『ハートの国のアリス 〜The Scent of Roses〜』 感想

May 05 [Mon], 2014, 17:05

Quin Rose 社の大ヒットゲーム 『ハートの国のアリス』 をご存知でしょうか?

いわゆる “乙女ゲー(好みの男性キャラクターと主人公を恋愛関係にもっていく)” の作品ですが、シュールかつ裏を読まないと真相がわからない内容となっており、“乙女ゲー” 苦手な方からも支持を得ています。

私自身はゲームそのものを持っていないため、スーパーマリオとかですら友達の家で遊んだことしかないのですが、“乙女ゲー” 好きな友達に言わせれば、

「これは乙女ゲーとは言えない・・・普通は主人公の女の子の名前は変えられるようになっているけれど、変えずに “アリス” のままで楽しみたい・・・つまり “ノベルゲーム” ?」

・・・ということらしいです(笑)



その友達から、

「すごいゲームがあった。 選択肢間違えてハートの兵士に捕まって、ハートの女王に 『首をはねておしまい』 と言われてんけど・・・その瞬間画面いっぱいに床の映像が写って、音とともに血が飛び散って・・・」

・・・と聞いて、 「なんじゃそりゃ!!!???」 と興味を持ったのが、私がこの作品にハマるキッカケでした(ノ∀`)

もともと 『不思議の国のアリス(著:ルイス・キャロル)』 自体が嫌いだったのですが、(よくわからない内容なうえ、夢でしたーな展開なので・・・それだけ?としか思えなかったのです)この作品にハマってからは 「新解釈」 としてそちらもそこまで嫌いじゃなくなりましたね。

つまり、世界観がすごく気に入ったためにもう何年もマイ・ブームが続いているのですが、ゲームは買わない・やらないため、ネットでのネタバレ感想・漫画・小説・映画が知識の基礎となります。

・・・というわけで、 小説の感想だけでなく 『ハートの国のアリス』 シリーズの世界観そのもののネタバレを含みながら 感想を書いていきますので、そのことを前提に次へお進みください・・・!

Episode 0 『魔性の子』 感想・後編 〜 “十二国” 側から見たら・総評 〜

May 05 [Mon], 2014, 16:20



Episode 0 『魔性の子』 感想・中編 〜“こちら”側から見たら〜  の、続きとなります。



以下、感想です。

(※ 思いっきりネタバレしております。未読で気にされる方はお気を付けください。)



『鬼灯の冷徹 壱』 感想 〜ハマって2年目〜

April 29 [Tue], 2014, 22:02



ハマって2年、今年はアニメ化もし…絶好調な 『鬼灯の冷徹 (著: 江口 夏実)』

せっかくブログを始めたので、感想を書いていきたいと思いますヽ(*´∀`)ノ



壱 巻 のラインナップは…

第1話  鬼VS.宿敵 地獄第一番

第2話  シロ、日々勉強

第3話  地獄不思議発見

第4話  白澤

第5話  いかにして彼らの確執は生まれたか

第6話  鬼とパンツとカニ

巻末おまけ漫画  地獄の沙汰とあれやこれ  


以下、感想です。

(※ 思いっきりネタバレしております。未読で気にされる方はお気を付けください。)

Episode 0 『魔性の子』 感想・中編 〜 “こちら” 側から見たら 〜

April 29 [Tue], 2014, 16:01



Episode 0 『魔性の子』 感想・前編 〜世界観の紹介〜  の、続きとなります。



以下、感想です。

(※ 思いっきりネタバレしております。未読で気にされる方はお気を付けください。)


Episode 0 『魔性の子』 感想・前編 〜世界観の紹介〜

April 27 [Sun], 2014, 22:04




『十二国記(著:小野 不由美)』 を、ご存知でしょうか?


アニメ化(NHK)もされたことのあるこの作品、ファンも多いにも関わらず、ここ10年余りは沈黙を貫いておりました。

それがようやく待望の新刊を発売!

それに伴い、新潮文庫からシリーズを最初から最後まで一貫して刊行することになりました。

その1冊目がこちら 『魔性の子』



感想の前に、知らない方のために『十二国記』そのものの説明を…


『十二国記』とは、いわゆる中華風の“異世界ファンタジー”です。

十二の国に十二の王とそれに従う麒麟、その十二の国が環のように形成されている中央に創世の神々が司る土地(島)があり、ここで麒麟が生まれ育ち成長後に王を選ぶ、というシステムのもと成り立つ世界。

麒麟という神獣に「王たるにふさわしい資質を備えている」として選ばれた王は不老不死となり、
その王が任命する官吏も同じく不老不死となる(仙人となる)ため、理屈的には “神にも認められた永久不滅の王朝が出来上がる” わけですが、
そこはそれ、もともとは人であるのですからそう上手くはいきません。


人は良くも悪くも変わるもの。

最初は良くとも、道を踏み外すことも多いのです。

一度道を踏み外せばその王を選んだ麒麟が病気に罹り、道を正さなければ死に至ります。

王として選んで不老不死にしたのは麒麟なのですから、その麒麟が死ぬということは選ばれた王の“寿命”が尽きることを意味します。

そうすると、また神々の司る土地に新しい麒麟が生まれ、新しい王が選ばれるわけです。


こちら “現代日本” はこの世界の存在を知りません。

しかし、あちら “十二の国で成り立つ世界” では、 “蓬莱” (中国は “崑崙” )として知られています。

間違ってその “十二の国で成り立つ世界” で生まれるはずだった人や麒麟が、トラブルが発生して日本人(あるいは中国人)として生まれることもあるのです。

そういった何も知らない “こちらに生まれた人” が王に選ばれることもあり、 “あちら” へ連れ戻されることから話が展開し出すのですが…





以下、感想です。

(※ 思いっきりネタバレしております。未読で気にされる方はお気を付けください。)


はじめましてのご挨拶

April 27 [Sun], 2014, 21:25
はじめまして、“ひなどり“と申します。

ふと思い立ってブログを作成いたしました!
(作成に至ったのは本日見た夢がきっかけですので、何かの啓示?なのかもしれません 笑)

日々徒然なるままに、“物語”(小説、映画、古典文学、音楽、ゲームストーリ etc.)の観点から記事を掲載していきたいと思います。

ふらっと立ち寄っていただいた方、コメントなどいただけると嬉しく思います (´▽`)
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ひなどり
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1990年
  • アイコン画像 趣味:
    ・読書-小説大好き♡
    ・手作業-細々したものを作ることが好き!
    ・音楽-カラオケ万歳♫
読者になる
2014年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる