rururu. 

2007年08月22日(水) 3時18分
落ちるおちるおちるる。
そんなかんじ。

最近暑いね。


言葉が出てこない。
疲れてるのかしら。







ごめんなさい。
多分すぐ消すから。
すこしだけ。







こんな自分愛せない。


明日もバイト。
首にするならいっそさっさと言ってくれ。
覚悟は割りと出来てる。
でも絶対に自分から言いださない。
残ってるのは意地だけ。



弱くて、すぐ誰かに助けもとめて、自分に何か出来るなんて思ってたりするけど思ってません。
でも思ってるんだ。
鼻で笑われても思ってるんだ。
口だ毛だと思われようと思ってるんだ。
願望を口にしてなにがわるい。
せめて祈りを口にしてなにがわるい。
ちきしょうめ。
ちきしょうめ。


あぁ努力してないからか。




なくなったをもとめる。
なくしてからほしがる。
ひきずられる。
さいてい。

なつのにおいがする。
虫の声がする。
誰かの声が聞こえる。




結局のところ甘えなんですけど。
甘ったれ。
いつも「なんとかなるよ」とか言っといて。
「なんとかしろよ」
無責任なポジティブってのはやめときなさい。
それにむかって努力することが大事なんだよきっと。
努力して、「なんとかなるさ」って言えばいんだよ。
でも努力ってなに?
最近わかんない。



なさけない。
薄っぺらい。
器なんて小さい。
何が出来るとかしらん。
根性もない。
特技もない。
何が出来るとかしらん。



ある意味潔癖主義なのかもしれない。
うそついてたくない。
つけない。
だめなじぶん。
だめ。
偽ること。
甘えたいだけか。


格好悪くなれない。
いつもなにかと格好つけて。
ほんといやになる。
カッコウつけてるのがかっこわるいのに。
わかってるのに。


勇気がない。
こわい。
じしんがない。


最近おこられっぱなし。
皮肉かな、涙が最近いっぱいでてた。
出ないとかいってたくせに。




俺はあなたたちみたいに苦労してない。
経験もない。
へらへらとわらってすごしてる薄っぺらくて、小さくて、何も出来ない偽善者です。
信用なんかされてません。
ちきしょう。
間違ってない。
だからこそダメなんだ。
だめなのは自分。
わかってるんだ。
何もいえないもん。
口に出来ないもん。
だってそうなんだもん。
受け入れちゃうんだもん。
しかたないじゃないか。


立ち上がりたいけど。
立ち上がれるのかしら。




別に落ちてるけど、落ちきってない。
へこんでるけど、そこまででない。
まだどこか自分を信じられるところも確かにあるけど、あやふや。




ちきしょう。
ちきしょう。
信用って難しい。
裏切り。
もう全部なくなってしまえ。
落ちきってしまえ。
落ちるところまで。
ぜんぶ。
ぜんぶなくして最後に。





バイト。
明日は仏滅。
ヤな予感ひしひし。
絶対こっちからは言ってやらない。
ここだけは引かない。
絶対苦しくても、ぜったい。
意地。
ちきしょう。
せめて言わせてやる。

自己嫌悪 

2007年05月31日(木) 2時00分
あなたはもう昔とは違う。
もう俺に笑いかけてはくれない。
もう甘えた声でふざけてくれない。
話も出来ない。
キスできない。
抱きしめてくれない。
近づけない。
戻ってこない。
好きって言ってくれない。


あなたと過ごした半年は、あんまり会うことはなかったけど、すごく素敵なものだったよ。
あなたと過ごして幸せだった。
あなたもそうであるといいな。
幸せであって、そして今も大切な思い出として残っていればいいな。
願わくば、君の心に俺の思い出が残っていることを。
君の心に俺が住んでいることを。
それが一生消えませんように。
それはすごく残酷なことかもしれないね。

ずるずると引きずらなければよかった。
さよなら、って一言言って終わりにすればよかった。
そうすれば、綺麗でスマートで格好よくて君も泣いてくれたかもしれないのに。
君の心に傷を残せたかもしれないのに。


いやだな。
君に幸せになって欲しいのに、傷を残したいなんて。


なんて俺は卑しい人間なんだろう。
最近凄くそう思う。
全てにおいて。
卑しい生き方しか出来ないのかもしれない。



それでも、生きていかなきゃ。

休息。 

2007年05月30日(水) 3時06分
心が疲れちゃったときは、休めば良い。
好きなことをすればいい。
愚痴を話すのも良い。
カラオケに言って憂さを晴らすのもいい。
いっぱい話して、いっぱい美味しいものを食べて、いっぱい好きな音楽を聴いて、熱い風呂に入って、ベットでいっぱい寝たら良い。
そして朝起きて、朝ごはんを食べて、どこかにでかけるのがいい。


忘れてた。
色々。


まぁがむしゃらになにかをやり続けるってのもいいかもしれないけどね。
あぁ旅行きたいなぁ。

ふと思う。 

2007年05月23日(水) 16時17分
大切なのは誇りなのかもしれない。
あの子は絶対に色々困難に屈しないだろう。

このまま情けないヤツのままでいいわけがない。


立ち上がるしかないんだ。

今日で二ヶ月だ。 

2007年05月23日(水) 16時05分
今日で二ヶ月だ。
二ヶ月たったっていうのにまだ引きずってる。

最悪。
未練がましい。
女々しい。
メンタル弱すぎ。
面倒くさすぎ。


ファック。
会いたい。
会ってまた昔みたいに話がしたい。
抱きしめたい。
キスしたい。


でも、頭の中で想像してもそれはもう出来ないんだよね・・・。
君は違う人を愛しているんだよね。


あーやだやだ。
やだやだやだ。
面倒くさい。


こんなことにいつまでも引きずられてるのなんて、馬鹿みたい。
もっといい男になるしかないかなぁ。


ばか。

なんとかなる。 

2007年05月23日(水) 15時53分
なんとかなる。


去年の俺はそんなことを言っていたなぁ。
実際に、何とかなっていた。
何とかしようとして、何とかなっていた。


今とは、大違いだ。
心の余裕なのかな。
少し思い出して、忘れないようにしよう。


なんとかなる。


嘘でもいいから。
それをほんとにする努力を。

マスクマン 

2007年05月19日(土) 3時28分
今日はここ数日間の中で一番幸せな気がした。


自信を少し取り戻せた。


理解してても精神がヤな感じに作用して動けないことがある。
うん、そう。
だから自信が必要なんだ。
じゃないと怖い。



混み入った電車の中。
座席に座れた。
僅かな睡眠を貪る。
ふと目覚めて外を見てみると見慣れぬ景色。
慌てて降りるとそこは梶ヶ谷駅。
行ってしまった電車を目で追った後、周りにはこれといって何もない駅。
ほんと何もない気がした。
人もいない。
静かな。



その3分後に来た電車に乗って、また少し惰眠を貪りたまプラーザで降りる。
そして改札を抜けて、東急方面に出て、そのままタクシー乗り場を過ぎて、バスロータリーを抜けて交差点に出たとき。

