歴史の謎は面白い。

April 23 [Tue], 2013, 11:16
7世紀、飛鳥時代に整備されたと伝えられる日本最古の幹線道路網「駅路」。
その総延長は、東北から九州まで約6300キロ。道幅は最小6メートル、
最大では30メートル(基底部)に及び、寸分の狂いなく何十キロもまっすぐに延びる。江戸時代に幕府が整備した五街道をはるかに上回る立派な道路だった。
なぜ、古代にこれほどの道路が建設されたのか。古代道路の専門家である著者は「駅路建設は天武天皇による“列島改造”だった」と説く。当時の日本が目指したのは、強大な中央集権政府である律令国家だ。都と地方を結ぶ駅路のルートは、高度成長期に建設された高速道路の道筋と奇妙なほど一致している。
歴史の謎を調べていくのは楽しい。]]


審判
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:あきら
読者になる
2013年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/history009/index1_0.rdf