日焼け止めクリームで肌が赤くなる原因とは?効果的な紫外線対策とは?

October 10 [Sat], 2015, 21:33
紫外線対策のため、日焼け止めクリームをつけたら肌荒れを起こした。
市販の日焼け止めクリームは、肌に合わない。


そんな悩みでお困りの人はいませんか?


市販の日焼け止めクリームの多くは、「紫外線吸収剤」「紫外線散乱剤」
というものがはいっています。


紫外線吸収剤は、紫外線と化学反応を起こして、
紫外線が肌へ侵入するのを防ぐのですが、
化学反応を起こすときに、肌にダメージを与えてしまいます。


また紫外線散乱剤は、ファンデーションやフェイスパウダーに使われている
白色顔料といわれる原料で、肌にダメージを与えることはありませんが、
白浮きしてしまうというデメリットがあります。


SPF50+といった、日焼け止め効果の高いものは、
紫外線吸収剤の入ったものがほとんどなので、
肌荒れを起こしやすい日焼け止めクリームといえます。


もしも日焼け止めクリームで紫外線対策をする場合は、
紫外線吸収剤の入っていない日焼け止めクリームを
使用することをおすすめします。


日焼け止めクリームを塗ると肌が赤くなるという人には、U
Vカットのインナーシャツ、フェースマスク、サングラスなどの
紫外線対策グッズを使用することが効果的です。


紫外線対策グッズを購入したい人は、
ホワイトビューティーの通販で購入することをおすすめします。


なぜなら、紫外線対策に関する情報が、掲載されているので、
購入する上でとても参考になるからです。


例えば、フェイスカバーの商品を購入したいとき、
フェイスカバーを選ぶポイントや、特徴などが掲載されているので、
購入するときの参考になるので、とても便利です。


ホワイトビューティーで紫外線対策グッズを購入したい人は
こちらをクリックして、詳しい情報をご覧ください。
  ↓    ↓    ↓