シアワセタワーの夢を見る。

February 11 [Fri], 2011, 13:49
本公演、終了しています。

私はほとんど「外」からしか見てない今回。
みんな、いろんな挑戦をしてたなぁ、と振り返り。
舞台上やその他、見に来てくださった方々の
目に触れるところも触れないところも、
劇団員のいつも以上の頑張りがあったような。

特にサリング。
それから上田くん。

本当にお疲れ様でした。


今後の突劇金魚が何処に向かっていくかなんて、
今はまだ誰にも分からない。
でも、目指してるのは、たった一つ。

劇団にとってのシアワセタワー。
サリングにとっての、上田くんにとってのシアワセタワー。
伊藤くんや真見ちゃんもシアワセタワーを目指すはず。

でも、それが何処にあるのか、まだ、誰にも分からない。
私はここから見守るとしましょう。

我、想う

December 28 [Tue], 2010, 0:00

奈々ちゃんの、宇宙。
すーごく、いい空間でした。

美術から語られる物語が、ぜんぜん違う5つの作品で、
それぞれの作品から想いがあふれてて、そこに奈々ちゃんの想いが乗っかってて、
本当に、本当にいい空間でした。

奈々ちゃんは、いつもまっすぐで真摯で、かつパワフルで、
それはそれはめっちゃかっこいい。
自分の世界持ってて、それを美術に生かしてるくせに、
とてもとても謙虚なのですよ、いつも。
そこがいいんだけど。

そんな奈々ちゃんが、また金魚の作品に力を貸してくれます。
ありがとう、いつも。

ひとまず、お疲れさまでした、奈々ちゃん。
そしてまた、よろしく。

もうすぐ。

November 20 [Sat], 2010, 22:21
真見ちゃんがひとり芝居です。
頑張ってほしいなぁ。
トップバッターだから、お客さんの集中も切れてない分、
しっかり観てもらえるとは思うのだけど。
その分イイモノ見せないと、やね。
スケジュール的に私は観に行けないのです。
でもきっと、いい作品。
サリングの根っこは暗いキラキラと、大沢さんのジェントルエレガントと、
真見ちゃんの怖いもの知らずアタックの融合。
きっとものすごい化学反応を起こすはず。

以下、真見ちゃんのブログから抜粋転載。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
一人芝居フェスティバル【INDEPENDENT:10】参加作品
作:サリngROCK 演出:大沢秋生(ニュートラル) 出演:蔵本真見

日程:11/25(木)〜11/28(日)
会場:in→dependent theatre 2nd
予約:http://ticket.corich.jp/apply/23524/t11/
●「やぎ・森・アケミ」の上演は、11/25 18:00と、11/27 14:00の2回です。

料金:2,500円 / 当日:2,800円 (共に1日通し券・1ドリンク付)
日付指定・自由席です。終日全作品をご覧いただけます。
25日の半券をお持ち頂くと、26日のみ1,000円(1ドリンク付)でご入場いただけます。

タイムスケジュール等、詳細はこちら!http://i-theatre.seesaa.net/

みんな読んで。

October 19 [Tue], 2010, 0:17
上田くんの文章が面白いです。
やっぱり彼は「創作する人」なんだと思います。

おすすめは「シアワセ獣報告」。
これ、いいですよ。おもしろい。
ココで読めます→http://shiawase-jyu.jugem.jp/

あとね、上田くんのブログもあるよ。
こっちもねー、面白いです。私も最近読むようになっただけなんだけど。
コッチで読めます→http://fine.ap.teacup.com/noraneko/

というわけで。
上田くんの頑張りが、非常に気になる次回公演ですよ。
もちろん、真見ちゃんも頼もしいのですが。

着々、着々。

October 11 [Mon], 2010, 11:53
次回公演への足取りは、音を立てて。

劇団MLが飛び交ってる。
いいことです。
いいことですよ。
私はただただ傍観してるだけですけどね、それがいいんです。
口出ししなくて良くなった、って。
私、楽してます。

その中で、私は上田くんの頑張りが良い、と思うのですが、どうでしょう。
上田くんなりのアプローチ、すごく良いと思うのです。
アラカルト。
頑張って。

早々と、稽古場ブログも始まってるみたいです。
http://shiawase-jyu.jugem.jp/
上田アラカルトの企画、視聴者参加型なのでみなさん、ぜひ。
私も何か探してもらおうかなー。

