HIV感染症の初期急性期

August 17 [Mon], 2009, 9:06
HIV感染症の初期急性期には、発熱、咽頭炎、頸部リンパ節腫脹、皮疹、伝染性(感染性)単核球増多症、インフルエンザに類似した症状を示します。

しかし、これらは急性感染症共通の症状・所見で、この時点でHIV感染に気づくケースは、わずかです。

これらの症状は、2-3週間で自然に消退し、無症候性となります。

注意深く、みていないと、HIV初期症状の兆候を見逃してしまう結果となります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hivsyokigenjyo
読者になる
2009年08月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hivsyokigenjyo/index1_0.rdf