大和姫呂未2018初ワンマンライブ

January 17 [Wed], 2018, 0:47
このタイミングでヒロロンの歌を聴けてよかったわぁ・・・

実は今勤務している会社が忙しすぎるわけで・・・

タイムカードを押してからも夜遅くまで働く環境。

このままじゃ理想の自分にはなれない・・・
そう思って翌日に退職願を提出しようと決めていたの。

→ 会社辞めます。


次の勤務先が決まっているわけでもないので多少の不安はあったのだけれど、彼女の歌が優しく、そして強く私の背中を押してくれました。

2018年初となる今回のワンマンライブの場所は板橋ファイト


板橋で彼女がライブを行うのは初なんじゃないかなぁ・・・

駅から6分程度の場所なのですが・・・
近くに所在するはずなのにぐるぐる。

その理由は、そのライブハウスの外見がまるで隣の一軒家と変わりないのです。
何度か通り過ぎていたみたい。
入口のお洒落なオブジェと黒板を除いては・・・


 

どちらかというと見栄えは古いくたびれた民家。

でも、中に入ったときのイメージの高低差がより強く印象を残すのよね。

午後5時30分開場。
早く着き過ぎた私は目の前の公園のベンチで携帯をチェックしていたのですが・・・

ライブハウス前に行ってみると、もう行列が出来ていた。

その中には毎回彼女のライブでお会いするコアなファンの方々も、もちろんいらっしゃったわけで・・・
新年のご挨拶をしてから列の後ろに並びます。

誰かの家の中に入っていくような感覚。

入口が狭いので列の進行にも時間がかかります。

外から見かけて想像していた内部は和室だったのですが・・・
WOODYな洗練されたインテリアが散りばめられた素敵な空間。

絵やアクセサリーなど、様々なところにチャームが飾られているのだけれど、ごちゃごちゃした感じがなくて、すっきりとしたメルヘン感。

雰囲気は、とっても気に入ったのですが、特に高くなっているわけではないパフォーマンススペース。
座席はずらして並べて欲しい・・・
毎回のようにそんな風に願ってしまいました。

わたくしステージから2列目の席に座ったのだけれど・・・
平行に並べられた列では、前の人の頭を首を傾けて鑑賞しなくちゃいけないのよね。
と、ライブ開始後に感じたわけで・・・

今回はドラムボックスとギターサポートをフューチャー。
まずは、サポートの2人が登場した後にヒロロンが入場!

暖色のドレスに身を包んだヒロロンは、やはり眩しくて可愛かったわけで・・・

こんなアーティスティックな空間のも、しっくりと溶け込むANGELなんです。

早速ライブがスタートされた。

最初はヒロロンは立ったままでの歌唱。

やはり、近くで実際に耳と肌に届く彼女の声のバイブレーションは心地よいシャワーです。

1 WINTER

2 Yes!

私は聴いたことがあるけれど、この曲、まだ音源化されていないものだった。
めっちゃ素敵な大好きな曲なわけで・・・CDに入れろ!
と抗議したくなったり・・・

3 君をリリース

ここからヒロロンはピアノの操縦席に移動して、お顔が見え辛くなりました。

3.5 4年1組の歌

ヒロロンが生まれて初めて作詞作曲したのが小学4年の時だったでそうです。
そんな記念するべき楽曲を披露してくれました。
短くてシンプルなフレーズだけど、天才小学生!と絶賛!