海辺のお祭り

July 18 [Sun], 2010, 14:14

久しぶりに、杉田くん。
名前はまだなゐ主催の、ゆったりおもしろイベント。
海辺のカフェで、ぼんやりしてきました。
夏の始まりみたいな明るい日に相応しい、お祭りイベント。

いつも突劇金魚がお世話になっている、
しげちゃんのコレクトエリットも、いっちーのbaghdad cafeも、
かじはらさんのもけもけも、
みんなステキでした。

どんどんどんどん、アタマにココロに注ぎ込まれてくる言葉と音楽。
おなかいっぱいになりました。

※入道雲もモクモク。もう夏だ。この工場の感じが何ともいい。

兄弟

July 08 [Thu], 2010, 14:07

いい顔してください、と無茶ぶり。
仁さんも山田くんもいい顔してくれましたけど。
二人ともいい人。

仁さん、3回目の金魚出演にして、初の主役。
あぁ、よかったー。
仁さんが明石くんでよかったー。
明石くんが仁さんでよかったー。
仁さんが、いて、よかったー。

その兄、山ちゃん。
仁さんの兄が、山ちゃん。
いつも弟の役が多い山ちゃんが、兄。
でもいつも通り苦悩してそうで、気になる山ちゃんでした。
かっこいいのにー。
あんまり気づいてなさそうな感じがまた、いいのです。

いつもお世話になっています。
今回もありがとうございました、本当に。

主人

July 07 [Wed], 2010, 14:04

今回も人間以外の役をこなす、片岡百萬両さん。

本を書く段階のサリングが、どの程度配役を意識していたか知らないけれど
初めて台本を読んだとき(最初は配役を見ずに読んだのです、私)、
これは百萬両さんにやってほしい、と思ったのです。
ステキだなぁ、素敵ですよ、人以外の役をやるなんて。
すごく、いい。


私はいつも片岡さんに向かうとき、ひどく緊張しています。
それというのも、
中途半端に金魚に関わってるだけの私なので、
真剣に演劇に取り組んでる片岡さんと向かい合うのは、
すごく失礼な気がしてしまうから。
会話をするのも一大決心。
勇気の第一歩が必要な人、です。

大好きでしたよ、幼虫主人。
(写真は変身途中のむしさん。)

ありがとうございました。

July 06 [Tue], 2010, 1:15
『幼虫主人の庭』、無事終了しました。
あのステキな人たちの住む庭は、今はもう、夢のあと。
観に来てくださったみなさまの中に、何かが残れば幸いです。
本当に、ありがとうございました。

出演してくれたみんな、本当にお疲れさまでした。
わたし、みんなみんな大好きです。
可愛くてカッコよくて、そしてほんのりカッコワルイ、そんなみんなが大好きです。
一緒に世界を創ってくれて、ありがとうございました。

いつも助けてくださるスタッフさま、今回もお世話になりました。
突劇金魚のいちばん弱い部分を隠せるのは、
頼もしきスタッフのみなさまのおかげです
感謝してます。ありがとうございました。
またチカラを貸してください。よろしくおねがいします。


ひとつ終わったら、またひとつ始まるのです。
そうして時間は流れてゆくのです。
でも、しばしの休息のとき。
たくさん食べて、寝て、元気を蓄えて、次の公演に向けて。
がんばります。

突劇金魚★第11回公演

July 04 [Sun], 2010, 17:00

突劇金魚★第11回公演
 「幼虫主人の庭」
作・演出 サリngROCK

出演
上田展壽
蔵本真見
サリngROCK

片岡百萬両(ミジンコターボ)
河口仁(シアターシンクタンク万化)
山田将之
一瀬尚代(baghdad cafe)
河上由佳(満月動物園)
重田恵(コレクトエリット)
高島奈々(七色夢想)

かじはらみか(もけもけ)

日程
2010年6月30日(水)〜7月4日(日)

場所
シアトリカル應典院

詳細は突劇金魚HPにて!(特設ページあるよ)
ご予約はコチラ