本レビュー『ワイス博士の瞑想法』 

November 12 [Wed], 2008, 16:12
商品がありません。
瞑想にとても興味があるのですが、
初心者の私には何か音楽などの誘導してくるものが無いと難しいと思い、
こちらを購入しました。

リラックスした状態へと誘導してくれる文言はとても良いです。
全身の力が抜けて、幸せで穏やかな気持ちにさせてくます。
知らないうちに眠ってしまっていたり。

ただ一つ残念なのが、その文言を話されている方の滑舌と発生があまり宜しくないこと
実際にこの本を翻訳した方が話されているようなのですが、
やはりプロの方との差が歴然としているので、本当に残念です・・・。
でも聞き方によっては、自然に普通の人に話しかけられてるような感じで、
逆にそれがリラックスするというのもあるので、好みは人によるかも。

ちなみに著者であるワイス博士の英語によるものも入っています。
ワイス博士の声は素晴らしいです。

本レビュー『生かされて。』 

November 08 [Sat], 2008, 10:50
商品がありません。

最初の本の紹介に何れを持ってこようか本達を見渡しましたが、
この本が相応しいと思い選びました。

1994年にルワンダでツチ族とフツ族の間で起こった大量虐殺のお話です。
とても恐ろしく、しかしそれ以上に胸を打つお話です。

著者は実際に迫害を受けたツチ族の女性で、
かくまってくれた牧師の自宅の狭いトイレに、
3ヶ月もの間7人の女性達とじっと声を潜めて隠れ続け、
命の危険から脱することのできた方です。

何度も命の危機に遭いながらも神への信仰を忘れなかった彼女のお話は、
信じることがもたらす強力な力を感じさせてくれます。
内容は、目に見えないスピリチュアルなお話では決してなく、
著者の体験談に基づいた信じる事の偉大さを感じさせてくれる内容です。
また、とても読み易い言葉で書かれているので、
どんどん読み進めていける本です。

信じるということは簡単に理解できているようで、本当は難しいものです。
彼女の凄まじい体験談であるこの本を読むことで、
私は信じることの本質を少し学ばせてもらえたような気がします。

はじめまして 

November 07 [Fri], 2008, 14:30
セラピストを目指してるユコです。
夢に向かってまだ駆け出したばかりです。

セラピストを目指す前は全く違う仕事で、
ずっと米国のIT企業で営業をしていました。
人と接することが好きで営業という仕事に就きましたが、
もっと自分の気持ちに素直な生き方をしよう、という決心をしたのと、
もっと人に喜びと癒しと幸せを与えられる仕事に就きたいという気持ちが強くなり、
かねてから胸の中にあったセラピストへの道を進むことにしました。

アロマテラピー検定1級の試験をついこの間終えたばかりで、
本当にまだセラピストへの道は始まったばかりです。
アロマテラピーの一本でこの先行くのかはまだ決めていません。
様々なことを勉強して吸収して、世の中のお役に立てればいいなと思っています。

現在は湘南でゆっくりとした生活を送っています。
将来は、湘南の持つ明るく優しい風の中で、
セラピーのお仕事ができたらなと思っています。

趣味や興味のあることは、
本を読むこと/集めること、料理、哲学、音楽、映画、犬、etc・・・です。

セラピストとして学んだこと、また、日々の徒然日記として、
このブログから癒しの空気をお伝えできたらなと思っています。

よろしくおねがいします
P R
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hitoyasumin/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユコ
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1980年
  • アイコン画像 現住所:神奈川県
読者になる
写真は屋久島にて。
カテゴリアーカイブ
2008年11月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

最新コメント
Yapme!一覧
読者になる