ニューヨークで日本のお正月 

January 09 [Sat], 2016, 12:14


あけましておめでとうございます。
昨年は、また本当にたくさんの方々とのご縁があり、そして大変お世話になりました。

ニューヨークでも、これまでほとんどいなかった日本人の友人もたくさんできた一年でした。
ぼくと同じように、長年日本を離れ、住んで、それぞれの場でがんばっている、「同胞」たち。

今年のお正月は、そういったニューヨーク滞在日本人と一緒に、「持ち寄りおせちの会」を、元旦の日に開きました。

ぼくの担当は、雑煮とがめ煮、そしてお屠蘇。
マクロの友達が、マクロ風のおせちをもってきてくれたり、つきたてのお餅も!
もちろん、日本スーパーには、出来合いのおせちの材料も売ってるから、そこで足りないものも購入したり。
それぞれがアメリカ人の友人(または伴侶)も連れてきていたので、とっても楽しい「日本文化の紹介」にもなりました。

家族や親戚とは集まれないけれど、こうやって日本人同士が集まって、日本らしいお正月を過ごせる、というのは、本当に幸せなことだし、これからもぜひ毎年やっていきたいなあ、と思いました。

2016年が、みなさんにとって、ますます健康で笑顔にあふれる一年となりますように!

1月の日本講演会ワークショップ予定 

December 29 [Tue], 2015, 22:46
クリスマスも終わり、いよいよ今年も残す所2日!
なんだか目まぐるしい12月で、今年もあっという間でしたね。

こちらニューヨークでは、クリスマスの日には、過去最高の暖かさを記録し、気温が20度をこえました。
それもあってか、どうも今年はホリデーシーズン!という感じがいまいち。。。

そういう時こそ、ちゃんと大掃除をして、年越し蕎麦食べて(紅白見れないけど。。)、そして雑煮やおせちを作ることで、一年にけじめをつけて、新たな気持ちで新年を迎えられるのかもしれません。

さて、1月にはまた日本に一時帰国。
今回は、一般向けとそうでないものも合わせて、合計8つの講演ワークショップが企画されています。
前回のような大型講演会でなく、どれもスイーツや食事、クッキングデモ付きの、よりアットホームで楽しめる企画になっています。
福岡、神戸、大阪、三重近辺の方、ぜひぜひご参加ください。
また、お知り合いのある方、ぜひお声をかけてみてください。

みなさんに直接お会いできるのを、楽しみにしています!
*以下、それぞれの詳細です。

******

NYから見た和食のパワー講座 in 福岡
「腸内改革=ウイルス感染/鬱/自閉症対策」

講演後、マクロフレンチシェフ平田優氏による、「マクロスイーツ」をいただきながらのお茶会も用意されています。

時  1月16日(土) 14時〜17時
場所 大手門タワーマンション2203号 
   福岡市中央区大手門1−2−23
料金 3000円(ご夫婦での参加5000円)
*フォーク、スプーンはご持参ください。
お問い合わせ 092−715−1836
      (平田母乳育児コンサルタント)

*福岡では13日(水)の夕方17時〜、17日(日)午後〜も人数限定の企画があります。詳しくは直接こちらまでお問い合わせください。

******

お話会とスイーツクッキングデモ in 三重
「腸内革命を起こそう!ー真の腸活法」

カフェオーナーの、川崎千恵さんによる、ヘルシーなマクロスイーツのクッキングデモの後、それを頂きながらの、ニューヨークから一時帰国中のフードドクター、平田仁志(Jin)によるお話会になります。

とき 1月19日(火)2時より
料金 4500円(お土産付き)
   2800円(お話会のみ)
場所 Bio cafe Vege.Vege(ビオカフェ ベジベジ)
   三重県三重郡朝日町縄生2103-1
   *近鉄伊勢朝日駅より徒歩5分
https://www.facebook.com/BioCafeVegeVegebiokafeBejibeji/?pnref=lhc

お問い合わせ 080-3662-3869

******

お話会+ヴィーガン&ロースイーツ in 神戸
「腸内革命」を起こそう!真の「腸活方」

今話題の「腸内細菌、腸内フローラ」について、「心と体への影響」、そしてヨーグルトやプロバイオサプリを超えた、真の「腸活法」を、ニューヨークでの食用カウンセリングの経験を交えてお話しします。

さらに!
講演後、ピンクウィードカフェ MasakoさんとYokoさん、そして ティエラ・シャンティ Nami さんのコラボスイーツプレート付き!

とき 1月23日(土)3時〜
料金 3500円
場所 The PINK WEED cafe
https://www.facebook.com/thepinkweedcafe/
お問い合わせ 078-393-2118

*******

お話会 in 大阪
「腸内革命を起こそう!ー真の腸活法」

今話題の「腸内細菌、腸内フローラ」について、「心と体への影響」、そしてヨーグルトやプロバイオサプリを超えた、真の「腸活法」を、ニューヨークでの食用カウンセリングの経験を交えてお話しします。

とき 1月24日(日)10時〜
場所 カフェボナペティ 高槻市高槻町6-13
申し込み 090-9118-7144
料金 1500円(コーヒーまたはお茶付き)

セミナー後にランチ希望の方は、別途1500円、事前ご予約ください。
野菜ベースの特製ヘルシーランチ
マクロビオティック、ローフード、薬膳の要素を取り入れ、調味料は無添加物ものを使用、なるべく無農薬や新鮮な地場野菜を使用し、農薬除去の処理をしてご提供しています。

今年最後のワークショップは、「腸内フローラ」 

December 04 [Fri], 2015, 7:40


先日、ニューヨークのハーレム地区で、今年最後のワークショップを行いました。

テーマは、今年1年かけて色々と勉強してきた、「腸内細菌、腸内環境(腸内フローラ)」。
日本でも、今「腸内細菌」のことが話題になっていますが、アメリカでは、2007年から国家的なプロジェクトとして、大規模な研究がなされてきました。

「心も体も、私たちの健康に関する、あらゆる問題の根っこには、腸内環境がある」。
それを確信させるような、様々な事実が明らかになってきている、ということは、皆さんも色んなところで聞いていると思うのですが、それを、僕なりにまとめたのが、今回のワークショップ。

参加者も、健康に気を使っている人から、何らかの疾患(精神的なものも含めて)を抱えている人、「ただ、何となく参加した人」と様々でしたが、後半の質問コーナーでは、議論が大いに盛り上がって、本当に実のある内容になりました。
「やっぱり、このテーマは、関心が高いんだなあ」とつくづく実感!

その後、「インスタント味噌汁」作りの実践デモ。
そして、今回会場を提供して、ワークショップを企画してくれた、アンドレアさんが作ってくれた、おいしくヘルシーな「マクロ・ベジタリアン料理」で、参加者全員で楽しんだのでした。

ハワイでワークショップ 

November 13 [Fri], 2015, 4:24
先週末、ハワイのホノルルへ行ってきました。

これまでに2回、ホノルルのファーマーズマーケットで、料理のデモを行ったことがあったのですが、前回、そのマーケットの側にある、クッキングスタジオのオーナーの女性を紹介してもらったのです。

そして、「いつかぜひ企画をやりましょう」と言う話をメールなどでしていたのですが、それがついに具体化して、今回のワークショップへとつながったというわけです。

土曜の朝、8時にはスタジオに行って、スタッフの女性と二人で準備。
ここ、窓から海が見えて、しかも自然光が差し込む、すご〜く素晴らしいスタジオなんです。
で、ちょっと準備が遅れて、10時過ぎに開始。

前半は、短い講演で、テーマはメルマガでも紹介してきた、「ヒューマンフードダイエット」。

「流行りのスーパーフード等に頼るのではなく、穀物、野菜中心の食事で、動物性は少量に」いう、人間にとって自然な食べ方を、ハワイの伝統食や気候に合わせて食べて行きましょう」という感じでお話ししました。

その後、いよいよ料理教室。
半分はデモ形式で、ぼくが「テンペの南蛮漬け」と、「玄米サラダ」を作ってみせて、残りの半分は、参加者のみなさんと一緒に、「インスタント味噌汁」や、「紫芋とバナナのプリン」などを作ったりしました。

途中、そして試食中も、講演内容に関して、ほんとうにたくさんの質問が飛び交って、すごく楽しい企画になりました。

オーナーの女性、メラニーさん(日系4世)も参加してくださったのですが、これまでの「レシピだけ」の料理教室と違って、「学びのある」内容でとても斬新だった、とおしゃっていました。
参加者の反応もかなり好評だったらしく、「今後もぜひ企画をしていきたい」ということで、滞在最終日の出発前に、メラニーさんと直接ミーティングも行うことができました。

さらに、ワークショップ参加者の一人の方から、「個人カウンセリングをやってほしい」と、翌日すぐに連絡があったので、急遽泊まっていたホテルのラウンジを使って、セッションを行ったり、短い滞在でしたが、大変実ある、今後につながっていく内容になったのでした。

神戸でお話会と味噌玉作り 

September 29 [Tue], 2015, 8:51


今回は、初の関西でのワークショップ。
2年前に、アメリカで行われた、「マクロビオティックのサマーカンファレンス」で出会った二人の女性(ナミさんとチエさん)のおかげで、今回実現しました。

場所は、神戸の中心地、三之宮からも近い、小さな洋館風の自然食カフェ。
参加者は全て女性(年齢層は色々)。
みなさん「発酵食」に興味があって、「手前味噌作り率」も高い構成でした。なかには、もう20年間毎年作っている、という方も!

お話会は2時からだったのですが、みなさん早めに来られて、まずお昼に、ナミさん特製の、見るも美しいランチプレート。
ナミさんは「ローフード」のシェフであり、先生でもあるので、今回は「ローフードランチ」と、「マクロランチ」の2種類を作ってくださいました。

そしていよいよ開始。
まず1時間ほど、ぼくが「アメリカから見た、伝統的和食と発酵食品のヒーリングパワー」についてお話しして、その後質疑応答。
横浜同様。ここでもたくさんの質問が出されました。
*今回の各地での企画で出た質問に関しては、今後メルマガで紹介していきたいと思います。

その後、みんなで「味噌玉作り」。
作り方は以前、このブログでも紹介しましたが、すごく簡単で、忙しい人や、旅行、出張の多い人にもオススメです。

ふつうは、市販の切り乾し大根やカットわかめ、乾燥ネギなどをまぜるだけでいいんですが、さすがにローフードシェフのなみさん。ローフード専用の機械で、事前にオーガニックのネギ、人参などを切って、自分で乾燥させてくださっていました。
味噌もまたすごい。
これはチエさんが、福島原発の際に、「放射能から自分を守るため」と思って作った味噌が、そのまま4年も放置していたことに気がついて、今回のために開けてみたらすごくいい感じに発酵していた、というので、その「4年ものの味噌」を分けてくださいました。
この味噌、本当にチョコレートみたいな芳香なんです。
という、ぜいたくな材料を使って、みんなでワイワイと味噌玉つくり。
「さっそく、うちの夫の出張に持たせたい!」という方もいました。

その後、ナミさんとチエさんと、数人の参加者で、「農家」という居酒屋へ。
そこは、「地産地消」をモットーにした、すばらしい居酒屋。(しかも禁煙〜!)
野菜メニューも多く、とってもおいしくて、安心して食べられるところでした。

実は神戸って、「大都会」のイメージがあったんだけど、農地も多く、しかもオーガニック率も多いらしいのです。
さらに、酒蔵も結構あったり。(たしかに、灘も近くですよね)

今回はゆっくり見て回る時間がありませんでしたが、またぜひ行ってみたい。
そして、もっとワークショップや講演などをやって、たくさんの人たちと交流したいなあ、と思った神戸の旅なのでした。



横浜ワークショップ 

September 18 [Fri], 2015, 8:46


さて、12日は今度は横浜の「シェアハウス」で、ワークショップが行われました。
内容は、福岡とほぼ同じですが、テーマはより「和食と発酵食品のヒーリングパワー」ということでお話しさせていただきました。
その後の質問コーナーが、結構たくさん意見交換もできて、盛り上がりました。

そのあとは、みんなで大きなキッチンを使って料理大会。
またこのキッチンが、でっかくて、広々としてて、しかも陽光が差し込む、実にスバラシイ場所なのです!
それぞれ、みなさん料理が上手な方ばかりだったので、次々にアイデアも出て、本当にすばらしい、しかもヘルシーなご馳走がたくさん出来上がりました。
そのシェアハウスの人たちが作っている、自家製ビールも登場して(これがメチャクチャうまい!)、これまた本当に楽しい時間になったのでした。

以前横浜に住んでいたこともあって、10年ぶり以上に会う当時の仲間や、なんと高校で教員をしていたときの教え子まで来てくれて、また、新しい人たちとのつながりもできて、本当にすばらしい会となりました。
企画、準備をしてくれた日高さん、シェアハウスを使わせてくださった、「住民」のみなさん、本当にありがとうございました。

福岡講演会 

September 18 [Fri], 2015, 8:24
 9月5日土曜日、福岡で「アメリカのオーガニック事情と日本の課題」というテーマでお話をさせていただきました。参加者は30名ほど。
 
 今回の企画はとてもユニークで、まず福岡でオーガニック農業を営まれている、河津さんという方からお話しがありました。
「身土不二」をテーマに、いかにいま「土」がひどい状況にあり、そのために人間自身が病気になっているのか、ということ。
 そして、母なる大地である、「土の健康」を取り戻すことが、私たちの健康を取り戻すためのカギである、ということをお話しされました。
 ちょうど、最近ようやく「奇跡のりんご」の本を読んだところだったので、とても胸に響く内容でした。

 その後、ぼくが「アメリカ食と健康の大革命と日本の展望」というテーマで講演させていただきました。
 「オーガニック事情が世界一すすんでいるアメリカだが、それでも肥満や病気が改善されないのはなぜなのか」という疑問。その理由として、アメリカ人の食べ方に問題があるのではないか、ということ。
 そして、日本の伝統的和食や発酵食品が、アメリカの「救世主」になりうる、ということを、ぼくのカウンセリングの経験などを通して紹介し、最後に「いま日本は食と健康の革命前夜にいる」ということ。
 そして、世界に類を見ない和食、発酵食品という「宝」を持つ日本なら、これまで世界のどこも経験したことのないような、本当の意味での「オーガニック大国」、「健康大国」になる可能性を持っている、ということを訴えました。

 そのために、まずはみなさん自身が「和食」を普段の生活の中に取り戻し、一方で「もっと質のいいオーガニックの食品などが手に入りやすい環境をどうやって作っていけるのか」ということを、一緒に考えて行動していきましょう、と結びました。

 その後は、河津さんのところでとれた、おいしく新鮮なオーガニック食材を使った手料理で交流会。
ビールやお酒も入って、本当にわきあいあいとした、とってもユニークで、楽しい会になりました。

 企画してくださった皆様。おいしく、エネルギーあふれる野菜、そして料理を作ってくださった方々。準備などに奔走してくださった方々、そして、雨の降る土曜の午後に、時間を割いて参加してくださったみなさま、本当にありがとうございました。
 今後とも、どうかよろしくお願いします!

日本での予定 

August 24 [Mon], 2015, 22:34
そろそろ、9月の日本での予定が決まってきました。
今回は、多くの方のご協力で、今のところ全国4カ所で企画を行う予定です。
とりあえず、最初の2箇所(福岡、横浜)の内容をご報告します。
お時間のある方、ぜひぜひご参加ください〜!

女性達の考える食と命と農
講演会と食事会~無農薬栽培野菜を中心とした料理~


2015年9月5日(土)16:30~20:00 「瑞松庵」
〒810-0052 福岡市中央区大濠 2 丁目 1-16  問合せ先: 関戸 秀子 090-3733-6859
参加費 5,000円 限定30名 (食事込)
16:30~17:00 「私の考える身土不二」 講師:河津 利夫「あ~す和農園園主」

17:00~18:00 「アメリカのオーガニック事情と日本の課題」 講師:平田 仁志
18:00~20:00 食事会 あ~す和農園の無農薬野菜を中心とした食事をご提供します。
主催:関戸 秀子
後援:松井 和子/平田 喜代美/河津 利夫
お申し込みの際にはお名前、連絡先をご記入の上、下記の FAX までご返信ください。
FAX:092-283-8617 申込締切 9月2日(水) お問合せ・ご質問はこちらまで 関戸 秀子 090-3733-6859

*内容は、1月の福岡講演と重なる部分が多いと思います。


お話し会とおいしい交流会 横浜
「ニューヨーカーが注目する、和食と発酵食品のパワーとは」

講師:平田仁志さん (通称JIN)
場所:ウェル洋光台(シェアハウス)    
横浜市磯子区洋光台3−30−38
*JR京浜東北線 洋光台駅徒歩3分 です。

第一部【講座と個人カウンセリング】 14時〜16時(15分前より受付)
ニューヨークでヘルスカウンセラーとして活動する中で知った日本の発酵食品や和食のヒーリングパワーについて紹介します。また、プチカウンセリングで一人ひとりに合った実践方法をアドバイスします。

第二部【食事交流会】 18時半〜
講座参加者にシェアハウスの住民も交え、JIN先生がプロデュースする発酵食で食事会を開催します。あかちゃんから外国人まで多様性溢れる、手作りすることやパーティーが大好きなハウスメイトと楽しいひと時を過ごしましょう。アイドリングタイムはJIN先生と一緒に食事を作ったり、お庭のハンモックでのんびりお昼寝したり、自由にお過ごしください。

料金  第一部のみ1500円  交流会込み4000円
申込み  平田仁志 hitoshihirata72@yahoo.co.jp    
または日高佐知子(ウェル洋光台住民、パーマカルチャーデザイナー) sacincin@yahoo.co.jp   
お名前、Eメール、電話番号、交流会の有無、参加人数をお知らせください。
定員   15名

後半は、神戸と大阪のカフェで、「お話し会と味噌玉作り」と行う予定です。詳しくは追ってご連絡いたします。関西の方、ぜひご参加ください。

また、もし他の場所で小規模でもお話し会やワークショップを希望される方は、直接以下のメールにご連絡ください。

hitoshihirata72@yahoo.co.jp

みなさんにお会いできるのを楽しみにしています!

NYの夏。ワークショップシリーズ 

August 22 [Sat], 2015, 7:18
まだまだ暑い日が続いているニューヨークですが、日本のほうはいかがでしょうか。
今回は「NYの夏シリーズ」、第3弾。

この夏は、結構ワークショップや料理教室などで忙しくしています。
その中でも、春に始めたワークショップシリーズ、「ヒューマンフードダイエット」は、今メルマガで連載している内容を、アメリカ版にアレンジして行っているものです。

先月は、ハーレム地区にある、料理教室にずっと通ってくれている生徒さんのお宅で行いました。
いつもと趣向を変えて、「ラウンジ風」にリラックスした雰囲気。
前半の1時間はぼくの講演で、後半は立食パーティー形式。
家を提供してくれた生徒さんが、これまでのレシピの中から選んで、たくさんのおいしい料理を用意してくれました。

こういう形でワークショップを行ったのは始めてだったのですが、みなさんとても楽しんでくださったようで、「またこういう機会をぜひ持って欲しい」と、たくさんの方に言われました。

確かに、ただ勉強して終わり、だと素っ気ないし、人も集まりにくいのかもしれません。
今後は、こういう「食事付き」とか、「ついでにちょっと簡単料理教室も」、とか、そういう楽しい企画にしていこうかな、と、今後の方向性も見えてきたような気がします。

日差しが差し込む、ニューヨークとは思えないような大きなアパートで、とっても楽しい夏の夕べ、となったのでした。


福岡の悲しい歴史。終戦の日に思う 

August 15 [Sat], 2015, 0:44
8月6日はヒロシマ、9日はナガサキ、そして15日は終戦。
夏は、日本人にとって、「戦争と平和」を思い起こす季節でもありますね。

