和田淳監督に短編銀熊賞=最高賞はタビアーニ兄弟―ベルリン映画祭

February 19 [Sun], 2012, 14:50
【ベルリン時事】第62回ベルリン国際映画祭の授賞式が18日夜(日本時間19日未明)行われ、短編部門で和田淳監督によるアニメ作品のフランス映画「グレートラビット」が最高賞の金熊賞に次ぐ審査員賞(銀熊賞)を受賞した。
 受賞作はウサギを崇拝する人々を通じ、無意識のうちに服従を強いられる現代人をユーモラスに描いた。審査員は「アニメの形で現代社会の混乱を表した」と評した。
 和田監督は記者会見で、「自分が作っているようなアニメは認知度が低いので、広めていきたい」と意欲を語った。和田監督は兵庫県出身。これまでも短編やアニメの国際映画祭で受賞歴がある。
 長編部門では、イタリアのビットリオ、パオロのタビアーニ兄弟が監督した「シーザー・マスト・ダイ」が最高賞の金熊賞に決まった。刑務所でシェークスピア作品を演じる囚人の姿を描いた。 yhaooから



ホワイトデーに月の土地をプレゼント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hiroshiyumi22
読者になる
2012年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hiroshiyumi22/index1_0.rdf