4 SAVEME

5 スターライト

6 ひとつだけ
※、この曲心に刺さる・・・

7 サヨナラ

8 Jasper

あっという間の第1部は終了。

毎回、バックの楽器によってアレンジも、ヒロロンの歌唱も変化すrわけで・・・
ライブってその時しかない貴重な時間の共有。

白ワインを飲んでから2部が始まるのをWAIT。


1部の最後にヒロロンが予告したように、2部の最初の3曲は写真撮影がOK!というオケージョンだったの。

みんな高級なカメラを持参しているけれど・・・・
わたくしはアイフォン。

記者会見のような連写音とヒロロンライブの違和感も面白かったです。

 



2曲の洋楽カバーを披露。
気分が盛り上がってきます。

9 LADYMADONNA 

10 VACATON 

 

11 フレンズ



12 SNOWANGEL

13 虹

14 クロノス

15 YAMATO

同じ空間で、彼女の声をのせたエアーに触れる。
この時間も奇跡といっていいんじゃないかな?

2部もあっという間に終了したわけで・・・

2,3時間のライブでは物足りない。
24時間耐久ライブやって欲しいわぁなんて妄想したり・・・


アンコールは私が大好きな2曲。

16 SWEETLOVE

17 今宵、無情





彼女の歌と、そして話すのを聞いて、自分が会社を辞めることは間違った選択じゃない・・・
そう確信しました。

物販の際に、まだ手に入れていなかった年末に発売された新曲”今宵無情”のCDとカレンダーを購入。

今宵、無情
今宵、無情

その際に、ヒロロンに翌日辞表をだす決心を伝えて・・・
カレンダーに、こんな風に書いてもらった。

kaolu,
がんばってたのしむんだよ!!

 

何か、迷いが生じた際には、このサインを眺めれば・・・
そして、彼女の愛に満ちた歌をLISTENすれば乗り越えられそうな気がいたします。

素敵な夜、そして、わたくしには必要なライブでした。
ヒロロン、本当にありがとう!




大和姫呂未生誕ライブ

August 29 [Tue], 2017, 1:16
やっぱり同じ空間で彼女の声を体感できるのはこの上ない幸せ。

CDは家でも車の中でもしょっちゅうLISTENしているけれど、その振動が肌と心にダイレクトに届く奇跡は手放せない宝物です。


毎年恒例となった大和姫呂未(愛称ヒロロン)のバースデーライブは誕生日の8月31日の少し前に行われるの。

今回は14時からと18時からの2部制。
しかも2つのステージで1曲も重複がないという設定は、ファンにとっての大きなプレゼント!

多くのオリジナル楽曲とパワーと、サービス精神がないと実行を思いつかないタスクです。
しかも、全31曲カバーは含まれていなかったし・・・

今回の会場は渋谷のライブハウス”アンコール

渋谷駅から6分程の場所なのですが、方向音痴な私はまたもLOST。
なんとか開場時間ぴったりにたどり着くことが出来ました。




ちょうどゲストたちが階段下の受付に向かって並んでいるところでした。

地下1階の左奥に、そんなに広くはないステージがあって、そこに向かって座席が並んでいる。

一番前列に、毎回お見かけするHさんがいたので、その隣に。

満席で、半分以上の方のお顔は毎回お見かけする光景。
日本全国からヒロロンを一番コアにおいて、毎回集まってくるファンの方たち。

私自身は自己投資にお金をかけすぎていて、実は少し前まで通し券代の6000円さえ捻出できない状態だったのですが、なんとか間に合いました。

でも、ファンとしては失格ですよね。
毎日彼女のブログチェックもしていないし・・・

でも本当にヒロロンの歌と表現力を愛しているのは事実なんです。

14時30分を少し過ぎてバンドメンバーが登場!
今回はパーカッション、ベース、ギターの3人のサポート。

ベースの方以外は、私はヒロロンライブで何度もお見かけしたことがあります。

そして、いつもの”thousands miles"の乗ってヒロロンが入場!



キラキラ光るシルバーグリーンの衣装は眩しかったわぁ・・・
首元がまるで大きなダイヤモンドのネックレスを下げているようなデザインで”ムーランルージュ”のニコール・キッドマンを思い出しちゃいました。

ムーラン・ルージュ [DVD]
ムーラン・ルージュ [DVD]


”こんばんは!”
いきなり時間感覚のないGREETINGSは愛嬌たっぷり。

基本写真撮影は禁止なんだけれど、1曲のみ撮影が許された時間があったのですが、写真だけまとめるのもなんだかなので、散りばめさせてもらますね。

※写真は全てスタンディングなんだけれど、ピアノの前にいる時の方が多かったかしら。




1 スターライト

2 無限の彼方に

3 手をつなごう

4 TokyoLittleTripper

この曲ってTOTO(日本のトイレログを見てバンド名を決めたアーティストね)のロザンナに影響を受けたんだそうで・・・
そう言われてみるとイントロやオブリガードがそっくり・・・




5 Hikari

6 NARITA 

7 FUTURE 

8 今宵、無情(新曲)

遂に新曲の公開!
ヒロロンが語っていいるように、新作を制作する際には常に新しい要素を取り入れて冒険する。
なので、毎回今度はどんな曲が飛び出すんだろう!
ってワクワクなの。

私の場合はEWFの新曲を聴く前と同様、そして007の新作のオープニングが映し出された際みたいにね。

でね、この曲マジでかっこいいの!
クールな上にドライで、なので感情的。

毎日聞きたい!
早く早くCDリリースしてもらいたいものです。


9 永遠に



10 落花流水

11 虹色のdriving

12 YAMATO

13 フレンズ

 

アンコール

14  sweet love

15 恋の歌を聴かせて


それにしてもライブはいいよね!
バンド編成が変ったり演者が違うと、その度に新しい聞こえ方をする。

そして、表情が豊かなヒロロンの楽曲はシンパシーだったり、勇気だったり、時々は冒険をわたしたちのハートに注入してリフレッシュしてくれるの。

1部が終了して物販でチェキ券を購入。
チェキにサインをもらった。



チェキ販売が始まる前だったら時々は普通に一緒に無料で2ショットとることが出来たのに・・・
いや、もちろんチェキも嬉しいのだけれど、通常の写真でSNSに揚げてもらった方が拡散すると思うわけ。

だって、自分の知らないアーティストの記事をフレンドがアップしててもみないでしょ?
でも面立ちが一緒に写っていると別。

テイラー・スウィフト はそんな方法で、どんどん知名度と人気を上げていったわけですからね。

と・・・少しなかりマーケティングを勉強しているわたくしの意見を挟んでみる。

⇒ インフルエンス大学説明会



でも、わずかな時間だけれどヒロロンとお話出来て嬉しかったです。





さて2部の会場までは2時間近くあったので、ランチがまだだった私は駅方面に引き返し家系ラーメン。

⇒ <リンク:麵屋 大和田>麵屋 大和田


さて、さっき訪れたばかりの会場ですが迷ってギリギリの到着。
既に先ほどのゲスト+αは長い列を作っていました。




今回は2列目に着席。
店の前に紹介されていたスパークリングワインを注文したのですが・・・
日本酒のように枡の中にグラスが入っていて、しかもたっぷりこぼして注いでくれているのがユニークなドリンクでした。



今回はピンクを基調にしたdressで、1部よりはキュートな天使といったイメージ。
2部はアップテンポな気分を盛り上げる曲たちで始まりました。



1 瞬きの間も

2 dejavu

3 Cruel

4 片思いパラダイス

5 サヨナラ

6 ファンタジックファンタスティックハンター

7 にちようび

8 Imissyou 

9 Bland new days!(新曲)

ヒロロンが”おいおい”と観客に掛け声をかけてもらいながら盛り上がるために作成したブランドニューな曲。
これがシングルタイトルでも売れる気がする。

この曲だけ観客もスタンディングで手を振り上げて”おいおい!”
楽しかったです。


10  ひとつだけ(新曲)

この新曲はメロディアスで酔わされる・・・



11 SAVEME

12 foolish girl(未発表 17歳の処女作)

今回初めてステージで公開された彼女の処女作。
粗削りな感じではあるけれど、とってもフレッシュで初々しい感じでございました。
こんな貴重な歌聴けたのは嬉しかった。


13 君をリリース

14 クロノス



アンコール

15 虹

16 「ありがとう」




今回全部で31曲、時間もそこそこLONGっだったはずなのに、あっという間で、もう終了しちゃったって感覚。

早く、またワンマン開催してほしいものだわぁ・・・
そして、今回公開された新曲3つ、口ずさみたいのに、歌えるうらいには覚えていないわけで・・・
本当に早く聴きたい!


10th Anniversary The Best
10th Anniversary The Best

ヒロロン・カラオケオフ会

March 12 [Sun], 2017, 22:18
大和姫呂未ファンクラブイベントとしては初めての試み。
カラオケライブオフ会に本日参加していました。

会場は西新宿のカラオケの鉄人。
こちらのカラオケチェーンにはヒロロンの楽曲が多々収録されているの。

限定10名で、集まったファンのうち、半分は毎回お顔を拝見するレギュラーメンバー。
マネージャーのジョニーさんの誘導で2階のパーティールームにイン。

カラオケボックスは時々訪れるけれど・・・
パーティールームには、ちゃんとステージまであるのね。
主役が登場する前には彼女の歌入り楽曲が画面に映す出されています。

カラオケにも歌入り楽曲って用意されているんだ!

わたくしはヒロさんの隣でステージに近い席に着席。
いつもの出囃子(A Thousands Miles)のイントロでヒロロンが入場!
実は最近なにかとバタバタしていたわたくしは愛するヒロロンに会うのは2017年初なの。

可愛いわぁ〜。



さて、ステージの上に設置されたチェアーに座ってヒロロンがトーク&シングして進行していくわけ。

➀ 君をリリース

カラオケのサウンドって、なんだか安っぽい印象が今まであったのですが、まるで普通のライブのようで・・・

それもそのはず、こちらのカラオケシステムは実際にCDで利用しているバッキングを使用しているんだとか。

通常のライブより近い距離で大和姫呂未の歌を聴き、そのお姿を拝見できるのは本当にハッピーな気分です。

ソフトドリンクがお替り自由でマネージャーのジョニーさんが時々気を使って全員の分を注文してくれたの。
最初に登場した、お料理は、サラダスティック。



A クロノス
B 無限の彼方へ
C 落下流水


PVのまんまの映像が後ろに流れているのでセクシー。
動画と今のヒロロンを見比べていたら、鼓動が激しくなってきちゃいました。



贅沢な聴き方よね!
お本人を前に写真集見ているみたいな・・・

D SNOW ANGEL

ヒロロンが歌っている間にも食べ物がサーブされてきました。
これらが結構ボリュームがあって美味しかったり・・・
フライドポテト、ピザ、鶏肉ロースト、そして本当に最後の方にでっかい豚角ローストとピラフが登場したのには驚いたわ。



E ありがとう

ここでお遊び企画が始動。

カラオケならではの採点機能を使ってヒロロンが”ありがとう”を歌唱!
歌唱力抜群のヒロロンには通常あり得ないことだけれど・・・
もし90点未満だったら罰ゲーム。
でも、その罰を受けるのは、いつものお約束のMさん。

素晴らしい歌声は100点でしょう!
ってみんなが予想していたのに、まさかの84点。

今回も恒例のMさんの尻文字披露です。
ひ.ろ.ろ.ん.

ここからは会場からのリクエストを募集して3曲を披露してくれました。


1番目はわたくしのオーダー。

ヒロロンが毎回登場する際の出囃子曲です。

F A Thousands Miles 
G フレンズ
H 歌うたのバラッド



この後も特別企画でデュエット曲をみんなで歌おうコーナー。
男性ボーカルの部分をマイクを回して1口ずつファンが歌唱、
女性パートをヒロロンが担当するというアイディア。

ヒロロンと歌えるなんて素敵!

わたくしはそうエキサイトしていたのですが、あまり歌いたがっている男子は多くはなかったようで。
”じゃあ俺やる!”
と手を挙げた方と2人でのデュエット。

いいなぁ・・・出遅れた・・・
そんな風にがっかりしていたら1コーラスが終わった際に

”2コーラスめ歌いたい人!”

とヒロロンが募集!

もちろん即座に手を挙げました!

ヒロロンと2人で歌ったわよ!この曲。

I 愛が生まれた日

こんな記念すべき瞬間の写真残したかったわぁ・・・

J 虹

有線で1位を獲得した最新シングル。
やっぱり震えます。



K 残酷な天使のテーゼ
L LALALA LOVE SONG

3時間のイベントも終了時間が近付き、10人それぞれとの短いトークタイム。



M 翼をください

ヴォーカルレッスンTEACHERも行ているヒロロンの上手くうたうコツのシェアがあった後に、
このスタンダード曲を大合唱!

すこし時間が余ったので、この曲が閉めの歌になりました。

N Star Light


本当に楽しい3時間でございました。
また、こんなオフ会近いうちに実施してもらいたいものです!



虹

大和姫呂未ファンイベント/芋掘り&BBQ 2016

October 23 [Sun], 2016, 22:08
まさか、このスープがこんなに美味しいとは思ってもみなかったの。




来園した際には暑かった気候も、2時を過ぎると風が強かったせいか、だんだん肌寒く感じてきたわけで・・・

”スープが飲みたい!”

ヒロロン(大和姫呂未)がSO言い出した!

歩くコンビニ状態の車になんでも積んできているんじゃないかと思われるアッキーさんも、さすがにコンソメストックや、味噌は持ち合わせていなかったようで・・・

具材の旨みでおいしいスープが出来るはず!
そう断言して姫はスープを作り始めたのです。

隣の鉄板で焼かれていたMさん持参のウインナー&野菜、さらにスノマンさん提供の高級海老とほたて。
これらを水で似て塩コショウ。



って明らかに味が薄そうな推測。

もちろん、きっと美味しくはないだろうから、
残った際の一気飲み役目はファンクラブの罰ゲーム受信王Mさんに任命された。

しばし、ローズガーデンはフラワーの前で写真撮影をした後に、こちらに戻ってきて、まずはヒロロンが味見。
その後罰ゲーム担当のMさんが・・・

”あれ、不味くはない・・・”

意外な言葉が彼の口から発せられたのです。


それが、どんなにいけてない料理でもヒロロンが作成したものであれば、体験したい!

大ファンの私はそう思ったわけで、もちろん次に頂きました。

ところが、わたくし、こう言ってしまった。

”これ、美味しいんじゃない?”

あっさりめの味ではあるのですが、海老とホタテの奥深い香りとテイストにあふれており、体が温まるとともに、わたしのグルメな?舌も満足させてくれたわけで・・・

結構いけるスープだったの。
素材がよければ、調理が多少雑でも、ちゃんといいお味が抽出されるうものなのね!?

その後Mさんが発見したのですが、このスープの上にカレーえびせん?をトッピングすると、味が変って、これまた楽しいのよね!

クルトンみたいな食感とプラスされるカレー味。
それまでに散々胃に収めたお肉やダッチ麺で、満腹状態だったにもかかわらず”」お替り!”
ヒロロンに注いでもらいました。

1年前と同様に芋掘りから始まった今回のイベント。

 

急に参加出来なくなった方が多くてファンの人数はかなり少なめだったので、相当にヒロロンとお話することが出来たのがよりハッピーでした。

ヒロロンが、すぐ近くにいるのに、iPhoneで写真をFBに投稿する位の贅沢な時間の使い方。

楽しかったわぁ・・・

では、今回撮影した写真の一部を、このブログでも公開させて頂きますね!

来年は是非ご一緒しましょ!


 
 
 
 
 

大和姫呂未 ON 1st RING

October 01 [Sat], 2016, 18:27
ヒロロン!虹有線第一位獲得おめでとう!


虹


その公式の発表の前日に行われた違和感ありありのライブに、わたくし訪れました。
なんだか不思議な光景だったけれど、ナイスファイトでしたわ。

昨日訪れたのが、彼女がゲストとして参加する、こんなイベント。
女だらけのキャットファイト祭り2016〜はちゃめちゃお下品熱帯夜祭り〜

キャットファイトなるパフォーマンスをメイン事業としているCPE開催のイベント。
もちろん私にとってはUNKNOWNなワールドなわけだけれど・・・

イベント全体のレポートはコチラを参照してね・・・
⇒ 女だらけのキャットファイト祭り2016〜はちゃめちゃお下品熱帯夜祭り〜


リングで歌う・・・
そんな告知を大和姫呂未のFACEBOOKで見つけて興味を持ったの。

リング上で歌うヒロロンが見てみたいってね!

それに新木場って、わたくしの勤務地から結構近くて、普段1時間以上移動時間がかかって参加を諦めているイベントとは違って、少なくともヒロロンの出番には間に合うんじゃないかと考えたのね。

そこでチケット予約。
ついでに、今までワードしか知らなかったキャットファイトってジャンルにも少しは興味があったし。

でも、その日、数か月に1度しかおこらない奇跡が・・・
ほぼ会社を定時の18時に出ることが出来たの。

初めて訪れるリングがある会場・・・

なんだか、不思議な空間です。
あまり説明を読まずに申し込んだわたくし。

改めてチケットを確認するとイベントタイトルは、こんな風になっているわけで・・・

女だらけのキャットファイト祭り2016〜はちゃめちゃお下品熱帯夜祭り〜

女子プロレスをなんとなくイメージしていたわたくしですが、
痛々しくはなくソフトなファイトパフォーマンス。

しかし、そこにセクシーを加えることで、きっと男子の多くが迫力満点だった!
と誤認してしまうようなパフォなの。

途中でファイターの胸がポロリなんてのが、お決まりなんですね?




ちゃんと男心理を理解した堅実な経営方針だと思いました。


さて、わたくしの愛するヒロロンのライブは、1部の後半で実施された。
というか、シンガー3人が1曲ずつ歌うという流れ。

実は、わたくし、2,3曲は披露してくれるとばかり予測していたので、ちょっと、ショックだったのですが、ヒロロンがリング上で歌うなんてそうは見えない体験。

見にきてよかったです。

四方を客席に囲まれたリングで、サービス精神旺盛なヒロロンは位置を変えながら、向き合ってくれたの。

新曲の”虹”を披露。

  
 

大和姫呂未の曲は、みんなそうなのですが、最高にいい楽曲!

しかし、気になったのが、パフォーマンス中の掛け声。
セクシー目当てに訪れている方が多いのは当然なわけで、国会で声をあげたら、すぐに議員辞職しなくちゃいけない声援もとぶ。

わたくしは嫌だったなぁ・・・

彼女は、そんな声援を投げかけられるようなアーティストじゃないんです!

なんでも声をあげれば、盛り上がる!
自分をアピールできる!
そう考えるのは、非常に浅はかな人の思考心理。

もし彼らがなにがしかのビジネスを興したいと仮に思ったとしても、上手くいく道理はなさそう・・・
そんな風にもビジネスを学んでいるわたくしは思ったわけ。

でも歌唱後のインタビューで最高に楽しかったと答えたヒロロンはマインドが強いわぁと思ったの。

もちろん、虹。

なんかリング上で披露されるんは違和感はあるけれど、何度耳にPLAYされても永遠に飽きることはないんだろうなぁ・・・
と思ってしまう。

私が世界で一番尊敬するEWFみたいに・・・

メッセージがちゃんと伝わる曲なのよね、ヒロロンの歌は・・・

さて、休憩時間に外のトイレに向かった際に、私の前に並んでいる長身の紳士を発見したの。

ヒロロン所属事務所の社長、いや艦長です。

やはり便器に向かいながら、ご挨拶するのは失礼かと思い、トイレの前で出てくるのを待っていました。

意外とトイレ長いのね・・・艦長は・・・

しばし、お話して

”ヒロロンにも宜しくお伝えして下さい!”

そんな風に申し上げたのですが、

”物販のところにいますよ”

確かにヒロロンもミニミニライブの後にSO言っていたし・・・


会場内に戻ってヒロロンの元へ。

いつもファンには、思いやりのある彼女だけれど・・・
今回、いつもより、ずっと喜んでくれたみたい。

その表情をみて、わたくしは、めちゃハッピーになったのですけれどね。

実は忙しいわたくしは(自分の人生を取り戻す活動をしているの)、スノマンさんや、アッキーさんや、Mさんみたいに
毎回イベントに訪れることが出来ていないのだけれど・・・

さすがに今回のイベントはコアだし、出番も少ないし・・・
というわけで、多分ファンクラブ所属メンバーはわたしだけ?
みたいな状況。

誰も来てくれないと思っていた。

SOヒロロンが、本当に喜んで迎えてくれた気がして・・・
今までリングで目撃したセクシーパフォの全てが吹き飛びました。

 
 

ヒロロンが歌った数分と、私が彼女と話した計10分程?
わたくしには一生忘れられない時間。

今回もチェキ販売があったので、一緒にチェキ写真に。



わたくしにはラッキーなことですが、チェキの撮影が上手くいかず4度もヒロロンとポーズ。
その分一緒の時間をシェアしてもらえたのはSLAVE KAOLUには、この上ない幸運だったの。

リングを背景にヒロロンの写真を撮らせてもらって、自分の席に。

その後に再会されたイベントはハードさが増す、かなりのインパクトのものだったけれど・・・

わたくしは、ひろろんと話せたことが、そして来たことを喜んでくれたことが、本当に本当に嬉しくって、その後のパフォのセクシーにも、集中できなかったり。

最後のメインイベント前に、もう一度休憩タイムがあって、ヒロロンと一言でも話したい!
なんて思ったんだけれど、彼女の前にはかなりの列が・・・

やっぱり、こんなAWAYな空間でも、その歌を聴くと、またLISTENしたい!
と思う人がかなり存在する。

それは、相当にすごいことだと思いません?

列が途切れた頃、一言ヒロロンに挨拶AGAINと思って、視線もあったのだけれど、今回彼女に興味を持った方が・・・

社長が気付いてくれて、2人で中年?トーク。

かなり刺激的で、私にとっては、衝撃的なイベントだったけれど・・・
やっぱり最終的に脳に重要事としてカテゴリー振り分けされるのは、ヒロロンの影。

楽しかったわぁ・・・



※この写真にもヒロロンは映っています。

いつも、ありがとう、ヒロロン!

ヒロロンとは関係ありませんが、わたくしも音楽を配信しておりますので よろしければ、ぜひ!チェックを・・・by Laoru G
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kaolu
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 現住所:埼玉県
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・音楽鑑賞-大和姫呂未
読者になる
好きなアーティスト・・・Earth,Wind&Fire,Sade,Godiego,そして大和姫呂未・・・ 女性シンガーソングライターで一番好きなひろろんのライブ参加日記,ヒロロンデータ紹介なんかをアップしていきます!
2018年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像ノースフェイス リュック
» 大和姫呂未 IN 下北沢ラウン (2014年01月12日)
アクセスカウンター
http://www.e-creditcard.info/アクセスカウンター帽子の通販
ヤプミー!一覧
読者になる