肌が乾燥しないおすすめの日焼け止め!

June 27 [Sat], 2015, 17:53

日焼け止めを使用すると
肌がカサカサに乾燥してしまう



こんなことってありませんか?



紫外線の対策に日焼け止めは
無くてはならないものですが



肌が乾燥してしまうのは
ちょっと嫌ですよね。



そんなあなたのために
肌が乾燥しにくい日焼け止めの
選び方をご紹介したいと思います。



よかったら、参考にしてみてください。




肌が乾燥しない日焼け止めの選び方って?



どうして、日焼け止めを使用すると
肌が乾燥してしまのでしょうか。



それは、その日焼け止めの持つ
成分に大きく左右されます。



・SPF、PAの数値が高い


・肌に負担となる成分が配合されている


・保湿成分が配合されていない



このような日焼け止めは
肌を乾燥させやすい日焼け止めだと言えます。



なので、肌を乾燥させたくないのであれば



・SPF、PAの数値が低いものを使用する


・ノンケミカルなものを使用する


・保湿成分が配合されているものを使用する



この三つを念頭に置いて
日焼け止めを選ぶようにするといいでしょう。




SPF、PAの数値は下げたくない…そんな場合は



ただ、いくら肌が乾燥しないといっても
SPF、PAの数値が低ければ
紫外線対策として不十分になってしまいます。



SPF、PAの数値が高くても、
保湿成分がしっかり配合されていれば
肌も乾燥しにくいのですが



基本的にそのような日焼け止めは
値段が高くなってしまう傾向にあります。



日焼け止めの質が良くても値段が高すぎると
使用するのは難しいですよね。



わたしがいろいろ日焼け止めを探してみたところ
値段もそれなりに手頃で、SPF、PAの数値が高く
保湿成分に優れているという日焼け止めは
UVサンプロテクトミルク」です。



「UVサンプロテクトミルク」は
一本1800円(税抜)という
リーズナブルな価格なのですが



・SPF、PAの数値が最大


・香料・タール系色素・鉱物油・アルコール・エタノール
石油系界面活性剤・紫外線吸収剤が不使用


・セラミドコンプレックス・マリンプラセンタ・ハチミツ・
ヒアルロン酸・コラーゲンといった
8つの保湿成分、美容成分の配合



などなど、SPF、PAの数値が高いのですが
肌への配慮もしっかりされているため
乾燥もしにくいつくりになっています。



実際、口コミを見てみても
肌がちゃんと保湿されるみたいで
乾燥しにくいと評判でした。



日焼け止めを使用すると
肌が乾燥してしまうという方は
ぜひ、チェックしてみるといいと思います。



   ▼UVサンプロテクトミルクの詳細は下の画像をクリック▼






P R