【 更新情報 】

スポンサードリンク

紫外線(UV)からお肌を守る日焼け止め基礎知識

基礎的な部分、日焼け止めの選び方の知識を知ることから始めましょう。「気のせいだ」なんて言っていられなくなりました。桜が散りあちこちで緑色の若葉が見られる5月頃になると思い出すのが、UV(紫外線)対策ですね。もちろんあなたも御存じと思いますが、紫外線(UV)はお肌の老化の原因となりますね。そこで、少しでも日焼けから逃れるためにUV(紫外線)対策の最善の方法を調べました。

と言うのはしみ、しわなどのお仲間さんが少しずつ増えて来ているような気がします。私達女性も負けてはいられませんね。70歳近い高齢者の方にお聞きしたところ、UV(紫外線)対策はしっかりやっていると話していました。若々しいお肌を保ちたいと言うのは、女性に生まれてきたからには、誰でも願う事です。

基礎からやり直しです。搗きたてのおもちの様なフワフワしたお肌の赤ちゃん、男性だってきれいな肌でいたいのは同じらしいですよ。きっと奥様のアドバイスも有ったのでしょうか。しかし、今では女性だけでは有りません。

紫外線(UV)は、しみ、しわに留まらずたるみまで引き起こし、一気に老化へと加速させてしまう悪いやつです。まず基礎的な部分、日焼け止めの選び方の知識を知ることから始めましょう。手遅れにならないうちに、しっかりUV(紫外線)対策しましょう。この時期になると毎年迷うのが日焼け止めですが、年々年を重ねていく度に、UV(紫外線)対策はこの方法で良かったのかなと心配になります。

UV対策でしっかり日焼け止め

春先から夏になっていって気になるのが日焼けですよね。

このUVAに対する防止効果を表す指標がPA値でしてPA+、PA++、PA+++と三段階あってPA+++が一番効果が高いのです。
また昔と比べてオゾン層の破壊により地上に届く紫外線が増えているのもUV対策で日焼け止めを多く使われるようになった原因です。

昔は健康な小麦色の肌なんて言われましたが、今や紫外線を浴びると皮膚がんになりやすいなど弊害が多く取りざたされるようになりました。
日傘や帽子ですね。数値の低いものをこまめに塗りなおす方が肌にかかる負担も少なくなります。
防止効果の時間はSPF1はおよそ20分、なのでSPF9の場合は3時間という事になります。

UV対策として日焼け止めをするのはもはや常識といえるでしょう。

UV対策の日焼け止めには紫外線吸収剤を配合しているのと紫外線散乱剤を配合している二種類があります。
SPFは1から50まであるのですがよく勘違いされるのが数字が高ければ高いほどUVBを防いでくれるという誤解です。ちなみに紫外線を通しにくい素材はポリエステルです。散乱剤配合の方はPA、SPF共に若干低目となっています。
一方UVBのほうは皮膚が腫れたり水腫れを起こしたりするだけでなく日焼けして肌を黒くさせます。UVCは地上に届かない紫外線のためUV対策として気をつけるのがUVBとUVAの二種類です。

紫外線吸収剤を配合している方はあまり肌に肌に良くないのでならべく紫外線散乱剤配合を選ぶと良いでしょう。
長袖シャツを1枚着るだけでもかなりの紫外線をカットできるのでうまく活用していきましょう。

SPFの指標はUVB防止効果を維持できる時間の長さを表しているんです。
UVAは肌の奥まで届く厄介な紫外線でガラスやレースのカーテンをもすり透けて部屋の中まで入ってきてしまいます。

なのでSPF10とSPF50の商品があった場合、SPF50の方が日焼けが起こりにくいのではなく日焼け止め効果の時間が長いと覚えておいてください。
UV対策の日焼け止めをして海や山に出かけるなら数値が高い方を進めますが普段の買い物などではあまり高いものを使う必要はないと思います。
紫外線を一番遮断する色は黒なのですが、UV加工されている製品なら紫外線を通しやすい白色でも高い防止効果を発揮します。

スキンケアに詳しい女性の方でもSPFについては誤解をしている人が多くいますがここで軽く紫外線について述べてみようと思います。

これだけ聞くとPA+++でSPF50の商品を使えば良いと思いがちですが数値が高くなるほど肌への負担も大きくなってしまいます。

日焼け止めを万全にして夏だけではなく一年を乗り切っていきましょう。このUVBに対する防止効果を表す指標がSPFです。
ほとんどのUV日焼け止めの商品にはSPF15やPA+という記載があることはご存じかと思います。UV対策として日焼け止めをするアイテムはコスメだけじゃありません。
紫外線にはUVC・UVB・UVAと波長の違う三種類があります。

紫外線(UV)をカットする日焼け止めの塗り方

日焼け止めの塗り方のポイントは、以下の5点あります。

1.適量を塗る

紫外線(UV)の日焼け止めの説明書には適量とありますが、多くの方が適切な量を塗れていません。紫外線(UV)日焼け止めを塗る際、白くなるのを避けるために必要以上に引き伸ばしてしまうからです。
効果がある適量とは、塗ると結構白く浮きだった感じがする程度なのです。
白くなるのを避けて、日焼け止めを引き伸ばしてしまえば、本来の効果が期待できないということになってしまいます。表示されている通りの効果を得たいのであれば、白くなるのを我慢せざるをえません。
白くなるのがどうしてもイヤならば、頻繁に日焼け止めを塗るしかありません。

2.ムラなく塗る

大雑把に塗ってしまうケースです。男性に多いのかもしれません。当然ながら、赤外線(UV)日焼け止めを塗れてない肌は。紫外線の餌食となります。
見えない部分や届かない部分については、家族の方に塗ってもらったり、鏡を利用してムラなく塗れていることを確認しましょう。

3.塗り忘れに注意

塗り忘れというのが結構あります。経験ありますよね?結構忘れやすい場所は決まっていて、「首筋や耳の後ろ、腕の内側、手の甲、股やふくらはぎの裏、足の指先など」です。

4.特に日の当たる部分は念入りに

【鼻筋や頬の高い部分、首筋や肩など】はもちろんですが、【あごの下やつま先】などは照り返しで結構日焼けしやすい部分になります。このような部分は特に念入りに日焼け止めを塗りましょう。

5.定期的に塗る

夏の暑い日などは、紫外線(UV)の日焼け止めは、汗で落ちてしまいます。定期的(2、3時間ごと)に塗るようにしましょう。また、水遊びなどした後は、そのつどそのつど塗るようにしましょう。一度塗ったらお終いという方が多いようですが、定期的にこまめに塗る場合と塗らない場合とでは、紫外線(UV)日焼け止めの効果も大きく変わってきます。

UV対策は日焼け止めをしっかり

日差しが強くなってくると気になるのがUV(紫外線)による影響ですね。日焼け止めの対策としては日焼け止めクリームや化粧品をつけることが第一なのですが、色々な日焼け止め対策グッズをみてみるとSPFやらPAという数値が表記されています。というのもメディアなどでも騒がれているように地球温暖化の影響によりオゾン層が破壊され、多くのUVが地表に到達するようになりました。

UVとはUltravioletを略したもので、かつてはビタミンDを合成する作用があるとされて、赤ちゃんの日光浴が推進されてきましたが、最近ではこのような話は全く聞きません。この数値は日焼け止め効果を表しているもので、SPFがUV-B防止の効果を表し、PAがUV-A防止の効果を表しています。PAは「PA+」「PA++」「PA+++」などと表記され、+が多いものがUV-A防止効果が高いということです。

スポーツや仕事などで長時間日光にさらされている時にはしっかりとした日焼け止め対策が必要となります。

UVを長時間浴び続けることでしわやしみ、そばかすの発生する原因となったり、ひどいときには皮膚がんに発展してしまうことがあります。SPFの最高値は50+で防止効果が高いほど数字が高くなります。

P R