「楽天モバイルsim」の調査結果まとめ。リラの高速SIMリサーチ結果

March 19 [Sat], 2016, 19:29
今回の記事では、スマホの通信費を削減したい方の力強い味方となる「格安SIM」について紹介したいと思います。現在、格安SIMがどんどん増えているのはご存じでしょうか。これは2015年5月から総務省が正式に発表される「SIMロック解除に関するガイドライン」によるものです。docomoやau、ソフトバンクなどの大手企業の場合、スマホの一台あたりにかかる料金は、月に約7000円程度です。7000円を、「2000円〜4000円」に抑えることができるかもしれないのが、 格安SIMや格安スマホに乗り換えです。イオンが販売した「イオンスマホ」をきっかけにこのような料金価格を知ったという人も多いと思います。そしてまだあまり知られてないのが、格安SIM・格安スマホが使用する電波が、ドコモ・auの電波であるということ。したがって、どちらもまったく同じように電波をつかみますから、格安SIMの方が感度が悪い、などいうのは単なるデマです。しかも格安SIMの場合、契約期間に縛りがあり、大手キャリアの場合は2年間がほとんど。ところが格安SIMであれば6ヶ月程度と契約期間の縛りが短く、良心的です。データSIMなら、最低利用期間や契約縛りがない場合がほとんどで、とても利用しやすくなっています。とはいえ、格安SIMや格安スマホにもデメリットがあります。ドコモやAUのメールアドレスが使えない点です。








プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ソラ
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hit7nencoa7tlo/index1_0.rdf