【桜花賞】アパパネ、桜冠は譲らない(^_^)v 

April 06 [Tue], 2010, 12:27
ニュージーランドT/阪神牝馬S/桜花賞

馬連平均2万と激荒れ![桜花賞]的中のカギは「デビュー戦」
「桜花賞・G1」(11日、阪神)
 その地位は揺るがない。2歳女王アパパネが再び頂点に立つ。前走のチューリップ賞では、ショウリュウムーンに0秒1差敗れて連勝ストップ。しかし、これはあくまでも本番を見据えたステップレース。1週前追い切りでは計り知れない上積みを伝え、これ以上ない出来で桜の女王を目指します
  ◇  ◇
 桜のタイトルも譲らない。2歳女王アパパネが万全の態勢で2つ目のG1獲りを誓います。
 阪神JFと同様に今回も栗東へ“留学”。2月18日の入厩から2カ月弱の月日が流れ、日曜は坂路で4F58秒8と軽めでしたが、1週前追い切りが圧巻でした。2番目に速い4F51秒0‐37秒0‐12秒6の好時計をマーク。好調を伝えた。「カイバを食べるから何の心配もない。リラックスしている」と福田調教厩務員も安心した表情で愛馬に目をやっています。

  

 トライアルのチューリップ賞は2着に敗れましたが、本番を見据えた仕上げだったので、陣営にはそれほどの落胆はなかったようです。「これまでよりもレース後の息の入りが良くなかった。攻めなさすぎたからね。道悪も駄目ではないけど、得意ではない。こなした方だよ」と仕上げ人は重馬場の前走を振り返りました。


 しかし、ひと叩きの効果は大きく、「前走は体に張りがなくて見た目に余裕があった。今度は体が締まってきたし、1回使った分、心肺機能は上がる」と上積みに自信を持っているようです。


 最近は増えた栗東への“留学”ですが、先駆けは国枝厩舎。アパパネの母ソルティビッドから、ピンクカメオ、マツリダゴッホ、ダノンベルベールらが栗東で鍛えられ。その成果が昨年の天皇賞・春を勝ったマイネルキッツや、阪神JFを制したアパパネです。


 経験の蓄積が桜の戴冠にもつながる。「美浦よりも負荷がかかる。ピンクカメオで“やりすぎないように”と学んだ。ベルベール(08年阪神JF2着)は当日に体が減った。前日まではおとなしくても、馬は1日で変わるから」。最後まで気は抜かず。G1馬がライバルの挑戦を受けて立つようです

人気馬は信用できない[ニュージーランドT]500万経由の馬に注目


P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hiroshi0002
読者になる
2010年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる