交代勤務でも安心!夜勤でも昼間しっかり寝るコツとは?

July 17 [Thu], 2014, 8:49
交代勤務で夜勤をしている人は
昼間に寝られないという悩みを抱えている人が多いです。

ベッドに入っても周りが明るくて眠れない、
寝ていてもすぐに目が覚めてしまう等
ぐっすりと眠れないという人が多いです。

そのまま出勤すると仕事中に眠気が襲ってきて
作業に集中できなくなったり
ミスが起こってしまう原因にもなってしまいます。

睡眠薬を飲むという人もいますが
常用すると薬に依存してしまい
段々と睡眠薬を飲んでも効かなくなってしまいます。

そこで、どうしても眠らないといけないときでも
薬に頼らず眠れる方法を紹介します。


■昼間にしっかり寝る方法

・出勤前に目覚めるようにする

夜勤をしていると帰宅後すぐに寝ようとする人が多いです。

しかし、あまり早い時間に寝てしまうと
早い時間に目が覚めてしまいます。

すると、出勤までの時間が空いてしまうので
できるだけ出勤前に起きるように時間調整をして
寝ると疲労が溜まりにくくなります。


・寝る部屋を暗くする

太陽の光が入ってきて明るい部屋だと
深い眠りに入り辛いです。

遮光カーテンなどで部屋を暗くして寝るようにしましょう。

カーテンの設置が難しい場合はアイマスクも効果的です。


・寝る前の食べ物、飲み物を工夫する

寝る前の食事に体のバイオリズムを回復する
ビタミンB12やビタミンB6を摂取すると良いです。

ビタミンB12はレバーやアサリ、シジミなどに
ビタミンB6は赤み魚や肉類、ゴマなどに
多く含まれています。

また、布団に入る前にホットミルクを飲むと良いです。


・睡眠に効果のあるサプリメントを服用する

最近は、睡眠に効果のある成分をバランスよく配合した
サプリメントが豊富に出ています。

そのようなサプリを服用して寝るとぐっすり眠れるようになります。


快適な睡眠を得るためのサプリメントでは
「月の休息」がおすすめです。

現代人は様々なストレスを抱えています。

ストレスが多くなると心を安定させる成分の
セロトニンが不足してしまいます。

セロトニンが足りなくなることで

・布団に入っても寝付けない
・いくら寝ても疲れが取れない
・ちょっとした物音ですぐに起きてしまう
・イライラする

など、体に影響が出てしまいます。

月の休息はセロトニンを分泌させるための成分、
トリプトファンとビタミンB6がたっぷり配合されているので
睡眠の質を高めて寝起きからスッキリ出来ます。


  ▼ 月の休息は薬ではないのでいつ飲んでも大丈夫 ▼