今年は、70周年ということもあって、さすがにこちらのメディアでも、「原爆」のことが取り上げられていました。(例年は、完全無視状態)

先日、母が、数年前に読売新聞に連載された、という戦争に関する記事を送ってきてくれたので、少しここで紹介します。

実は、僕が生まれ育った福岡には、あまり知られていない、悲しい歴史があったんです。
終戦後、当時日本が占領していた満州や朝鮮半島から、多くの日本人が引き上げてきました。
その受け入れ港となったのが、まさに博多港。その数は139万人にものぼりました。
その中に、終戦直前に日本と開戦したソ連軍兵に強姦され、身ごもった女性たちが多数いたのだそうです。

「外国人との間に生まれたとすぐ分かる子供を連れた母親が、一人で故郷に帰り、新しい生活を始めることが極めて難しい」時代。
そういう女性たちに、医師たちが密かに中絶手術を施していたのです。

当時は違法とされていた中絶手術。しかも戦後の混乱で、まともな施設も設備もありません。
「麻酔もなく、目隠ししただけ」で、医師がはさみのようなものを体内に挿入し、胎児をつかみだす、というような状況だったのだそうです。
その想像を絶する激痛に歯をくいしばって、手術に耐えていた若い女性たちは、いったい何を思っていたのでしょうか。
そばにいた助産婦や看護婦たちは、ただひたすら、その女性たちの手をにぎりしめてあげることしかできなかったのだそうです。

さらに、「泣き声を聞かせると、母性本能が出てしまうから」と、母体から出てきたところで、頭をつぶし、または首を絞め、声を上げさせなかった、ということも。

「胎児の頭頂部にメスを突き立て、分娩室の隅に置いておいたが、『ファーファー』と猫のような弱々しい声がするので見てみたら、まだ死んでいなかった。医師はさらにメスを突き立て、その女児の息がとまった」。
そんな証言もあります。
また、手術の失敗で、亡くなった女性達も多数いたそうです。

当時、このような中絶手術をした女性は、400人から500人。
死亡した胎児は、助産婦や看護婦の手で、すぐに施設の庭に静かに埋められました。

「助産師は命を育む役割を担っているが、ひとたび戦争が起こると、命を奪う立場にもなりうる」
この経験を風化させてはならない、と語り継ぐ活動を始めた福岡の助産師たちの言葉です。

戦争が終わって70年。
その間、一度も海外に軍隊を出したことのなかった日本が、また同じあやまちを繰り返そうとしています。

兵隊が戦場でドンパチやることだけが戦争ではありません。
ありとあらゆる命を傷つけ、奪う。そして、決して癒されることのない傷を残す。
それが戦争の本質だと思うのです。

日本人として、私たちは今、真剣にこのことを考えなけでばならないのではないでしょうか。
政府の言う、「ふつうの国になる」というのはどういうことなのか。
終戦の日、8月15日。
みなさんもぜひ一緒に考えてみてください。

追記
現在、その手術が行われた施設の一つ、二日市保養所跡(筑紫野市)には、無念にも失われた多数の幼い命、そして女性たちを供養する「母子像」があるそうです。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hitoshi
読者になる
マクロビオティック健康相談のホームページです
http://hiratahitoshi.wix.com/macro
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像hitoshi
» NYの夏。ワークショップシリーズ (2015年08月23日)
アイコン画像☆A・A☆


» NYの夏。ワークショップシリーズ (2015年08月22日)
アイコン画像☆A・A☆


» メルマガを始めました〜 (2015年06月27日)
アイコン画像☆A・A☆


» 手作り納豆 (2015年03月07日)
アイコン画像あやか
» 質問への回答3 (2015年01月27日)
アイコン画像あやか
» ニューヨークで手前味噌作り (2015年01月27日)
アイコン画像☆A・A☆


» 質問への回答3 (2015年01月24日)
アイコン画像hitoshi
» インスタントの味噌汁 (2014年09月15日)
Yapme!一覧
読者になる