膝痛であぐらがかけない!痛みを取る方法は

March 21 [Sat], 2015, 15:15
膝痛があってあぐらがかけない・・・

あぐらをかいていると膝の内側に痛みが起きて

すぐに立ち上がらない・・・



と膝の痛みにお悩みの方の原因は、

変形性膝関節症の場合が多いです。



膝の関節は太ももの骨とすねの骨の先端は、

軟骨に覆われています。



この軟骨は衝撃を吸収して分散させる

クッションの役割があるのです。



この軟骨は加齢などが原因ですり減ってしまいます。



変形性膝関節症は治療法は痛みの度合いによって

運動療法、薬物療法、肥満解消、手術があります。


症状が初期の方は、ウォーキング等の運動療法を行い

脚に筋力をつけることで症状が良くなっていきます。



肥満の方は体重を減らして膝への負担を減らすことで、

膝痛を解消させることができます。



運動療法や肥満を解消しても

膝痛がある場合は、薬物療法や手術を検討する必要があります。



膝のこわばりや違和感を覚えて膝痛があると、

体を動かさなくなります。


体重が増えたり、脚の筋力が落ちてくると

慢性的な膝痛になります。


そのために痛みが増してきて悪循環となります。

このように膝痛をほうっておくと介護が必要になったり、

寝たきりになる恐れがあります。




そのために膝の痛みの前兆があったり、

動きはじめにに痛む場合は、

日常生活を改善したり、

ウォーキングなどの運動などを行うといいです。


膝痛対策をすることで

症状が良くなる場合がほとんどです。


しかし脚が不自由なために、

積極的に運動できないという高齢者の方もいらっしゃいます。



【医療業界も注目の健康ストレッチマシーン】



そこでおすすめなのが、

医療業界も注目の健康ストレッチマシーン「健康ゆすり」です。



脚を小刻みに動かす「貧乏ゆすり」が

動かすことで膝の軟骨に栄養が行き、

傷んだ軟骨を修復する効果があるのです。



これは、NHKのためしてガッテンでも

貧乏揺すりについて特集をしていました。


医療機関でもこの貧乏揺すり(ジグリング)を

治療の一環として取り入れています。



この健康ストレッチマシーン「健康ゆすり」は

椅子に腰掛けて脚を乗せるだけで

脚を小刻みに動かしてくれます。



膝関節に力を加えないで動かすだけで

軟骨が再生されて膝痛から解消された方もいます。




脚を小刻みに動かすことで、足のむくみが取れて

脚が細くなった、手足の冷えが改善された等という口コミもあります。



健康ゆすりは今期間限定で

グルコサミンをプレゼントでもらえます。



この健康ストレッチマシーンの健康ゆすりは、

公式サイトで詳細を御覧下さい。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

医療業界も注目の今話題の健康法!