看護実習生 

2012年01月13日(金) 20時31分
今、病棟に看護学生が実習に来ている。

実習指導者に厳しく突っ込まれて、毎日オロオロと緊張している様子。

頑張ってると思うんだけど、指導者をしている先輩から見ると、全然ダメダメみたい。
看護学生の実習の質がどんどん悪くなってるように感じる、って。

学生自身が何をしたら良いのか分かってないのが致命的なのかな。

昔の看護学生って、「学生」というより「新人看護師」に近い存在だったんではないかと思う。
即戦力として、学校でみっちり仕込まれていたようだし、学生自身も就職を見据えて実習してたのだと思う。

今の教育は頭で考える力を重視してるみたいだから、即戦力としての教育ではないと思う。実習でいきなり実践しろと言っても、なにしたら良いか分からなくなってしまうのは当然だと思う。

私もオロオロしたなぁ。

大学でたくさん学んだけど、
結局看護師って何なんだろう?
何をしたら良いんだろう?

って、なんか良く分からないままに卒業したように思う。


理論や学問としての看護学は大事だし興味深いんだけど、それを臨床で応用できるようになるには時間が必要。

ゆとり世代な私には、実習生に多くを求めすぎてるように思えてしまう。
結局学生は高いハードルに萎縮し、越える方法も分からないままオロオロする3週間を過ごすことになる。

こんなのって誰にとっても不幸。

実践してこそ看護だなぁ!早く働きたいなぁ!って感じられない実習に価値があるんだろうか?

赤ちゃんたちの力 

2012年01月12日(木) 22時41分
今日は帝王切開2件でベビーキャッチをした

今までC/Sって、「色悪いし、SpO2値も低いし…」って、ちょこちょこ羊水吸引やO2口元放流してることが多かった。

でも先日のNCPRの勉強会で、こういう処置が「いかに不必要か」ということを理解。今日はその学びを活かせたと思う。


2件とも特にリスクのない38週のベビーたち。

出生から約1分後の時点で、SpO2値70台後半〜80台。四肢末端チアノーゼあり。
わりと大人しいので、刺激で啼泣を促す。しっかり水分を拭き取り保温する。
鳴き声が小さめなので少し心配になりながらも、ピンクアップしてきているので、保温に努めながら臍処置。

SpO2は徐々に上昇し、5分後94〜100%に。

基本のルーチンケアのみだから、赤ちゃんが胎外環境に順応する過程をしっかり感じることができた。


生きるために自分で呼吸を始める、
そして呼吸を続ける。
エンジンをかける瞬間みたいな緊張の時間。

大切な瞬間を見守ることができて、今日も本当幸せ。

2人の赤ちゃんのこれからの人生、凸凹道でも、坂道でも、エンジン絶好調でありますように!

健康な体 

2012年01月10日(火) 6時13分
体調を崩して、新年早々仕事を休んでる。
1週間も働かないなんて初めて。

もう治ったから、健全な魂も宿ってほしいな。


別れてもう数ヶ月たつのに、まだ未練がましく思い出してしまうことがあって嫌だ。

それだけ好きだったんだろう。
彼のことも、彼と付き合ってるということも。


自分は、よくあるタイプの女の一人に過ぎない、ということが良く分かったお付き合いだった。

改めて自分を知るきっかけになった!なんてポジティブに言ってるけど


実際、無駄な時間だったと思う。


人間関係はギブアンドテイクではないけど、そうじゃないからこそお互いに思いやっていないと虚しい気がする。


男の人と付き合って気づくのは当たり前のことばかり


付き合わなかったら、そんな当たり前のことも分からない。




どうしたものだか…




コントロール 

2011年09月28日(水) 23時42分
できると思い込むから、イライラしたり落ち込んだりする。

感情をコントロールしないとなぁ、と思う。


感情を「コントロールできるもの」と思い込んでる時点で、また振り出しなのかも。

芽生え 

2011年09月19日(月) 22時02分
ふとした思いつきだったのだけれど、
ついに歌舞伎を観に行った。

地方巡業公演、恐らく敷居は低いのでしょう。慣れたご婦人方が大勢いらっしゃっていました。

初体験の者には、勇気のいる経験。
本当に良い経験。

歌舞伎や古典や邦楽、もっともっと知りたくなっている。
和のお稽古事もしてみたいし。

世界が広がるのは幸せなこと。
ふとしたことで、幸せになれる。

初ワールドカップキ 

2010年06月25日(金) 23時27分
いまさらながら、ワールドカップを見始めた。

あまり興味をもったことがないので、何が何やら分からない。


「赤がブラジルですか?」と聞いて、
愛する人を固まらせてしまいました。

己の無知が恥ずかしい…


ルールもアバウトにしか知らないけど、どうしてなかなか面白いね


食わず嫌いせずに、もっといろんなことに興味持っていきたいな



ポルトガルもブラジルも頑張れ〜

梅雨入りの 

2010年06月17日(木) 22時12分
覚悟を決めたのに、何故か。
良い天気でした。


夜勤明けの疲れ切った心でさえ、
活動しないと勿体ない!
と焦るほどに。


結局一日寝ていたけれど。
しっとりとぬるい風は、眠りを浅くするみたい。


夏の暑さが好きっていうあの人みたいに、湿度でさえ楽しめる人間になりたいな。


今年の梅雨の目標。

年女 

2008年10月19日(日) 0時14分

新卒なのに年女な私は
先月、24歳になった。


ここ数年はあわただしく毎日が過ぎ去るようだけれど

年を重ねていくのって、そんなに悪くないな。



時々、年上の方から、

「今が一番いい時ね」

と言われる。


そうなのかもしれない、と思う。



自由になる時間とお金が適度にあり、

新しいことを覚え、成長を実感でき、

自分も家族も健康。そして、飼い猫も元気。




けれど、確実に不安要素が増えてきているのも事実。



引っ越し、子育て、転職、キャリアアップ、進学、結婚、別れ、同棲、


いろんな選択肢があるようで、ないような、
これからの人生

どんなふうに生きていこうか。



ある時は、誰かの選択肢を犠牲にしなければいけないだろうし、

ある時は、誰かのために自分の選択肢を犠牲にしなければいけないんだろう。




だけど、どんなふうにでも生きていけるための第一歩



まずは


貯蓄を頑張ろう。

破れ鍋に 

2008年10月09日(木) 23時14分
結局、落ち着くところに落ち着いてしまえば、

あとはそれなりに、

ぬるい日々が。


来月会えるか会えないか、そんな些細なことが気にかかったりもする。


さて、来月と言えば、いよいよ助産業務が始まるそう。
まるで他人事のように遠くに感じる。
入社した日の、あの誇りは、どこへ隠れてしまったのかな。


同期がかなり参っているようで、それも気になるし。


明日は我が身、

とも思う。


少し冷たいな、私。

他人の弱いところに直面すると、逃げ腰になってしまうんだ。



冷たいな。

活力 

2008年08月28日(木) 19時42分
良くも悪くも人に流されやすい。


信頼する友と語り合い、
終わった恋も日常の愚痴も仕事の悩みも
全部ぶちまけあった。


気付けば本日は未練が弱くなっている。


心の内をさらけだせるって、
非常に気持ち良い。




9月からはジムへ行こう。



「自分磨き」って、
馬鹿みたいな言葉だけど、

今、私に必要なのはそれなんだろう。
2012年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:トラウベ
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1984年
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 職業:その他
読者になる
未熟な助産師。 未熟な人間。 本と猫を愛する。