何故かそこですごく幸せを感じた。
なんでかしらないけど。
夜の空気一杯吸って。


さて寝ますんだ。
明日もがんばるんば。

あはー。 

2007年05月02日(水) 3時15分
髪を切った。
すっきりした。
色んな気持ちが、まとわりついてたおもいものが落ちた気がした。


きっと、人と付き合うっていうことは、相手のどこかを尊敬し、そして自分のなかにも誇れるものがあってそこではじめて成り立つんじゃないだろうか。


あの子のこと、ようやく立ち直れそう。
忘れたいけど、忘れたくない。
でも忘れたい。
でも忘れたくない。

考えても仕方ないので考えないことにする。

前向きにはなってるんだけどね。

リバース。 

2007年03月31日(土) 1時30分
立ち上がれた。
ほんの少しだけど。
まだささやかなことだけど。
まだいける。
希望は見える。

いつまでも俯いていられない。
底から這い上がってやる。

まだ終わったわけじゃない。
まだまだ。

あきらめない。

気持ちを裏切らない。
自分の素直な気持ちをぶつけてやるんだ。

知らない男に渡してたまるか。
絶対に渡さないんだから。

俺が幸せにするんだから。
これから幸せにするんだから。

この決意を絶対に揺るがせないようにここに記そう。

負けない。

さむいね。 

2007年03月23日(金) 19時03分
ずっと一緒にいけると思ってた。
なんでこうなっちゃったんだろう。
よくわからないや。


君が居たから頑張ってこれた。
君が居たから頑張っていけると思ってた。


暗い二部でも平気。
派手なことはなくていい。
二部の知り合いは増えなくていい。
君さえ居ればそれでよかった。
大学なんていいんだ。


君の夢を応援していきたかった。
俺の夢を隣で応援してほしかった。


まだ5月までは忙しくなるけど。
それから。
それから。
まだまだこれからなのに。


まだ俺たちしてないこといっぱいあるよ。
行ってないとこいっぱいあるよ。


一緒にあの家でもっとゆっくりしてたかった。
いつも二人とも時間合わなかったり、なかったりで、会うときいつもあそこだったね。

ケーキ美味しいって言ってくれて、嬉しかった。
すごく嬉しかった。
料理、あの家で色々作ってあげたかった。
二人で作りたかった。

近くのスーパーとかでさ、料理器具とか買ってきてさ。
材料も二人で買って、最初は簡単のから。
俺最近結構頑張って料理覚えてきたんだよ。
夢見てただけかな。


結局ビデオも見れなかったね。
DVD見ようとしてPS2持ってきたけど、ケーブルが一本なくてみれなかったんだよね。
自分のへたれ具合には笑っちゃうね、ほんと。
それでも君は笑ってくれたね。

色々DVDとか借りてみたかった。
ナイトメアも、絶対見る!!とか言ってたけど、結局見れなかったね。
怖いDVDも借りて見たかった。
ネタバレされちゃったけどさ。

二人で並んでさ。
床暖房つけて。
まったり見るの。
ソファーで見るのもいいかな。
だらだらとさ。
そんな時間が欲しかった。


初めて抱いたときも、お互い初めてで、なかなかうまくいかなかったよね。
これからゆっくりと上手になって、もっと君を喜ばせてあげたかった。
君を感じたかった。



色んなことしたかった。
色んなとこ行きたかった。
もっと愛し合いたかった。

まだ何も始まっちゃいないのに。


君を幸せにしたかった。
君と幸せになりたかった。


未練がましいと思うかもしれない。
いや、実際未練がましいし、ね。


心変わりは悲しいけど。
俺はどうしていいのかわからなかった。
怒るでもなく、泣くでもなく。
なんか、あぁそうなんだ、って感じ。
そっかぁ、って感じ。

涙はなぜかあれから一滴もでていない。
泣けないんだ。


でもやっぱり悲しかったかな。
半年の月日はやっぱりちっぽけで薄っぺらなものだったのかな。
バイトになんて行かせなければよかった。
止めればよかった。
君はいつも俺の心配を、大丈夫だよ!、って言って逃げるんだから。

やっぱり大丈夫じゃなかったね。
色々距離、開いちゃったね。

君が頑張ってる間、俺も頑張ってた。
頑張ってたつもりだけど。

苦しかった。
助けて欲しかった。
でも迷惑かけたくなかった。
どうしようもなかった。

でも君はそんなときにその人と一緒に頑張って働いてたんだよね。


恨むつもりはない。
きっとない。
ただただ、苦しいだけ。


よくある話だけど、直に体験するのはやっぱり堪えるね。
誰でも体験するようなことかもしれないね。

この思いを誰にぶつけよう。
誰に。

でも誰か人にはあんまりぶつけたくないようなぁ。
ということでブログに適当に書きなぐることにした。




ごめん。
今までありがとう。
頑張ってね。
幸せになって。




嘘じゃないけど、本心じゃない。



ほんとは俺が幸せにしたかったんだ。


ごめんね。



みんな幸せならいいのにね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Rest
  • アイコン画像 誕生日:1987年10月14日
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 職業:大学生・大学院生
読者になる
特に優れたところもなく、ひたすら優柔不断なへたれ。        負けず嫌いで寂しがりや。    基本誰かに構って欲しいけど、たまに素直になれない厄介な子。 飽きっぽく、新しいもの好きな天皇星人ですわよ。          シンガポールで生まれ、その後京都、神奈川と住居を転々とする。シンガポールには生まれてから1年程しか居なかったため、記憶と英会話能力が失われている。 高校から、「サボってもいいから」という理由で入部した演劇部から芝居にちょっとだけ目覚めつつある。 ただいままったり活動中。 ただ、上にも書いたとおりに何が出来るというわけではない。 特技は指鳴らし。          好きな食べ物は味付け海苔。
2007年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる