第三章 初めて会う。 

July 15 [Sun], 2007, 4:25
そんな彼に初めて直接会った。

SNSのみんなで東京へ遊びに行った。

3月16日


16〜18まで滞在だった。

16日

みんなを浅草に案内してくれた。
関係者の方も一緒に。

忘れもしない、

最初に会社へ行ったとき。

このエレベーターを上がったら彼がいる・・・

ついに対面なんだ・・・

あまりにもの緊張で死にそうで逃げ出したくなった。

夕方〜浅草 

夜は他の関係者も数人来てみんなでBARへ。


みんなが隣へ座るように仕向けてくるけど
顔もまともに見れない。。
しゃべることもうまくできない。。

ただ隣で心臓の音が聞こえないように祈るだけだった。

名刺交換をした。

帰ったあと、お礼のメールを送った。

楽しんでくれてよかったです。

返事が来た・・。


かなり舞い上がった私。


17日

前日の飲みの席で、今日の彼の仕事に呼んでもらえることになった。
Rちゃんと私。

早朝から夕方まで茨城で。

疲れで帰りの車で寝てしまった。

ホテルに着くと、
「あんたに電話したけど出ないってゆってたよ」とRちゃんから聞く。


!?

電話くれたんだ・・・


馬鹿だ私・・・

夜、大勢で歓迎会をSNSの女性が開いてくれた。

彼はだいぶ遅れてやってきた。

もうこんな機会はないと思い、

勇気を出して店の下まで迎えに行く。

その日は入れ違いのようにあまり話すこともなくホテルへ戻った。


明日は帰る日。

彼は明日もみんなでどこかへ行きますか?と。



2人で会いたい。。



駄目元でメールしてみた。



いいですよ^^と返事が。





もう死ぬかも知れない。。






第二章 声。 

July 15 [Sun], 2007, 4:19
12月末にSNSの忘年会があった。
初めて一人で参加した。

主催者のHさんやNさんが、私が彼のファンというのを知っていて
突然電話をかけてくれた。

TV電話。。

いきなりのことでびっくりし、緊張でドキドキが3倍くらいになった・・・


TV電話に写った彼はやっぱり優しい笑顔で、
優しい声で、


それから暫く放心状態になった。


まだ小さい、けれど確実な恋心だとわかっていた。

第一章 知る。 

July 15 [Sun], 2007, 4:12
彼を初めて知ったのは去年の秋頃。
某メディアで顔を出してる彼を見た。

瞬間。

ドキドキした。

これは忘れない。

すごく素敵な笑顔をしてたんだ。

それから何度か見た。



自分がこの人に恋愛感情を持ってることに気づいたのは
一ヶ月たってないころだった。


どんどん気持ちが大きくなっていくのがわかった。


それから2ヶ月ほどして、
彼が奥さんも子供もいることを知った。


ショックだった。


でも



私も旦那と子供がいる・・・



まぁ彼と会う事もないだろうし、ファン心でいようと言い聞かせる。



はじまり。 

July 15 [Sun], 2007, 3:59
始まった恋。
始まりがあれば終わりがある、と心のどこかで
覚悟はしている恋。

これは私と彼の恋の経過・想い出を忘れないように
自己のために残して行こうと思う。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hisa0134
読者になる
2007年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる