白残りしないおすすめの日焼け止めとは?

June 25 [Thu], 2015, 17:44

日焼け止めを塗ると
白残りしてしまって嫌だ…



こんなことってありませんか?



いくらUV効果が高いとしても
白残りがする日焼け止めは
使用したくないですよね。




日焼け止めで見るべきポイントは?



かといって白残りをしないとしても
UV効果がなくては日焼け止めとしても
無意味になってしまいます。



なかなか、選ぶのが難しいですね。



日焼け止めを選ぶうえで大切なポイントを
まとめてみました。



・白残りしにくい


・UV効果がある(SPF30以上、PA+++以上)


・紫外線吸収剤をはじめとした
肌に負担となる成分がなるべく無添加の
ノンケミカルなもの


・ウォータープルーフのもの



最低限、日焼け止めとしては
上に挙げた条件は必須だと思います。




美容成分が配合されたものが望ましい



プラスαで、できれば美容成分が
ちゃんと配合された日焼け止めが望ましいです。



というのも、日焼け止めはSPFやPAの数値が高ければ高いほど
紫外線の対策としては有効になるのですが
その分、肌への負担が大きくなると言われています。



SPFやPAの数値が高くても肌に負担にならないのは
美容成分が配合されていたり
ノンケミカルの日焼け止めです。



ただ、美容成分が配合されていたり
ノンケミカルな日焼け止めとなると
値段もある程度は高くなります。




UVサンプロテクトミルク



白残りがしにくく、UV効果もあり
かといって肌の負担にもならない



このような質の高い日焼け止めは
どうしても値段が高くなるのですが



わたしが探してみたところ
値段もリーズナブルでおすすめしたいと思ったのが
UVサンプロテクトミルク」です。



「UVサンプロテクトミルク」は
セラミドコンプレックス・マリンプラセンタ
ハチミツなどの8つの美容成分が配合されていて



なおかつ、紫外線吸収剤をはじめとした
肌に負担となる成分の7つが無添加です。



SPFが50+で、PA++++なので
現在売られている日焼け止めの数値としては
最大の数値になります。



ウォータープルーフなので
汗でも化粧崩れがしにくいです。



普通、このような質の高い日焼け止めだと
どうしても3000円以上はしてしまうのですが



「UVサンプロテクトミルク」は
税込でも2000円以下で購入できるので
とてもおすすめだと思いますよ。



質が高く、白残りしない日焼け止めを使用したい方は
ぜひ、チェックしてみてください。



   ▼UVサンプロテクトミルクの詳細は下の画像をクリック▼






P R