【prologue】STRAIGHTENER 21st CENTURY ROCK BAND@日本武道館

February 23 [Sat], 2013, 22:47
2013/02/17

あの日から1週間経ちました。残す。残しておきたい。長くなりそう。

※書いてたら長くなったのでこっちはライブまでの記録のみ。

----------------------------------------------------------------

前日夜行バスで早朝に東京入り。

安定の寝不足。プレミアムドリーム号だってのに。
悪夢だって見れやしません。

山手線とやらに乗って御徒町とやらの銭湯燕湯さんへ。
さっぱり。

番台のある銭湯。
ほっこり。

さて。ノープランだ。東京だ!

とりあえず御徒町駅前のサンマルクで朝食。

パン2個とココアで・・・
「お会計720円になります。(ニコッ」

さすが東京は朝食にもお金がかかる。

隣の席の朝活グループの会話を小耳に入れながら、路線図片手に目的地を考察。

先輩と会うかもしれないのでそんなに遠出はできないな。
スカイツリーもヒカリエもあまり行きたいとは思わんし・・・

おっ。ここにしよう。

新宿→吉祥寺経由で井の頭公園へ。

駅前がすぐ公園の入り口。
スーツケースを引きながら入園。

ここぞとばかりに一眼で撮影。

それにしても寒い。かじかみます。

ランナーさんが多いね。

iPodはandymoriです。

「夕暮れの井の頭公園でコーラの空き缶蹴飛ばして〜♪」
これこれ。
「西荻窪 アパートの階段を登る音〜♪」
はまるね。

それにしても寒い。

公園を散歩してそのまま吉祥寺へ。
先輩からメール。
13時からランチ了解です。

結婚祝い買わなきゃってことで吉祥寺atreでふかふかタオルとピローミスト。
メッセージカードに心を込めて一筆。

さて。

吉祥寺→渋谷へ。

渋谷こわい。私みたいな田舎モンには恐ろしい街やけん。
生粋の関西人。

先輩と無事合流。
お久しぶりです!

スクランブル交差点。

ヘルシー志向の定食屋さんへ。

久しぶりで会話弾みまくり。
カミングアウトもお互いに。

いやぁ、素敵な先輩です。
ごちそうさまでした!
次の再会は5月です。

再び1人に。

半蔵門線で九段下へ。
スーツケースで坂道はキツイ。

おぉー。
これが。
武道館ですか。

グッズ売り場の列へ。
眠くなってきた。
そういえば寝不足です。

??
何やら像みたいなもんが。
これは。
ガーゴイルのアンディさんですか!

これはこれは。
長旅お疲れ様です。

無表情を装って感動。
西日を真っ向から受けるアンディさんを一眼に。
高まってきた!

リハの音漏れは聴かないふり。

グッズ無事購入!
さて。
眠い。

皇居沿いを歩く。歩く。
皇居ランナーにごぼう抜き(意味違う)されまくって
ホテルにチェックイン。

眠い。
時間があまりなくて助かった。
あったら眠り込んでました。

ブーツからスニーカーに。
Tシャツ、パーカー、タオルに。
チケットと札を数枚ナマでポッケに。
ポッケて。

よしっ。寒いけどコートもマフラーも置き去り。
出陣です。
ぽあぁぁぁぁ。ぽあぁぁぁぁ。(ほら貝)

さっきの道を武道館にリターン。
皇居ランナーにカムフラージュ。

夕日。2013/02/17の夕日。
二度とない。

この日を4ヶ月ほど前から待ってた。
待ってたけど来てほしくはなかった。
来てほしかったけどもっと待ちたかった。
来たら終わるしかない。

複雑な想いと共に武道館に着く。
入場列。
緊張が止まりません。
心の準備が。ほら。

アリーナ左側。
思ったよりこじんまりとした内部。

待つ。来てほしいような来てほしくないような気持ちで。
とりあえず眠い。

2013/02/17 18:00に暗転。

----------------------------------------------------------------

※【live@】STRAIGHTENER 21st CENTURY ROCK BAND@日本武道館へ続く

STRAIGHTENER SOFT ACOSTIC TOUR 7/5@NHK大阪ホール

July 05 [Thu], 2012, 22:43
ホールとか普段行かないので場所がわからない。

タクシーの運転手さんに連れられて無事開演に間に合った。

広い‥

ステージ上には、アンティーク調の椅子、ランプ、キャンドルまで。

完全にオシャレイテナーなモード。

ちょい押しで開演。

仕切り真横でメンバーの表情も見えるなかなかの好位置です。

てかこれ終わんの何時?
明日起きれるかなおなかもへったな、なんていう雑念は
一瞬で消されて。

キレイ、でもアガる、そしてエモーショナル、さらにピースフル、
すっぽり包まれる音圧、安心感、
ヤバイ。

四人のそれぞれへのアイコンタクトに、
笑顔に、
音への身の委ね方に、
全てにつられて心が持ってかれる。

いつの間にかすーっと穏やかで優しくて
でもやる気に満ち溢れてくるような、そういう気持ちになっていることに気付く。

無意識に出てしまうニヤニヤを止めない
無意識に出てくる涙を止めない
無意識に動く体を止めない

ただ素直に何も考えずに

まっすぐに届けてくれているものを
まっすぐに受け止める。

そうやって作り上げていくような
対話するような空間。

DJ ROLLはやっぱ好きで
EVERGREENでは行ったこともない長崎に想いを馳せ、
TRIBUTEでは込み上げてきて
SAD CODEではホリエさんが歌詞について言及し、
TENDERはリズム隊の目配せにワクワクして
メロストは大団円

ひなっちがあおった手拍子で一体になると、
水を得た魚みたいに楽しそうにするメンバーに
やっぱりライブは一方的じゃ成立しないものと実感。

OJのアコギソロも、聴いててこの人が入ってくれて本当に良かったなと
何回も感じて。

MCは今までどんなに面白くても
曲まで引っ張ることはなかったけど
今日は初めて曲入ってもしばらく面白くて

それぐらいゆるゆるの空気のくせに
どこまでもキラキラで真摯ですごい、
すごいなと単純に感動。

ホリエさんは今日寝坊して新幹線乗る時間に起きたらしくて。
しかも洗濯機回してからの二度寝で。

「慌てたよ。どれぐらい慌てたかって、
まずマネージャーに電話したんだけど
最初のもしもしを噛んだからね。
もhjもfghj。。(←再現)・・・・・・・・・。じゃあ、」
からの次の曲、みたいな。

しかもしかも今日からツアーが西日本シリーズで4泊5日らしくて
帰るのは5日後、その間洗濯機には回した後の洗濯物が
そのまま残ってるっていう。

どこまでもホリエさん。
シンペイさんのツッコミも愛に満ちてるし。

そういえばシンペイさんが
「ホールの拍手はすごい気持ちいい」って言ってたけど、
本当に響き方がすごい。
ホリエさんの歌の響き方もすごい。

曲中に手拍子が起こったときなんて、
手拍子も楽器の一部みたいに響いて、おぉ、となった。
「『バンドマン』じゃなくて『音楽家』になったみたい」と。

まさかのアコースティックキラチュンに、
アンコールラストはスタンディングオベーションで
最初の厳かな雰囲気からの最強に感動的な空間で。

いつもの4人での肩組んでの挨拶に
ずーっと鳴り止まないオーディエンス総立ちの拍手

メンバーの感無量感が伝わってさらに大きくなる拍手

あれだけで泣けるって。

あまりに良すぎたので(いつも『あまりにも良い』けど)グッズを大量購入。
結果的に感動を売上として返すことに。

良かった。。
ホール良いね。
アコースティック良いね。

いつもの、ハコでのぐちゃぐちゃになるライブも良いけどね。

ありがとうございました。

挑戦の20代。

May 27 [Sun], 2012, 21:42
20代のうちはいろんなことに手を出して

その中で、今目指すものがなければみつければいいし

あればその芯をしっかりもちつつも試行錯誤しながら動いて

とにかく動くべきで

いまは限られた自由な時間を何をするともなく

どこを目指せばいいかわからず

でもずっとうずうずしてて

もやもやして

結果的にはなにもしてない

人生を無駄にしている最中

やればできる

いまはその機会を待ってるだけ

人とは違う

とかいくら思っててもなにもしてなければなにも思ってないのと同じ

きっかけさえあれば

これだと思うものに出会えれば

という期待はしない

考える前に動く

やりたいことだけやりたい

でもそれは人に迷惑をかけないだろうか

無駄足に終わらないだろうか

ただ何かをなくして何も得ず終わらないだろうか

という思いが踏みとどめるし

何をやりたいのかもいまいちつかめない

とか

とか

向いてないんじゃない?あなたには全てが。

November 14 [Sun], 2010, 23:38
最近よく泣いてしまう

電車の中や部屋の中で

ネガティブモード突進中

延々続く自己分析

そのほとんどが自己嫌悪

過呼吸になりそうだったのも文字にしたらだいぶ落ち着いてきた

でもネガティブ思考は続く

ばらんす?

August 16 [Mon], 2010, 21:28
りありすとな人にとっては

損得とかメリットデメリットって大事だと思うきっと。

あたりまえのようなしあわせな現実がたぶん一瞬でなくなることも。

何かメリットはあるのかなぁ。

そんなことを前、となりのせなかを見ながらおもいました。

せなかっていうのがポイント。

もっときらきらできるようにいろんなことできるようになって

つよくなって。

このまえ電車の中で盲導犬を連れたひとをみかけた。

まわりの反応はさまざまで

「いいですか?」とほほえみかけながら前の席に座るおばあさん。

言葉には出さないけど犬がいるのを見つけてびっくりするサラリーマン。

無邪気に「こわい」と言って近くの席に座りたくないという男の子。

かわいい犬ににやにやしながら何度もおそるおそる覗き見る女の子。

本人はきっと何度も傷ついて何度もいろんなやさしさにふれてきた。

私よりたくさん見知らぬひととのふれあいがあったとおもう。

いろんなとりとめのないことをいっぱい考えてた。

すななれ

June 17 [Thu], 2010, 23:41
二度とは吹かない風のように
いつしか殺した影のように

テナー。

悔いのない人生を送る

楽しい時間は心から楽しむ
イヤなことも生きてれば当たり前にある

安らげる時間は不安を忘れる

何も難しく考える必要はない

真剣に考えることは必要でも
軸があれば間違いはない

間違えてもきっと悔いはない

ただ、

「そうはいかないんだよ」

ドラマのこのセリフが印象的すぎて寝れない。。

そんなふうにはいかないことも
当たり前にある

たぶん毎日のようにある

でも前を見てれば景色は変わっていく

意欲があれば何かが手に入る

なくしていくものの方が多いときもあるけど
意欲もなにもかもなくなるときもあるけど

時間はとまらない
ありがとうって言いたい

【続】5月病。

April 13 [Tue], 2010, 23:52
でもやっぱりあの会社は人が好きだからまだやめられない
たまにあるわくわく感も理由の一つ

バンドは合わせたときの気持ちよさがたまらない
みんなとの曲中のアイコンタクト
名前も何してるかも知らない人と音楽でつながれる楽しさ

こうやって並べてみる
言い訳みたいだけど迷う理由をあげてみる

再設計を実行したとき私は何を選んで何を捨てていくかな

何もなくなって周りに誰もいなくなったとき私は最初に何を求めるかな

今はわからない

5月病。

April 13 [Tue], 2010, 20:46
人生のスケジュールを組んだ。

とりあえず11月末までの。

今日は久しぶりに親と同じ時間にゴハンを食べた。
今週末、GW、5月末、お盆、12月末の予定を聞かれた。
子供と過ごしたがる親。
家を出たい子供。
同じ予定を埋めたがる親。
他の予定で忙しい子供。

その思いがつらい。
思われてることがつらい。

先の予定のたてられない仕事。
あせりがプレッシャーになっているバンド活動。
全部自分で選んだことだからちゃんとやるけど
少し憂鬱になる。

少しじゃないか。
結構憂鬱。

すきの反対は無関心

March 10 [Wed], 2010, 22:58
感情なんて全部なくなればいいのに
終わりがあるのにはじまりたくない
でも止められない
いろんな想像ができてしまうんだよ
しかもそれはたぶん現実

何も感じない
フタをした

走馬灯

February 10 [Wed], 2010, 23:42
1月めっちゃ書いてましたね
4日に1回ペース
そして2月

全然だめ
全然だめだめ
考え抜いたあと聞きたいことのひとかけらも聞けない
繊細になってる体にダイレクトに精神的ダメージが響く

聞いたら気づかせてしまって終わるかもしれない
終わりたくないけどこのまま一人でずきずきしながら泣き続けるとたぶん昔に戻る
別にそれは勝手にやってればいいかもしれないけど
そうなるとたぶん巻き込む
自分を傷つけて他の人を傷つける

でもそうなってもすぱっと切ってくれるかな
そんな気がする
そうなったときは自分が何しだすかほんとにこわいけど
もうあきらめもつくはず

そろそろあきらめどきなのです
人生を振り返ってみよう
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:orange
  • アイコン画像 職業:フリーター
  • アイコン画像 趣味:
    ・音楽-ROCK,CLUB,,,
    ・読書-村上春樹、恩田陸、中村航、西尾維新、浅野いにお、
読者になる
2013年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる