【疲労革命プログラム・男女兼用版】〜いくら寝ても疲れが取れなかったカラダを、最短7日間で自分史上最高の状態に!〜の新事実と第1回さくら学院 もしもしお悩み放送室 第2部 パート@ 

April 16 [Tue], 2013, 6:29


お早うございます ^^)


現在【疲労革命プログラム・男女兼用版】〜いくら寝ても疲れが取れなかったカラダを、最短7日間で自分史上最高の状態に!〜レビュー特集中です(^^)
【疲労革命プログラム・男女兼用版】〜いくら寝ても疲れが取れなかったカラダを、最短7日間で自分史上最高の状態に!〜は、本当に効果があるのか?興味深々ですよね?
↓↓

【疲労革命プログラム・男女兼用版】〜いくら寝ても疲れが取れなかったカラダを、最短7日間で自分史上最高の状態に!〜体験評価はこちら


メインサイトでは、川上 剛二さん作の情報教材【疲労革命プログラム・男女兼用版】〜いくら寝ても疲れが取れなかったカラダを、最短7日間で自分史上最高の状態に!〜を体験した上で、
特典付きでお届けしています。


購入前は眉唾ですけど、実際のところは・・・
詳細はこのページのリンクからご確認下さい。
↓↓

【疲労革命プログラム・男女兼用版】〜いくら寝ても疲れが取れなかったカラダを、最短7日間で自分史上最高の状態に!〜体験評価はこちら


ちなみに、あとはテキトー日記です。
スルーして下さい(笑)


けさのブレックファーストはモチモチのご飯と、焼き魚と白みそのおみおつけ

最高ですよ、やっぱり。



最速5分で完食、8時10分にアパートを出発しました。



自宅そばのファミマ
にいつものように入って、ペットボトルのお茶を買いました(^^)



いつものルーチンですので^^。



勤務先に着いたら、日課のポータルニュースをチェック。

話題の事件は・・・

↓↓

 山形県鶴岡市の出羽三山神社神職養成所に15日、岩手県大槌町の十王舘雅舞美(じゅうおうだて・まさふみ)さん(18)、孝愛笛(たかあき)さん(18)の双子の兄弟が入所した。2人の実家は大槌稲荷(いなり)神社で、兄(21)も3月に同所を卒業したばかり。被災地を支える神職を目指して、2年間の修練に入る。
 大槌稲荷神社は高台にあったため津波被害を免れ、避難所として使われた。雅舞美さんら家族7人は逃げて無事だったが、母方の祖父母を津波で失った。
 生活環境が一変し、2人は高校卒業後の進路を決めきれずにいたが、禰宜(ねぎ)を務める父勲さん(52)と兄の勧めもあり養成所を選んだ。
 15日あった入所式では他の入所生4人とともに、緊張した表情で入所許可書を受け取った。雅舞美さんは「自分なりに2年間頑張りたい」、孝愛笛さんは「父や兄に認められる成果を上げたい」と目標を口にした。
 大槌町から駆けつけた勲さんは「2年かけて将来を考え、いつかは大槌の皆さんのために奉仕してほしい」と期待していた。
 2人は今後、養成所に寝泊まりし、神道の歴史や神職の作法を学ぶ。塩釜市の志波彦神社塩釜神社神職養成所との交流実習も予定されている。
(この記事は河北新報から引用させて頂きました)



・・・どうりで。

大して・・・って感じですね。



まあそれは置いといてきょう、やるべき事と言えば

M君によるとサイトアフィリエイトに5時間と、ブログテンプレの張替えに1時間。



かなりハードだけど簡単に終わる・・・かな?



本日も稼ぎます(^^)



そういや、これこれ

↓↓





ん・・・?ちょっと見てみたかっただけなので・・(^^;

これは失礼しました。



それより、晩ごはんは何しよ?

すき焼きかエビチリがいいなあ・・・



これも良いかな?

↓↓





きっと今度のブログ更新はどうしても明日になります^^;

ということで、一旦さようなら。

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:win333
読者になる
2013年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる