカートを履けないための言い訳に過ぎないのなら
今年こそスカートを履けるように膝下に出来るブツブツを
治しちゃうことでオシャレも楽しめます!


ブツブツを早く治すには、ムダ毛を処理の方法を見直すことです。

理由として、膝下の肌は他の場所と比べて、皮膚が薄いので
カミソリで剃る時に毛に逆らって剃ったり、強く押し付けて
剃ることで目に見えない角質層に傷がつきます。

傷がつくことで雑菌に感染し、炎症を起こすことで
ブツブツになったり、毛穴が黒ずんで見えるようになり
肌の色が白いと特に目立ちます。


カミソリで膝下のムダ毛を処理するには、皮膚が乾いた状態のときに
シェービンククリームなどをつけて、力を入れずに毛の流れに沿って
1回で剃ると皮膚に負担がかかりにくくなります。

ここからが大切なのですが、ムダ毛処理したあとは
ボディーローションかクリームを塗って肌に潤いを与えると
肌がキレイになっていきます。

ただ、女の子の肌は、生理や調子によって変化するので
保湿ケアがなかなか難しいんです。

しっかり、保湿ケアしているのにブツブツが出たりすると
なんて!?って正直思います。

そんな人に試してほしいのがシルキークイーンです。


シルキークイーンは、膝下の黒ずみやブツブツケア専用に
作られた薬用ミルクで、天然成分しか使っていなくて
しかも低刺激なので敏感肌の人でも大丈夫です。

炎症を抑えてくれたり、角質をケアしてくれる無添加成分が
カミソリで負担がかかった肌をケアしてくれるので
ブツブツや毛穴の黒ずみを解消してくれるし、予防効果にもなります。

使い方も簡単でムダ毛処理後の肌に塗ってもいいし
朝のお出かけ前に保湿ローションとして使ってもいいです。

でも使ってみて効果がなかったらどうしよう?
と不安になる方もいると思います。


シルキークイーンは使ってみてお肌に合わなければ
購入代金を全額返してくれるので、気軽に試せるし
むしろ、使わないと損かもしれません。

膝下のブツブツで長年悩んでいる人ほど
試して欲しい商品です。

キレイな脚になると素足でもスカートが履けますので
自分に自信もつくし、ファッションの幅も広がるから
お出かけするのが楽しくなっちゃいますね♪

シルキークイーンが気になった方は、
近所の薬局やドラックストアには販売していないので
下記のバナーをクリックして詳細をご覧ください。

↓ ↓ ↓










膝下の皮膚に負担がかかりにくくカミソリで剃る方法

April 02 [Sat], 2016, 4:51
カミソリで剃るときに、膝下の皮膚に負担が
かかりにくくする方法ですが

@肌が乾いた状態で剃る

Aクリームをつけて剃る

B毛の流れに沿って剃る

C処理する間隔を1週間以上あける

いかがですか?
意外と思ったのが、剃る肌が
乾いた状態でないといけないことです。

多いのがお風呂に入ってお湯で温めて
肌の表面をキレイに洗ったあとで剃っている
方がおおいかもしれません。

入浴時には、肌の角質がふやけて
はがれやすくなっているので、その状態で剃ると
必要な角質までこすって取ってしまいます。

膝下の皮膚の厚さは、他の場所と違って
とても薄いのでカミソリの処理方法を間違えると
皮膚への負担が大きくなります。

気をつけてムダ毛を処理しましょう。


カミソリで膝下のムダ毛を剃ると毛が太くなる!?

April 02 [Sat], 2016, 4:50
膝下の皮膚は他の皮膚と違って薄いので
普通にカミソリで剃るだけでも皮膚に負担がかかり
赤くなったり、ブツブツが出来たりします。

一度できるとなかなか治らないし
ムダ毛処理をする度に出来るので、何とかならないの〜?
って思います。

カミソリで剃った後は、ほとんどの人が
保湿ローションやクリームを塗って肌の保湿に
気を付けているのに肌トラブルになる理由なんでしょう?

カミソリの剃り方ひとつで皮膚の負担が少なくなり
ブツブツや赤くなるのを防げます。

カミソリで剃ると毛が太くなるって聞いたことがありますが
実際はそんなことはなく、濃く見えるからですので
カミソリで剃ることが悪いことではありません。

肌の負担がかかりにくいのがカミソリで剃る方法ですが
強く押し付けて剃ったり、何度も同じところを剃ると
皮膚に負担がかかり、傷がつくことでブツブツや赤くなります。

気を付けて剃るようにしょうましょうね。