隣人がやばいんです・・・

August 31 [Thu], 2017, 21:14
以前住んでいた家の隣人がひどかったんです…。

隣との壁は非常に薄く、テレビ音などしっかり聞こえてしまうほどだったので、
もちろん隣人の会話なども聞こえてしまいました。

住んでいた間に隣人の顔を見ることは一回もなかったのですが、
会話を聞く感じだと40〜50代の夫婦と娘の3人で生活しているようでした。
声を聞くだけでも旦那さんがすごく怖い方だと、引っ越してすぐに分かりました。
しょっちゅう奥さんや娘に対して怒鳴っていたのです。

あまり上手くいってないように感じたので、正直関わりたくないと思いました。
なのでなるべく家では大声を出さず、テレビも極力音を小さくして見ていました。
引っ越して3ヶ月程は隣人トラブルもなく過ごせていました。

4ヶ月程経った時に、ある事件がおきました。
その日は地元から友人が私の家に来てくれ、夜な夜なお酒を飲みながら話をしていました。
地元のことや会社のことなど話は尽きず、深夜の3時くらいまで友人と楽しくお喋りをしていました。

次の日の朝に友人が地元に帰り、見送りを終えて部屋に戻ると、
部屋の扉に手紙が挟まっていました。初めは「友達の置き手紙かな?」と思ったのですが、
その手紙は隣人からでした。

手紙の内容は、私たちが夜中にお喋りしていたことへのクレームでした。
A4用紙びっしりと苦情の内容を書いていました。
しかも、手紙の筆跡が荒々しかった(!)ので、恐らく旦那さんからでした。

しかもその時は地元の英会話と、オンラインでの英会話もスカイプでしていたので、
そのことについても言及している様子でした。(枚方というところの英会話教室でした)

友達とはしゃいでしまったことと、スカイプ英会話に、
うわ、やってしまった。。。とその時に思ったのですが、謝りにいくと顔を覚えられてしまうので、
謝りにはいかずに今後気をつけようと思いました。

ところがその日以降、毎日扉に手紙が挟まるようになりました。
毎日毎日「何時のこの音がうるさい、扉の開け閉めがうるさい、ドライヤー音がうるさい」
といった内容の手紙を送ってくるようになりました。

怒鳴り声も以前より大きくなっていました…。
その生活が2ヶ月も続き、精神的に参ってしまいました。

部屋の大きさも広く、そのわりに家賃も安くて気に入っていたのですが、精神的に良くないと思いついに引っ越すことにしました。

引っ越し当日、荷物をトラックに積み終え、外からその隣人の部屋を見ると、誰かがものすごい形相でこちらを睨んでいたことを今でも鮮明に覚えています…。あの時ほど心の休まらない日々はありませんでした。

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hisako2223
読者になる
2017年08月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる