『パイレーツオブカリビアン デッドマンズチェスト』 

August 13 [Sun], 2006, 19:59
2回も観ちゃいました『パイレーツオブカリビアン デッドマンズチェスト』
おもしろいです
かっこいいです
前作を見ていなくても十分に楽しめます。(でもこのキャラ誰だっけ?と思ったりしました。)
それでも疑問に思うことも少なからずあって、パンフレットまで購入しました。
だからばっちり!次回作品がとても楽しみです
パイレーツは他の人気シリーズもの、スターウォーズやロードオブザリングとはちがい、笑いがあることが好きです。キャラが濃い。ジョニー演じるジャックはずるくて、卑怯で、でもかっこいい船長さん。
ラストのほうで一旦にげだしたジャックがまた戻ってきたシーンはかっこよかった!
ジョニーファンではない友達も「ひろすがジョニーがかっこいいっていうのがわかる。」といってくれました。うふっ
みなさんもぜひ一度ご覧あれ!

台風3つ! 

August 07 [Mon], 2006, 21:05
この天気図、週末に台風が3つ発生しました!!
おぉ〜、梅雨が終わったと思ったら、早くも台風の季節到来ですか。
日本の季節はめまぐるしく変わります。

この台風の進路はいかに

クリスタル 

August 01 [Tue], 2006, 21:36
氷の彫刻の作成を初めて観ました。

週末の納涼祭。
イベントのひとつとして日本一の氷彫刻師の腕前披露がありました。
100キロ以上もある氷を運ぶことから始まり、時間を気にしながら手際よく進みます。
チェーンソーやミノを巧みに使い、みごとな指捌き。
わたしも及ばずながらお手伝いをさせていただいたのですが、その冷たいこと。
こんな冷たいものを相手にしていたのかと、尊敬度がますます上がってしまいました

しかし、行く人行く人が足を止めて魅入ってしまうほど、氷の彫刻は見事でした。
完成し、ライトアップされるときらきらと輝き、まさにクリスタル!
きれい。とにかくきれい。
氷も彫刻用に時間をかけてゆっくりと凍らせ、空気が入らないようにしてあるそうです。

職人技ですね。日本一の腕前はすごい

『鷹』を作成しているところ

お疲れ様。 

July 29 [Sat], 2006, 23:26
今日は高校野球大会準決勝。朝早くにおきて行ってきました。張りきって。
30分前に駆けつけたときには、おとといと打って変わってもうスタンドは満員。
応援していてももう嬉しくなっちゃいました。「あぁ〜やっぱこうでなくっちゃ!。」

結果は、う〜ん。 1−0で敗れました
安打が3本。被安打5本という両投手の投げあいのゲームでした。
チャンスがなかったわけじゃない。
守備でも要所要所でちゃんと守りぬきました。8回裏のタッチアップのアウトは感激して涙でそうだった。隣の見ず知らずの人とハイタッチとかしちゃったし。選手のみんなかっこよかったよー!

わが母校の熱い夏は終わってしまったが、高校野球はまだ終わっていません!!。
というよりこれからだよね。
甲子園にプロのタマゴたちの熱い夏を観にいきたい

選手の皆さん、応援団の皆さん、そしてそれを支えてくださった父兄、先生方、往年のファンの皆様、ありがとうございました。お疲れ様です。また来年球場で!


・・・と感慨に浸っている時間もなく、帰宅するとすぐ、今夜の私は仕事へ繰り出しました。納涼祭。ほんとに「おつかれ」って自分に言ってあげたいです。それでも行きたい高校野球。なんです。ごめんなさい。

熱い・・・! 

July 27 [Thu], 2006, 23:23
今日も行ってきちゃいました、高校野球観戦。いや応援。
今日はちょっとハラハラドキドキしました。毎回ランナーだすのだけれど、ここ一発が出ない。、、、う〜ん。と。それでもコツコツと点を重ねてゆき、始終リードで試合は進んでいきました。勝って、ほっ。
わたしがここまで熱を入れることじゃないのでしょうが、やっぱり相手がどこであろうと負けるのはイヤ。試合終了後に勝利校の校歌を黙って聞くあの心境にはなりたくない。そしてなによりも、もっと野球をみていたい。いいプレーがでるとおもわず「かっこいい〜!」とため息が出ます。ミーハーのため息ではなくて、若さと一生懸命さに対する感嘆です。
今年のチームは素人目の私が見た感じでは、誰かしらが投手あるいは打者や走者に声をかけていて、ワンマンチームでなくみんなで野球している感が伝わります。ただ、あくまで主観ですがあくまでですよ、がむしゃらさにかけるような気もします。べつにがむしゃらだから良い悪いじゃないけど。
今大会ホームランがないことが気になりますが、そつなく勝ちをおさめてくれることでしょう。

今日は8強の戦いだけあって、被安打が多かった。これが上の戦いでしょうか!?相手校の横断幕には「めざせ甲子園」とかかれていました。だけどふと思ったこと、目指すのは甲子園ではなく、その上なんだよな、と。目指すのは甲子園や甲子園1勝ではなく、日本一なんだ、と。
印象に残ったのは相手の応援団。(野球じゃないけど)かっこよかった。ビシッと型が決まってて。

今年もついにベスト4甲子園まであと二つ 
以前甲子園で苦杯をなめさせられた高知商が今年も出場が決まりました。今年は甲子園でリベンジです!
 
みんなで応援にいくべし!

試合が終わり応援スタンドに挨拶する選手たち。

夢の球宴。 

July 23 [Sun], 2006, 20:12
今年もプロ野球サンヨーオールスターゲームが開催されました。
ファン投票によって選出された選手を中心にがセ・パ両リーグが対決する。
いつもはライバル同士の選手、ファンそして全球団のマスコットまでもが一堂に会する夢の球宴です。
今年はセ・リーグの快勝!!
MVPは青木選手と藤本選手で幕を閉じました。

普段のシリーズ中とは違い、選手の皆さんの顔もおだやかで、球宴を楽しんでいる様子が伺えました。
新庄選手のサービス精神には毎度のことながら頭が下がります。まさにエンターテイナー!今年が最後かと思うと残念でなりません。

日本ではこのイベント、『お祭り』的印象が強いのですが、本場アメリカでは真剣勝負の傾向が強く、近年ではマスコットの出番までなくそうか検討中だとか。

朝の某番組で張本さんも遺憾を示しておりました。「選手はパフォーマンスではなくプレーで見せるべきだ。」と。藤川投手が握りを見せてストレート勝負を宣誓した場面も「昔はあんな挑発的なことをするとひどく叱られた。」そうです。

しかし、現在の日本の「お祭り的」球宴を変えようと思うのなら、ファンの考え方から変える必要があります。ファンは「このオーダーなら勝てる!」とファン投票するのではなく、あくまでも、自分が好きで応援している選手に投票するのですから。
アメリカ的と日本的、どちらも非難なんてできません。
わたしはお祭り的な球宴も真剣勝負も両方も観てみたい。欲張りだけど。

どちらにしても、みんなが楽しいのが一番だとおもう。選手もファンも裏方も。
わたしも来年こそはオールスターを観にいこう!!

引き続き、一緒に球場へ行ってくれる人募集中



甲子園めざして。 

July 22 [Sat], 2006, 20:39
わが地元、静岡でも遅ればせながら高校野球の夏の予選が始まりました。
(沖縄や鹿児島ではすでに代表校が決まったそうですが)
静岡県は予選の開始が遅いんだよね。100校以上もあるのに。

今日は友人と高校野球の応援に行ってきました。
毎年この季節、母校の応援に必ず繰り出しているわたし。
応援も楽しいし、野球も楽しい。
もともと野球好きの私は応援に熱を入れるときもあれば、じぃーと観戦しているときもあります。
でもやっぱり、球場で校歌や応援歌を口ずさむとちょっと胸が熱くなったりします。
選手とスタンドが一丸になっている、と感じたときやっぱり母校愛を強く実感し、プロ野球にはない高校野球の儚さと熱さに感動してしまいます。

準決勝・決勝とすすめばよりたくさんの卒業生や高校野球ファンが球場へ駆けつけてくれるはず。
わが母校は入学当初から応援を鍛えこまれていますから・・・。(現在は知らないけれど。)
夏は一種の同窓会。
楽しみです。

みんなが目指す甲子園。一球の重み。暑い夏。

この夏こそ、みんなで笑って、校歌を大合唱しよう!

大雨洪水警報。 

July 21 [Fri], 2006, 21:45
梅雨も終わりに差し掛かり、各地で大雨被害が続発しています。
テレビから流れる被害状況はすさまじいかぎりです。
家も車も木も道も、すべてが泥の中。
幸い自分は浸水の被害はあっても土石流の心配のない地域に住んでいます。
それでもやっぱり、一日で生活が一変する天災は恐ろしいなと感ぜずにはおれません。

大雨被害の情報が流れるときまって「これは天災か人災か」たる議論が交わされます。
どう思います?
いずれにしろ被害が出てしまったことには変わりはないのですが、私は単純に「天災」だと思います。
ただ大雨が降ったから天災、だというのではなく、
大雨が降って地盤が緩んで土石流が起きることや、川が氾濫することが自然の流れ、というのなら、そこに人が暮らしを始める、というのもやはり自然の流れだからです。人が暮らすことによって道路やアスファルトができたり、埋め立てたり、川の流れを変えたりする必要が生まれます。
それによって生まれる被害を「人災」と呼ぶのは、人間のおごりとしか思えません。
大地震が来たときに、「塀の下敷きになって怪我をしました。これは人災です。」というのと似たようなもの。
人災というのなら最初からコンクリートの人工物なんて造らなければいい。

自然の力は脅威であり驚異です。
ときに大切な命を奪うこともあるだろうし、人生を180度変えてしまうかもしれません。
しかし人の力で自然を変えることはたとえできたとしてもやってはいけないことではないのかな。
とはいっても、人間の力は少しずつ地球を変えていっているというのも事実です。温暖化、オゾン層、原子爆弾実験などによって...。

私たちが生きていくということは自然と共存していくということであり、そのために覚悟もいるということです。
としたら、運を天に任せるしかないのでしょうか・・・?

行ってきました!ap.bank 

July 15 [Sat], 2006, 23:20
いってきましたap.bank fes'06!

とにかく暑かった〜。なにせ気温は30度を越す今年一番の酷暑。
溶けてしまいそう、じゃない。いっそのこと溶けてしまいたかった。
雨もいやだけど晴れてるのも問題だわ・・・。

午後2時の開演だっていうのに、午前10時すぎには到着。
ちょっと張り切りすぎました、わたし。
最初のレミオロメンが始まったころにはふらふらしてきて、盛り上がる気分どころではなくなってきました。自分の中でも「やばっ、熱中症か?」と自己認識されるほどに。
あぁ、観たいききたい。でもこんなとこで倒れて一日棒に振るのもいやだし。
葛藤の末に、やはり大人的判断でひとり会場を離れて木陰で休むことにしました。
そして休むこと1時間。
みごと復活!!
そのあとはじゅうぶんに楽しみました。

ap.bankは環境活動を支援する団体ということもあって、会場はエコグッズであふれていました。
木でできたスプーンや再生紙のお皿。(お箸は持参と案内にうたわれていました)
コップは回収リサイクル。
ごみの細かい分別。
感心するのはみんながそれをきちんと守っているということです。
ゴミやタバコののポイ捨てもみられませんでした。桜井さんの影響力のすごさです。
なんだ、みんなやればできるじゃん。と、ポイ捨て絶対反対派のわたし。

以前、前を走っていた車が窓を開けたかと思うといきなりゴミの詰まったコンビニの袋を窓から放り投げました。「えぇ〜」さらに驚くことはその車はファミリーで、後部座席には子供が乗っていたということです。子供の前でそんなモラルに反することしちゃうの?と思わず眉間にしわを寄せてしまいました。腹が立ってそのまま車をぶつけてやりたかった。

私も含めてだけど、環境に関する意識ってやっぱり低いと思います。そんな中でカリスマ的存在の桜井さんの活動ってものすごく意味があることだと思う。環境のこと考えたら、ちょっと無理してでも政府が強制的な法律作ってもいいと思うけどな。みなさんどうでしょう?

待ってました!! 

July 14 [Fri], 2006, 23:26
暑い。今日は天気もよく暑い1日でしたね。
朝、セミの抜け殻を見つけたと思ったら、早速、今年最初のセミの第一声をききました。
う〜ん、これがなきゃ夏が来た気がしない。
待ってました!!

毎年6月半ばころには耳にする「夏始動」の声がなかなか耳に入らないので、ちょっと心配してました。
なにか、環境の変化?
それとも5月の長雨のせいかしら?と。

しかし、照りつくような暑さと共に、今年もやってきました。
短い夏をおもいっきり謳歌してちょうだい、セミ諸君よ。
2006年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール。 ひろす。28歳。 静岡県在住。 3人兄弟の末っ子。
最新コメント
アイコン画像モブログランキング
» 『花よりもなほ』 (2006年06月22日)
アイコン画像ひろす。
» 『南極物語』 (2006年03月26日)
アイコン画像ひろす。
» 感動さめやらぬ。 (2006年03月24日)
アイコン画像クリエ
» 感動さめやらぬ。 (2006年03月24日)
アイコン画像クリエ
» 優勝ありがとう!! (2006年03月22日)
アイコン画像ひろす。
» 日韓戦!! (2006年03月20日)
アイコン画像クリエ
» 日韓戦!! (2006年03月20日)
アイコン画像クリエ
» 『南極物語』 (2006年03月20日)
アイコン画像クリエ
» ペットもやっぱり家族だから。 (2006年02月07日)
アイコン画像ひろす
» 新春寄席で初笑い。 (2006年01月18日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hirosu
読者になる
Yapme!一覧
読者になる